なんでも雑談②

エピソード文字数 4,336文字

前のエピソードで、自分の作品ページでキャラクター投票の星の数が確認できないのは面倒、と愚痴を書きましたが、まさかの実装されました。

運営さんありがとうございます。

2019/02/02 00:19
吹き出しの色がスクロールできなくなってません?
2019/02/02 11:18

私もそれ、思いました。

なのでいつもピンクを使うのですが、今は赤になっています。

2019/02/02 11:25
ですよね。

今PCだと、画面右のバーを下にスクロールすると、その左に吹き出し色のバーが出てきました。

(´・ω・`)

2019/02/02 11:48

スクロールの問題、修正されました!

なので、台詞の色をピンクに直します。

2019/02/03 18:44
本当だ!

よかったです( ・`ω・´)

2019/02/03 18:57

星崎さんの食レポを見て思ったのですが、神田神保町~水道橋~御茶ノ水~秋葉原あたりによく出没するのですか?

私もちょくちょくそのあたりに出かけるので、もしかしたらどこかですれ違っているかもしれませんね。

2019/02/05 18:03

これまで、できるだけ発言を控えておりましたが、私は無類の酒好きです。

ただ、未成年もこのサイトを観覧することを考えて、その話はしませんでした。

けれども、ここ最近、このサイトの最も厚い世代は20代~30代と気づきました。

なので、酒について語る場所が欲しいです。

なかなかの無茶ぶりですが、星崎さんの方で対処できないならば、私が酒を語るためだけのコラボノベルを立ち上げます。

2019/02/07 15:59
秋葉原あたりはたまに出没しますね。

あの辺りのイベントやカフェなんかのレビュー記事も、時々書いていますので。それを除いても、たまに足を運んでいますが。来週も予約しているコラボカフェへ、行く予定です。



>>このサイトの最も厚い世代は20代~30代

確かに、そんな感じしますね。

こっちで食レポの方に酒コーナーを用意してもいいのですけど、自分はあまり酒を飲まないので詳しくないんですよね。

田口さんの方で立ててもらったほうが、いいかもしれないです。レポ系のコラボノベル、増やしましょう!!

2019/02/07 16:55

なるほど、レビュー記事の仕事も引き受けているのですね。

私は古本屋目当てが多いので、秋葉原よりも神田神保町寄りに出没しますかね。

酒について語るコラボノベルを立てようと思います。準備ができ次第、立てます。

2019/02/07 19:24
一部ですけど、これですね。

神保町は夏に古本祭りやっていたところへ行ったりしていました。最近はそっちの方は行っていないんですけど、映画館が出来てからは上野(秋葉原から徒歩でいけますし)にもちょくちょく。


了解です!!

2019/02/07 20:12

このコラボ、めっちゃすごい勢いで伸びてますね。

しっかり確認しているわけではないですが、星の数が数日前より増えている気がします。

2019/02/08 22:19
ちなみにアクセス数は

なんでも雑談、音楽、漫画、不老不死がトップ4です

2019/02/08 23:36

正直、音楽は私がブチ切れているので勘弁してほしいですね……

この件に関しては本当に申し訳ありません

2019/02/08 23:41
では話しやすいように、「2」を用意しておきました。

音楽のジャンルでわけるかどうかは、とりあえず様子見です

2019/02/08 23:48

ボードゲームのコラボノベルの件、とりあえず立てるだけ立てます。

せっかくなので、星崎さんの名前をお借りしたいのですが、最初は私の名前だけ出します。

と、言っても、コラボノベルの運営やオフ会のセッティングなど実務はすべて私が行います。

気が向いたら、顔を出してください。

2019/02/11 23:43
了解です!

