第1話

文字数 1,190文字



 空を眺めていた。

 大きな星がひとつチカチカと瞬いている。

 ひどく静かな夜だった。

 時折薄い雲の隙間から月が顔を出す。

 その輝きがあまりにも綺麗で、私は雲が流れるのをしばらくの間眺めていた。

 ベランダから部屋に戻ると同時に現実に引き戻された。

 さっきまでいた彼との思い出がよみがえる。

 別れが近いのはなんとなく感じていた。

 毎日のようにこの部屋に来てくれていた彼がたまにしか来なくなったのは三ヶ月前から。

 新年度になり部所が変わって会社で彼と顔を合わせることがなくなった。

 新入社員もたくさん入ってきてお互いに新人教育で忙しくなったというのはただの言い訳。

 私は知っていた。

 彼は新入社員の女と付き合っているらしいという噂があった。

 社内恋愛だった私たちの関係は必死になって隠してきたのに、その新入社員の女とは堂々といちゃついているらしい。

 バカな男だ。

 私にバレないとでも思っていたのだろうか。

 今日も平気な顔をしてここに来た。

 お酒と適当なつまみを買ってきたと言って彼はいつもと同じ笑顔でいつもの席に座った。

 私も彼の正面に座り乾杯した。

 そして彼はいなくなった。

 彼のすぐ後ろに置いてある大きな観葉植物。

 私の目の前で彼はその観葉植物にのみ込まれた。

 太い幹が半分に裂け伸びてきた枝が彼を持ち上げるとそのまままるごと幹の中に押し込んだ。

 幹は閉じ何事もなかったかのようにただそこにいる。

 さっきよりも葉が増えているように感じるのは私の気のせいなのか。

 また少し背が伸びたようにも。

 私はその葉っぱを一枚ずつ丁寧に拭いてからじょうろで水を与えた。

 ふとテーブルを見ると煙草の箱とライターが目に入った。

 彼が吸っていた煙草だ。

 私はそれを持って再びベランダへと出た。

 箱から煙草を一本取り出しライターで火をつけた。

 彼の匂いだ。

 懐かしさと寂しさと少しの罪悪感を感じなから空を見上げた。

 さっきよりも雲が増え、雲の隙間から月が見えることはなかった。

 私は煙草の火を消して部屋に戻り便箋と封筒を準備した。

 社内で社員が行方不明になるのは何人目だろうか。

 そろそろ潮時かと感じた私は辞表を書くことにした。

 明日提出してこのマンションも引っ越そう。

 次の職場と住む場所は星の上司が手配してくれているそうだ。

 さっき星からの瞬きがそう言っていた。

 恋愛の研究をしに観葉植物に扮したサンプル回収装置と共に地球に来た。

 いったい私は何人の地球人をこうやって星に送ってきただろうか。

 私の担当である「社内恋愛」というモノはそれほど奥が深いのか。

 そう言えば「遠距離恋愛」の担当員もとにかく大変なのだとこの前さんざん愚痴をこぼしていた。

 まだまだ恋愛というモノに関しては研究が必要なのだろう。

 辞表を書き終えた私は持っていた彼の煙草の箱とライターをごみ箱に投げ捨てた。


            完




ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み