13

エピソード文字数 559文字

「信也、泊めてくれないの?」

「ここは社員寮みたいなもんだからな。ここで同棲はできないよ。それに親と喧嘩したくらいで家出するなんて、賛成できねぇ。紗紅、早くシャワー浴びろ」

「わかったよ!帰ればいいんだろ!」

 満ち潮が音を立てて引くように、さっきまでの昂揚感が一気に冷めていく。

 あたしは洋服を掴み浴室に入る。
 狭い浴室、ポタポタと水漏れしている錆びた蛇口。シャワーの栓を捻ると水が吹き出し思わず悲鳴を上げ、シャワーに八つ当たりする。

「なんだよ、このボロアパート。シャワーまでバカにしてんのかよ」

 低めに湯の温度調節をし、火照った体を冷ます。

 肌の上を水滴がコロコロと転がる。
 あたしの気持ちも、コロコロと転がり落ち排水溝に吸い込まれる。

 浴室のドアの外で、信也の声がした。

「……さっきはごめん」

 そんなこと言わないでよ。
 どうして謝るの。

 信也の本心を知りながら、抱かれた自分が惨めになる。

 あたしはシャワーの水量を強め、信也の声を掻き消し、聞こえなかった振りをして返事はしなかった。

 あたしは信也みたいに大人じゃない。
 こんな時、どんなリアクションをしたらいいのかわからない。

 それでも……
 信也のことが嫌いになれないなんて、あたしもとことんバカだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み