楽しみです(・∀・ゞ

2019/02/12 09:12
ここ、勢い落ち着いたけどいまだに1日700アクセスくらいあるなぁ
2019/02/23 19:04

各エピソードに族長(?)みたいな人間が居座っているので、その人たちが数字を増やしているのかもしれません。

それに、ここによく顔を出す面子は変わり者が多いので、それが宣伝にもなっているかもしれないですね。

自分も「好きな文章を書いていけ」のエピソードによく書き込むのですが、冷静に考えて人様のコラボで一日一曲、洋楽の歌詞を引用するのは完全に奇行ですね。

2019/02/23 19:58
>>族長(?)みたいな人間が居座っているので、その人たちが数字を増やしているのかも

なるほどです。


コメントはしてないですが、歌詞の引用チェックしてますよ。今後も自由にやっちゃってください。

変わり者の方が、創作には向いているのかもですね。

2019/02/23 21:02

本音を言えば、私も小説から好きな文章を取りたいのですが、どうも文学の話はしにくいです。

意外にこのサイト、小説の話をしない。

小説が好きだからこそ、小説の分野で負けることにある種の恐怖があるからですね?

2019/02/23 21:05
←いろんなところにちょくちょく顔を出す割りに族長になりきれない底辺
2019/02/23 21:10

すみません、僕小説ほとんど読まないんですよ。

隆慶一郎、田中芳樹くらいですかね最後まで読んだのは。

ラノベも一巻だけ読んでもういいやって感じになります。

いわゆるオタクになりきれない半端物です。

2019/02/23 21:31

実際、物書きと言えど、小説を読むことだけが勉強ではないですからね。

映画、漫画、ゲーム、アニメなどからもインスピレーションを受けることはあると思います。

もちろん、色々なところに顔を出して、様々な人間を知ることも仕事です。

2019/02/23 21:36

影響を受けたのは……

漫画は勇午、アニメはアイカツ、映画は牙狼(ほぼパチンコですが)ゲームはFEですかね。

今はバンドリのソシャゲのストーリーがすごく勉強になってます。

2019/02/23 21:42
実は俺も小説を最後まで読むことはあまりないですよ。

漫画とゲーム、洋画らアニメからネタ集めすることが多いですし、ネタ集めという意味なら小説は1巻だけでいいやってなっちゃうことの方が多く。(作家にあるまじき発言ですが)

ホーガンはいくつか集めていますが。

2019/02/23 22:28

隆慶一郎先生は一巻でまとめてくれるのでありがたいんですね。

ラノベって大体一巻がピークな気がするので、なんとなくわかったもういいやって感じになるのです。

2019/02/23 22:47
逆にわしは毎日のように小説読んどりますな。

だいたい池波正太郎や天藤真、今野敏、京極夏彦が多いんじゃが、

たまにライトノベルの個人的なお気に入り作品を読み返したりもしとります。

あとは歴史系の本は絶えず買うて、常に知識を増やしたり、

歴史認識の再確認をしたりするように心がけとりますな。


2019/02/23 22:49

隆慶一郎先生はもともと脚本家じゃったけえ、

短くまとめるのが得意なんでしょうな。

その結果、作家デビューが還暦すぎてからという

かなりの異色派なわけですがの(笑)


2019/02/23 22:54

鬼麿斬人剣あたりが好きでした。

よくよく考えれば、時代小説ってシニア向けの俺TUEEEハーレムチートですよね。

2019/02/23 22:59
>>逆にわしは毎日のように小説読んどり

本当に人それぞれですよね。このへんの違いが、作品や人格の個性に繋がっているのかもですね。


俺は……。

漫画はジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン、ヤンマガ、モーニング、裏サンデー、ジャンプ+、SQ、ポラリス、きららMAXをチェックしていて、集めている少女漫画も有るのに……。

って考えると、実は俺って、小説はあまり好きじゃないのかなぁ(´・ω・`)

