101

エピソード文字数 904文字

「斎藤道三亡きあと、明智光安の元に於濃の方様を帰された織田信長殿に、於濃の方様をお連れするのも意に反するのではないかと思い、この光秀が暫くおあずかりしておりました」

 光秀の苦しい言い訳に、信長は眉をしかめ鋭い眼差しを向けた。

「斎藤家より仕えし侍女の多恵に、織田信長殿が於濃の方様の行方を捜しておると聞き、取り急ぎ参上した次第でございます」

 信長はゆっくりと帰蝶に視線を向けた。

「帰蝶よ、息災でなによりじゃ。よくぞ、戻って参った。これは嫡男奇妙丸だ。いずれは織田家の家督を継ぎ天下人となるであろう。奇妙丸をそなたの養子と致す所存だが、どうだ」

(殿、有難きお言葉。喜んでお受け致します)

「明智光秀殿、帰蝶は我が織田信長の正室なり。これまでの温情、礼を申す。大儀であった」

 信長は光秀や帰蝶を咎めることもなく、スクッと立ち上がり振り向きもせず退室した。一見寛容な態度に見えたが、その心中は計り知れない。

 奇妙丸は直ぐさまあたしに駆け寄り抱き着いた。

 あたしは奇妙丸を帰蝶のもとに連れて行く。

「奇妙丸様、於濃の方様ですよ。今日より奇妙丸様の母上様です。母上様は声が出せませぬ。この紅が、母上様の声になりまする。紅の声は母上様の声でございます。よいですね」

「母上様は声が出せぬのですか?兎のようでござりますね」

 奇妙丸は愛らしい眼差しを帰蝶に向け微笑む。

「父上様はライオンなのですよ。百獣の王でございます。母上様が兎ならば、父上様に食べられてしまいます。動物の世も人の世も弱肉強食なのです。紅、そうであろう」

 帰蝶は奇妙丸の言葉にクスリと笑う。

(今日から、わらわがそなたの母です。父上は優しいお方。わらわを食べたりは致しませぬ。わらわを母と思い甘えてよいのですよ)

「紅、母上様が何と申しておるかわからぬ……」

 奇妙丸はあたしに視線を向け戸惑っている。

「父上様は優しいお方だと申されているのです。母上様に甘えてもよいのですよ」

「はい。宜しくお願い申し上げます」

(奇妙丸は、よい子じゃ……)

 帰蝶は奇妙丸を両手で抱き締め、瞳を潤ませた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み