143

エピソード文字数 408文字

 灯籠の灯りがゆらゆらと揺れる。

 切なくて……
 苦しくて……

 あなたとひとつになれることが嬉しくて……。

 あたしは泣きながら、信長に抱かれた。

 出来ることなら、ずっとこのまま……
 あなたの腕の中で、抱かれていたかった。

 ――どうか……

 美濃も光秀殿と逢えますように。

 ――どうか……。

 目眩(めくるめ)く快楽の渦の中で、信長の優しい瞳が涙できらきらと光って見えた。

「紅とは偽りの名であろう。そなたの本当の名は何と申す。教えてはくれぬか」

「……紗紅でございます」

「さく……よい名じゃ。一度しか言わぬ。よく聞くがよい。さくよ、わしと生涯添い遂げよ」

「……は……い」

 零れ落ちる涙に、信長はキスをした。
 何度も、何度も、キスをした。

「一生……あなたのお側において下さい」

 あたしは信長と永遠の愛を誓った。

 この日ほど、夜が長く感じられたことはなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み