第一五話 大殿を倒せ(一)

エピソード文字数 4,754文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月下旬 尾張国 那古野城

「一〇日後に、古渡(ふるわたり)衆と試し(いくさ)をすることになった。みなの者、励むのじゃ!」
 気合を入れるのは信長ちゃん。今日は袴を履いた男装姿で、朱色の平たい紐のポニーテール。
 主な配下を集めての臨時軍議だ。

 で、なんでおれの部屋で軍議をするんだよ。というか、相変わらずの客間暮らしで、居候の身分だから本当はおれの部屋ですらないんだけど。
『コレがあるので、なにかと便利なのじゃ』などと、信長ちゃんはおれの部屋に配下を集めたりすることも多い。
 コレとは、大工に作ってもらった大きめの座卓だ。

「試し戦の説明の前に皆に紹介する。多羅尾(たらお)四郎右衛門(しろうえもん)じゃ。我が『諜報(ちょうほう)衆』を率いてもらっている」
多羅尾(たらお)四郎右衛門光俊です。よろしくお願いします」
 多羅尾光俊は相変わらずの仏像スマイル。表情がまったく見抜けない。

「ワシは四郎右衛門の技を、槍弓と等しく重んじてるのじゃ。乱破(らっぱ)と侮る者は、素っ首貰い受ける!」
 他の面子(メンツ)は、少しばかりギョッとした趣きで、頷いたりしている。
 お。いいぞいいぞ、信長ちゃん。武士と忍びは違う、と蔑視(べっし)する武士もいるからな。
 あれ? 仏像の表情が一瞬ピクッと変わった気がするぞ。喜んでいるのか?
 吹き出してしまいそうで辛すぎるだろ。

「父上が古渡衆一〇〇、ワシが那古野衆一〇〇をそれぞれ率いて戦う。敵を全て倒すか、大将を討てば勝ちじゃ。それぞれが首に札を下げて、札を取ったらば、討ったことになる。
 槍は布を巻き、弓は(かぶら)矢(先端が尖っておらず音が鳴る矢)。種子島(てっぽう)は、空砲にて撃つのじゃ。
 弓と種子島においては、当たりを判別する者を置く。種子島は一〇丁以内だが、その他の編成は自由じゃ」

三左(さんざ)、腕がなるのお。 ワッハッハ」
「我もまことに試し戦が楽しみでございますよ」
 柴田勝家がバンバンと森可成の肩を叩けば、可成も応える。頼もしいぜ、信長ちゃんの猛将(マッチョ)二枚看板。

 バチーーン!

(かれ)を知り(おのれ)を知れば百戦(あや)うからず、なのじゃ!」
 孫子のフレーズを言い放ち、立ち上がって左手を腰にあてた決めポーズでドヤ顔の信長ちゃん。
 おおっ、とちょっとした感動を諸将に与えている。だけど、右手に持ってるのはハリセンなんだよ。笑いが出てしまいそう。

(いにしえ)の孫子ですな、うふふ」
 (太田)牛一、ナイスフォローだ!
 ウンウン、と信長ちゃんも満足げに頷いている。

「殿、それはいかなる意味でしょうか?」
 あ。それはダメなやつだ。(池田)恒興(つねおき)、授業ではないんだから、流れを読め。流れを読めないと、史実のように長久手で散ってしまうぞ。
 おや。(丹羽)長秀が小声で恒興に、なにやら教えている様子。さすがデキる子長秀だ。今からこの調子だが、成長すればさらに戦働(いくさばたら)きなども非常にうまくなるに違いない。史実でも、勝家と並ぶ猛将との意味合いで、鬼五郎左とも呼ばれるんだから優秀すぎるだろう。

「ゆえに、父上の軍勢がいかなるものか。みな知るところを申すのじゃ」
「種子島は通常のもの。練度はそれほど高くはございません」
 信長ちゃんの問いに、仏の多羅尾が答える。今度は、表情変化がまったく見られないな。難易度が非常に高いぞ。

「織田孫三郎(まごさぶろう)信光(のぶみつ))、織田造酒丞(みきのじょう)(信房)、佐々隼人正(はやとのかみ)(政次)、佐々孫介(成経)、下方(しもかた)弥三郎(貞清)らの小豆坂(あずきざか)七本槍(しちほんやり)が来るでござろう。弱敵ではござらんな。ワッハッハ」
 大殿配下から、異動してきたばかりの柴田勝家が舌舐めずりをする。小豆坂七本槍とは、三河(愛知県東部)の松平(まつだいら)広忠(ひろただ)(徳川家康の父)との小豆坂(あずきざか)の戦いで、大活躍した将のこと。現在の織田軍最精鋭といっていい。

「足軽はいかがじゃ?」
「我らと異なり、戦の前に陣触(じんぶ)れを出して集めましょう。練度は低いかと思います」
「足軽は将を潰せば、取るに足らない烏合(うごう)の衆になるでしょうね」
 信長ちゃんの問いに仏の多羅尾と森可成が答える。

「小豆坂七本槍を潰すか……あずきを潰す……であるか……」
 あれ? 珍しく信長ちゃんの歯切れが悪いな。どうした?
 バチーーン! ハリセン一閃。
「頃合いもよし。一服するのじゃ。万千代(丹羽長秀)、ぜんざいを持て! みなにも振る舞うのじゃ!」

「はっ、ただいま。すぐに!」
 信長ちゃんの命令に、長秀が敏速に応えて駆けていく。
 きっと、小豆坂でぜんざいを思い出しちゃったんだろう。育ち盛りだしな。
 彼女の現在の身長は、四尺七寸(一四一センチ)ぐらいだろうか。願わくば横に育たないでほしい。

 知っている者は知っている。信長ちゃんのぜんざいは一尺(三〇センチ)の大杯だ。
 おれを含めある種の緊張を顔に表す者もいたが、さすがは長秀くん。信長ちゃん以外は普通のお椀のぜんざいだ。

「これが織田のぜんざいでございますか。なかなか美味なものですね」
「小豆坂七本槍など、こうして食ろうてやるわ、ワッハッハ」
「こうして、甘いぜんざいを食べるとほっこりしますな、うっふっふ」
「ぷはあ! 格別なのじゃ」
 砂糖など甘いものは、この時代ではかなりの贅沢品。大杯ぜんざいを片手に、ニンマリとご満悦顔の信長ちゃんに限らず、基本的にみんな大好きだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み