会長としてすべきこと。 ③

文字数 3,286文字

『んで? さっきの「あ」は何なんだよ?』

「うん……、いや。絢乃さんから、『付き合い始めたことは秘密にしましょう』って言われたから。ここ、まだ会社の中だし、誰かに聞かれてたらマズいと思って。――兄貴、頼むから妙な噂とか流さないでくれよ?」

 彼は真面目なうえに、心配症でもあるのだとわたしは気づいた。お兄さまは社外の人なのだから、そんな心配は一ミリもなかったはずなのだけれど。

『分かってるっつーの。お兄サマを信じなさーい♪』

「…………」

 そして彼は、明らかにお兄さまのことを信用していないようだった。

『何だべよ、その沈黙は? とにかく、絢乃ちゃんの誕プレは真剣に選んでやんな。――仕事中に悪かった。んじゃ、絢乃ちゃんによろしく』

「うん。……えっ!? ちょっ……! ――あっ、切れた」

 彼はため息をついた後、スマホをわたしに返しながらグチっていた。

「兄貴のヤツ、好き勝手喋って切っちゃいましたよ。会長の携帯だっていうのに、まったく。――すみません、ウチの愚兄が」

 受け取ったわたしは、そういえば悠さんも同じようことを言っていたなと思い出し笑いをして、ちょっとだけ彼を茶化してみた。

「桐島さん、心配しすぎるとハゲちゃうわよ? それか、胃に穴が開くかのどっちかね」

「やめて下さいよ」

 彼は顔をしかめた。そして、彼が電話で話している間に洗い物が片付いていたことに驚いた。

「……あれ? 洗い物、会長がやっておいて下さったんですか」

「うん。これくらいの量なら、すぐ終わるから。だってわたし、お料理好きだし。将来はちゃんと自分で家事もこなせるマダムになりたいんだもの」

 家ではほとんど毎食専属のコックさんたちに料理を任せている我が家だけれど、休日などには時々わたしもキッチンで腕をふるうこともある。
 料理の先生はコック長だったり、史子さんだったり、母だったりと日によって違うけれど、この頃にはすでに作れる料理のレパートリーはかなり豊富になっていた。

 彼に家庭的な面をアピールしたいわけではなかったのだけれど、人並みには家事もできるのだと思ってほしかったのだ。

「いつか、貴方にもわたしの作ったお料理、食べてもらいたいな」

 すでに、手作りのスイーツは食べてもらっていたけれど、まだ家庭料理を食べてもらう機会には恵まれていなかったから。
 社交辞令ではなく、わたしが本心からそう言うと。

「ええ、ありがとうございます。ぜひ」

 彼も笑顔でそう答えてくれた。
 オフィス内ではこういう(ふん)()()を醸し出すのは危険だと分かっていたけれど、せっかく恋人同士になれたのだから、こういう会話も少しくらいはいいかな、と思ってしまう自分がいた。

「あっ、じゃあ僕が拭いて片付けますので。会長はお仕事にお戻りになっていて下さい」

「うん、ありがとう。お願いね。――そういえば、お兄さまは電話で何ておっしゃってたの? なんか、わたしの誕生日がいつかって訊ねられたんだけど」

 彼は小声で話していたし、スピーカーフォンにもしていなかったし、そのうえ水音もしていたので、兄弟でどんな会話がなされていたのかわたしは知ることができなかったのだ。

「……会長の、お誕生日のプレゼントについて……ちょっと。すみません、これ以上のことは……」

 彼の答えは要領を得なかったけれど、多分彼自身の()(けん)に関わることなのだろうと、わたしは察した。

「ふうん? 分かった」

 一足先に会長室へ戻ると、パソコンに山崎さんの女性秘書からのメールが受信していた。

『先ほど会長にお話しした相談内容を、明日の会議に先駆けて村上社長とも共有しておくことにしました。
 一覧にまとめて添付してありますので、ご確認をお願いいたします。  山崎』

「――これ、あのパワハラ案件の相談内容リストだわ……。えっ!? こんなにあったの!?