「火星の人」は映画より原作派なんだけどなぁ。

2019/02/23 23:02

漫画は昔はよく読んでたんですよ。

少年サンデー、ヤングサンデー(廃刊)、アフタヌーン、ヤングアニマル、ヤングジャンプ

古本屋でジャンル問わず漫画を買い集めてました。

作家名で挙げると、真刈信二先生、池田理代子先生、あだち充先生、伊藤明弘先生、KOI先生

はめっちゃリスペクトしてます。

2019/02/23 23:07

>>時代小説ってシニア向けの俺TUEEEハーレムチート

池波正太郎の「剣客商売」はまさにそれですな。

隠居した爺さんが、権力におもねらないのに、

なぜか権力者から好かれて、命を助けた権力者の娘にまでほれられて、

でも息子よりも歳の若い奥さんいるから適当に受け流しているうちに、

自分のことを尊敬している息子がその権力者の娘と結婚して

息子が自分の名から一字とって孫に名づけるてくれる始末。

もうライトノベルの比じゃないですな(笑)

2019/02/23 23:12

>>集めている少女漫画も有るのに……

わしは雑誌より単行本派ですが、

いまでも月に10冊前後は漫画が増え続けております。

中には少女マンガもありますわ(笑)

ま、ネタ集めや影響受けるんは人それぞれでしょう。

映画もわしはよう見にいくんで、そこから影響受けるんも多いですしの。

2019/02/23 23:17

映画は最近は万引き家族が面白かったですね。

映画マニアってクソ映画も楽しめるんでしょうけど、

僕はそこまでの領域には行ってないので。

あ、でもクソエロゲは結構楽しんでた時期あったかも。

2019/02/23 23:21
>>真刈信二先生、池田理代子先生、あだち充先生、伊藤明弘先生、KOI先生

そのメンツにKoi先生が入ってくるんですね。


>>映画マニアってクソ映画も楽しめる

いわゆるZ級映画だと、突き抜けているので楽しいですけど、ネタにもならない純粋につまらない映画もありますしね。クソかどうかはさておき。


>>ネタ集めや影響受けるんは人それぞれ

ですね。

少女漫画のシチュエーションはけっこう参考にさせてもらっています。

あと、BLそのものは興味ないのですが、BLを読むと百合への参考にもなるので、読んでます。

純粋に、「世界一初恋」が面白いというのもあるんですけど。

(なかなか理解されないので、普段はBLも読んでいる発言はしない)




2019/02/23 23:49

KOI先生ってぶっちゃけ過小評価されてませんんか?

デフォルメ力、一枚絵にメッセージを込められる力、

現実に立ち向かえる強い意志力、漫画家としての技量は、

正直最近の漫画家の中ではぶち抜けてますよ。

2019/02/24 00:06

漫画家ってどうしても一長一短な所がある作家が多いんですけど、

KOI先生はめちゃくちゃ高いレベルでバランスが取れてるんですね。

他にも好きな漫画家はいっぱいいますが。

2019/02/24 00:24
自分としては、漫画家としてではなくイラストレーターとして見てしまうんですよね。

男性らしいのに、服や小物、髪型など細かいところにも気を配って綺麗に描いているところは、凄く好きです。

2019/02/24 00:50
漫画としての読みやすい絵は、鳥山明、岸本斉史だと思いますの。
2019/02/24 00:52
思ったんですけど

週刊連載だと書く速度が求められますけど、カラーイラストはそこまで重視されていないですよね。とくにジャンプだと動きのある絵や迫力が大事で。


逆にきらら系はカラーイラスト・1枚絵がうまくないと厳しいというか、きらら作家はイラストレーター、ジャンプ作家は別にイラストとしての絵がうまくなくても、というイメージがあるのです。

(例外はあるでしょうが)

2019/02/24 00:55

すみません。

漫画好きと話しててKOI先生すごいと言っても、

あんなんタダのエロアニメだろって言われることが多いので……。

つい熱くなってしまいました。

2019/02/24 00:58
ああ、なるほど。

ごちうさはパンチラとかしないし、えっちに見える部分はあれどえっちではないんですよね。

(初期の方に、それっぽいシャロがありましたが気にしてはいけない)

百合を狙っているようなシーンはあれども、百合アニメではないアイカツ(フレンズはけっこうギリですが)みたいな。


だから、直接的にえっちな絵はないんですよね。

抱き枕? ちょっとなに言ってるかわからない

2019/02/24 01:00

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色