4 第二の出発

文字数 1,618文字

 旅行者の出発は、遅れた。ユティが、リダンに字を教えてほしいと言い出したのだ。
 彼は、図書館で毎日教えた。たまに、ほかの仲間も顔を出して、ユティと一緒に覚えていった。
 テッダは、しぶしぶながらも協力的だ。図書館のムル酒が、力を発揮したのだ。
 みんな活気づいていた。リダンはユティに、知っている限りのことを教えた。
「これで全部ね。あなたの知ってることは」
「そうだよ」
 しかし、それはうそだった。
 リダンは、一つ隠していた。あなたは知っているだろう。そう。館長の置き手紙のことだ。この手紙には、リダンが旅から帰ると、その日のうちに消えると書いてある。それで、みんなに出発を反対されるかもしれない。リダンは、この手紙のことは、だまっていた。
 出発の日がやって来た。
 全員が見送った。
 ユティが「気をつけて」と言うと、リダンは「だいじょうぶ」と答えた。
 そして、レムルとラーベスの二人の手を経たマントを身につけ、歩き出した。
 こうして、第二の旅行者、リダンが誕生した。
 
「あら、何かしら」
 リダンが旅に出て、何日かたった日のことだった。
 ユティが、図書館で本を読んでいると、そこから何かが落ちた。それは、リダンが旅から帰ったその日に消滅すると警告した、館長の最後の手紙だった。ユティは、それを読むと、驚くより先に怒ってしまった。
「ひどいわ。こんな大事なことを言わないなんて!」
 これは、ちょっとした事件になった。ユティはみんなに知らせ、このリダンの危険について、ルウィンたちは大騒ぎしたが、最後にはおさまった。
 何も、旅行者が必ず消えるとは限らないし、誰もが、リダンはこのことを知っていたに違いない、と思ったのだ。
 
 そのころ。
 手紙の騒動も知らず、リダンは旅を進めていた。
 第一の旅行者ラーベスは、東へ行ったことがわかっていたので、反対の西に向かった。
 彼は、ひたすら歩んで行く。もうずいぶん来た。
 そしてある時、地平線の彼方に、黒くてトゲのようなものがあるのに気づいた。
 何だろうと思ってそちらへ行くと、やがて親指くらいの大きさになったが、それきりだった。
 何とか近づこうとしたが、行き着くことができない。黒いトゲは、自分で動くことができるのだろうか。
 リダンは、同じことをしてもムダだと思い、歩くのをやめてしまった。
 じゃあどうすれば近づけるのか。座って、考えていたが、そのうち眠ってしまった。
 
 次の朝。目がさめた。
 リダンは、朝の光を受けて、元気いっぱいに歩いて行ったが、やたらと行く方向を変えてばかりいる。そして、やった。
 彼は、なぜか太陽を背にして進む時だけ、それに近づくことができるのを、ついに見つけたのだ!
 リダンは、急いでいた。
 休むことなく、走って行った。
 その黒いトゲのようなものは、丘のうねりに隠れるようにしてあったが、近づくにつれて、みるみる大きくなり、今では見上げるほどの大きさになっていた。
 リダンは、走り続けた。息も切れるころ、やっと到着した。ハアハア言いながらゆるい坂を下ると、そこにそれが立っていた。
 上から下まで一度に見ることができない、大きくて高いもの。
 巨大な、黒い石の塔だった。
 リダンは、その石の壁にたどり着くと、手をついて、ふうと息をした。石の壁が、ふるえたような気がした。
 あたりには、もう夕やみがせまっていた。一日中走ったリダンは、しゃがむと、壁に寄りかかり、動けなくなってしまった。
 
「おい、眠っちまったぞ」
 何だ。石の塔の中から、声がする。
「ふふふ。あのおちびさんには、休息が必要なんじゃ」
「けど、せっかくそこまで来たのにさ。中へ入らないなんて」
「ふん。あしたになれば、すべてわかるて」
 声は、しなくなった。
 すっかり暗くなった夜。石の塔と眠るリダンに、星たちがやさしく光を投げていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リダン|大陸の旅人

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み