 わたしはその膨大な数を目の当たりにして、茫然となった。
 山崎さんにはちゃんと資料を見せてもらったわけではなかったので、改めて自分の目で確かめると頭が痛くなった。

 総務課に在籍している社員はざっと四十人。その中の三十六人が労務災害の申請を出していた。島谷課長からのパワハラが原因で、精神のバランスを崩したと。もしくは、体調に何らかの異常をきたしている、など……。
 数自体にも驚いたけれど、その内容にもさらに驚かされた。彼が受けていたパワハラなんて、まだまだ生やさしいとさえ思えてしまった。もちろん、被害に大きいも小さいもないのだけれど。
 あまりの事態に、わたしが頭を抱えているところへ、片付けを終えた彼が戻ってきた。

「――ただいま戻りました。……あれ? そのメールは――」

「あ、お帰りなさい。――さっきね、山崎さんの秘書の人が送ってくれたの。あの件の、相談内容のリスト。貴方も見て」

「……えっ? はあ。――うわー……、マジっすか……」

 彼も言葉を失い、素の彼に戻っていた。

「僕も十分ひどい目に遭ってきたと思ってましたけど、あんなのまだマシな方だったんですね。まさか、こんなにひどい目に遭わされてた人が大勢いたなんて……」

「ホントそうよね。信じられない。こうなったらもう、とことんまで調べて、島谷さんがぐうの音も出ないようにしてやるんだから!」

 わたしの中に、メラメラと闘志が湧いてきた。それは彼を守りたいという気持ちと、トップであるわたしが何とかしなければという使命感と、両方からくるものだったと思う。

****

 ――こうして、わたしは初めての半日勤務を終え、定時である夕方六時に彼の愛車で帰宅の途についた。

「――なんか、春休みに入って早々、大変な案件抱えちゃいましたね」

 運転席から、ため息とともに彼のそんな言葉が聞こえてきた。わたしはすぐに、それがあの件だと思い当たった。

「すみません。兄があんな話さえ持ち出さなければ、絢乃さんがこんなに頭を抱えることもなかったんですよね。パンドラの箱なんて開けなければ……」

「それは違うわ。お兄さまが悪いんじゃない。どっちみち、この問題は隠し通すことなんてできなかったのよ。だから、貴方が謝る必要もないの」

 彼を宥めるように、わたしは優しくもキッパリと言った。

「こんなキッカケでもなければ、わたしはずっとこの問題に気づいてなかったかもしれないもの。ずっと隠蔽(いんぺい)し続けて他所(よそ)からリークされるよりは、わたしたちから公表した方が、会社のイメージのためにもいいと思う。非難されることも覚悟のうえよ。それが、わたしが会長としてすべきことだと思うから」

「絢乃さん……、なんかオトコマエですね」

 彼はわたしの(いさぎよ)さに感服しているようだった。
 公表したところで、マイナスのイメージは拭い去ることはできないだろう。それでも、ずっと隠蔽を続けた場合に比べれば、企業としての信頼回復に要する時間はずっと短くて済む。……わたしはそう考えたのだ。

「『オトコマエ』って……、わたし女の子なんだけど。まぁいいわ。――明日、村上さんたちもわたしの考えに賛同してくれるといいんだけどな……」

 こんなことで、二人の重役と対立したくはなかった。もちろん彼らの意見も聞くつもりではいたけれど、わたしは自分の考えが間違っているとは思えなかったのだ。

「そうですね……。きっと大丈夫ですよ。――さて、着きましたよ」

「うん、ありがと。今日もお疲れさま」

 彼は車を停めるとわたしを降ろし、そそくさと退散しようとしたけれど。

「……桐島さん、キスくらいして行ってもいいのよ? せっかく恋人同士になれたんだし」

「へっ!? ですが……マズいんじゃ?」

「大丈夫よ。ここはオフィス内じゃないんだし、ママも口固いから。……ね?」

「……本当にいいんですね? じゃ、失礼して――」

 彼は遠慮がちに、わたしに唇を重ねた。でも、どこかぎこちなくて、もどかしくて。一度唇が離れてすぐ、今度はわたしからキスをした。

「……えっ? えっ? なんで――」

「じゃ、また明日ね。おやすみなさい」

 耳元までを真っ赤に染めてあたふたしている彼に背中を向けて、わたしはホクホク顔で玄関アプローチを歩いて行った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み