雪だるまの男

エピソード文字数 2,536文字

 むかしむかし、ある屋敷の小さな男の子が、雪をいっぱい集めて雪だるまを作りました。男の子が一生懸命、一生懸命つくったので、その雪だるまには命が宿りました。その日の夕方、命が宿った雪だるまが独り言を言いました。
「あれ? なんか変だぞ? おれのからだの中で、ミシミシと音がする」
 雪だるまは黒い煉瓦(レンガ)のかけらで出来た目で西の空を落ちていくお日さまをにらんで、また独り言を言いました。
「まぶしいな……ギラギラ光ってやがる。だが、おれはまばたきをしねぇ」
 そしてお日さまが沈み、東の空から姿を見せはじめたお月さまを見つけると、雪だるまはまたまた独り言を言いました。
「なんだ、いなくなったと思ったら、今度はあっちから出て来やがったのか。でも、もうギラギラするのはあきらめたみたいだな――この腰抜け野郎が!」
 そんな雪だるまの独り言を聞いていた野良猫が、小屋から出て来ると雪だるまに言いました。
「よぉ新入り! 盗み聞きしていた様で悪いが、あんたがさっき見たのはお日さまで、いま、空に浮かんでいるのはお月さまって言うのさ。お日さまは朝に出て来て、お月さまは夜に出て来るんだ――ついでにもう一つ教えておくと、今夜は寒くなるぜ――なぜなら、おれの息子がそう教えてくれるのさ」
「サンキュー、猫どん」雪だるまは低い声でドスをきかせました。
 一瞬にして猫は背筋が凍りつきました。
 猫の言ったとおり、夜が深くなると寒さが増して雪が降ってきました。
 雪が月明かりに輝き、まるでダイヤモンドが輝いているように綺麗です。
(おぉ、なかなかきれいじゃねえか――)
 雪だるまが見とれていると、すぐそばで若い女の人と男の人の楽しそうな声がしました。
「あなた、とっても素敵ね。夏もいいけど、こんなに素敵な景気は冬にしか見られないわ」
「ああ、そうだね。それに雪だるまも、冬にしか作れないからね――そろそろおれたち子供を作ろうか?」
「あなたって、いつもセックスのことしか考えてないでしょう?」
「おいベイビー、今宵はクリスマス・イヴだぜ」
「ごめんなさい、ダーリン」
 二人は笑って深く口づけを交わし、楽しそうにラブホテルの屋敷に入って行きました。
「あいつらは、いったい誰だ?」
 雪だるまは、猫に尋ねました。
「あれは、ど助平のマイケルと売女のアンジェリカさ。マイケルはおれが子猫の頃、ストーヴのある受付の部屋でおれを可愛がってくれたんだ。おっと、勘違いするんじゃねえぞ。鞭でこっぴどく可愛がりをうけたもんさ……ちなみにストーヴってのは、寒い日には、世界一素晴らしい物なんだぜ」
「ふーん、可愛がりねぇ……ところでストーヴって、おれみたいに白くて冷たい物なのか?」
「いいや、まったく正反対だね。受付のやっこさんの部屋を見てみな。そこにストーヴがあるぜ」
 雪だるまは受付の部屋で赤々と燃えるストーヴを見たとたん、からだじゅうが(うず)くのを感じました。
「あっ、おれのからだの中で、またミシミシ音がする。あのストーヴのそばに行きてえなぁ」
「なにを言っているんだ、雪だるまの旦那? あんたがストーヴに近寄ったりしたら、たちまち溶けちまうだろ」
 猫が言うと、雪だるまは言い返しました。
「いいさ、溶けたって構わない。おれはどうしても、あのストーヴのそばに行きたいんだ」
「やれやれ。そんな事を言ったって、誰があんたを部屋に入れるもんかね」
 猫はそう言いながら小屋に戻って、大きな(いびき)をかきながら寝てしまいました。
「でも、おれはどうしてもストーヴのそばに行きたいんだ――」
 雪だるまは口をへの字にしながら肩をすくめました。

 やがて辺りが真っ暗になると、ストーヴの炎はますます赤くなって、とても美しく見えました。お日さまの光とも、お月さまの光とも違う、穏やかで全てを包んでくれそうな光です。受付の男がときどきストーヴの口を開けて薪をくべると、中から炎がボッと飛び出して、外の雪だるまの顔まで赤く照らします。
 ストーヴの炎に顔がほてるのを感じた雪だるまは、ぼそっと独り言を言いました。
「ああ、おれはどうやらストーヴに惚れちまったらしい。なぜだかわからねえが、どうしてもそばに行きたいんだ――これは、ひょっとして恋なんだろうか?」
 その夜はとても寒くて、受付の部屋の窓ガラスには氷の花が一面に咲きました。
 雪だるまにとって寒さは気持ちが良いはずなのに、雪だるまはとても悲しくなりぽろりと涙をこぼしました。なぜなら、窓ガラスに咲いた氷の花が、ストーヴの姿を見えなくしてしまったからです。
(おっと、泣いちゃいけねぇいけねぇ。おれの顔が溶けちまうじゃねぇか……)
 雪だるまはにやりと笑いました。  


 朝が来ました。
 猫は小屋から出ると、雪だるまに言いました。
「今日は暖かくなるぞ――おれの息子がそう言ってら」
 確かに天気が良くなり、お日さまがギラギラと輝きはじめました。
 すると雪だるまは、だんだんと溶けていきました。
 猫は雪だるまを見ると、悲しそうに言いました。 「残念だけど……あんたとは今日でお別れかもな……」


 次の日の朝、猫は雪だるまの立っていた所に、血まみれのナイフが転がっているのを見つけました。それを見て、猫は雪だるまがストーヴに恋をした理由がわかりました。
「そうか、あんたの体はナイフが芯になっていたのか。あんたを作った男の子は、もしかすると、ジャックの甥っ子さんだったのか……そういやぁ彼は兇悪犯罪事件の後、霧のように姿をくらますのが、彼の美学だったな。それであんなに、ストーヴのそばに行きたがっていたんだね」
 やがて受付の男が落ちている血まみれのナイフに気づいて、客室の部屋に持って行くと大声で悲鳴をあげました。マイケルとアンジェリカの目玉は、ナイフでくり抜かれて、からだじゅうメッタ刺しされて死んでいました。
 受付の男が青ざめた顔でナイフをストーヴのそばに置いて、慌てながら警察に通報する姿を見て、猫はにっこり微笑んでこう言いました。「ありがとう、雪だるまの旦那。おれのために復讐してくれて……」


 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み