145

エピソード文字数 802文字

【信長side】

 帰蝶に長年仕える侍女に、『上様、今宵於濃の方様が寝所にお越し下さいとのことでございます』と伝えられ、上洛前に今一度逢って、真実を問いただすつもりだった。

 帰蝶は、斎藤道三の娘である濃姫の身代わり、明智光秀のことをそんなに好いておるのなら、離縁してやっても構わない。

 そうなれば、わしは紅を正室に迎え生涯添い遂げることも出来る。

 だが、帰蝶の部屋に入ると、そこに居たのは美しい着物に身を包んだ紅だった。

 いつも男の形をし、むさ苦しい武将に紛れている紅が、このように美しく変貌を遂げるとは……。

 紅を男として扱ってきた自分が、どれほど無慈悲な仕打ちをしてきたのか、まざまざと見せつけられた気がして愕然とした。

 帰蝶は全てを見破り、このわしに『現実から目を逸らさず、真実を見よ』と、申したかったのだろうか……。

 帰蝶の方が……
 わしより上手であったようだな。

 灯籠の薄明かりに、紅の白き肌がぼんやりと浮かび上がる。

 赤い紅をさした唇。
 濡れた唇を、優しく塞ぐ。

 ――なぜ……
 それほどまでに泣くのだ。

 ――なぜ……
 それほどまでに悲しい目をしている。

 紅の吐息が……
 いつもより切なく、狂おしい。

「……もっと……強く」

 紅が望むなら、壊れるほどに強く抱き締めてやる。その代わり、女に戻ると約束してくれ。

「上様、中国遠征の出兵を最後とし、俺は女に戻ります。最後のお願いです。上洛する際は、おともさせて下さい」

 強情な女だな。
 でもそんな紅が、愛しい。

 わしの胸に顔を埋め、穏やかに眠る紅を見つめ、眠れぬ夜を明かした。

 外が明るくなり、ぐっすり眠る紅の額に口づけ、布団から出る。

「すぐに戻る。安土城で大人しく待っていろ」

 紅に別れを告げ、部屋を出て襖を閉めた。

 その足で、蘭丸の部屋に向かった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み