永遠に叶わない恋……

文字数 3,204文字

****

「――でも会長。もし前田さんが一階に寄らずに、直接上まで上がっちゃったらどうなさるんですか?」

「それはないと思う。外回りで疲れてるなら、絶対にカフェスタンド(ここ)でひと休みしてから上に行くはずだもの」

 貢からのごもっともな疑問に、わたしは絶対的な自信を持って答えた。

「ずいぶん自信満々でらっしゃいますけど、その根拠はどこから?」

「ママから聞いたことがあるのよ。パパも昔、外回りから戻ったら一階の休憩スペースで缶コーヒーを一本飲んでから、自分の部署に戻ってたって」

「あぁー、なるほど。そういえば、お父さまも会長に就任される前は営業部にいらしたんでしたね」

「うん、村上さんの同期だったの。ちなみに、パパととママが結婚する前、パパとは恋敵だったそうよ。ママを巡ってね」

「……えっ、そうなんですか!?

「そうらしいわ」

 会長に就任した父が村上さんを社長に任命したのは、その時の罪滅ぼしだったのだと、それも母から聞いた。

 ――と、その時。地下駐車場から一基のエレベーターが上がってきた。駐車場は地下一階にあるので、1フロアーだけ上がってくることは珍しい。
 エレベーターから降りてきたのは、脱いだジャケットを腕に引っ掛けた数人の男性社員たち。多分、外回りから戻った営業部の人たちだ。この中に、お目当ての前田さんがいるはず……。わたしたちはよぉーく目を凝らした。

「桐島さん、前田さんってどの人?」

「えーっと……、あっ! いました。いちばん後ろの、短髪で背の高い人がそうです」

「分かった。接触しましょう。――あ、声かけるのは貴方に任せていい?」

「はい。お任せ下さい」

 ――彼はわたしの予想どおり、カフェスタンドにフラッと立ち寄るところだったので、わたしたちは彼の後ろからそっとついていった。

「――前田さん、お疲れさまです」

 貢に呼び止められ、振り返った彼――前田さんは、貢の隣に会長であるわたしの姿があることに戸惑っているようだった。

「えーと、キミは確か、桐島君……だったっけ。小川の後輩の。……ああ、そっか。今は会長付秘書だったな。小川から話は聞いてたよ」

「はい、そうです。お久しぶりですね。以前お話ししたのは、僕が異動する前でしたもんね」

「そうそう。そういやあの時、キミは『総務課から転属する』って言ってたっけな。――で、今日は俺にどんな用件で?」

 彼はわたしたちに向けて、眉根を寄せた。外回りの仕事から戻ってきて疲れているところで、ボスにつかまったのだ。ちょっと苛立っていたのかもしれない。

「えっと……、今日は社長秘書の小川さんのことで、貴方に訊きたいことがあって。――あっ、その前に、お疲れでしょう? わたし、飲み物買ってきますね。何がいいですか?」

「……えっ? あー、じゃあアイスラテを。――でも、会長にそんなことまで」

「いいのいいの! 遠慮しないで下さい。じゃ、買ってきますね!」

 わたしは申し訳なさそうな前田さんをなだめ、貢とふたりで自動販売機へ。ジャケットのポケットに忍ばせていたコインケースを取り出すと、紙コップのアイスラテを二つとお砂糖控えめのミルク入りコーヒーを買い、アイスコーヒーは貢に手渡してから二つの紙コップを持ってカウンターまで戻った。

「前田さん、コレ飲みながらお話しましょうよ。どうぞ」

 先にカウンターのところで待っていた彼に、ラテのコップを一つ手渡した。

「ありがとうございます。――で、小川がどうかしたんですか? 会長自ら出張ってこられるなんて

「……実はね、村上社長から『最近、小川さんの様子がおかしい』って相談を受けて。彼女が恋に悩んでるんじゃないかと思って、わたし自ら調査してるんです」

「『調査』って……、ただの個人的興味じゃないですか」

 横から余計な茶々を入れてくる貢を、わたしはギロッと睨んだ。図星ではあったけれど、そこをツッコまれたら話が進まない。
「……すいません」と小さくなる貢をよそに、話を先に進めた。

「……で、もしかしたらその相手って、貴方なんじゃないかと思って。――どうですか? 何か心当たりとかあります?」

「ほら、前田さんって前から小川先輩と親しかったじゃないですか? だから僕も、お二人はお付き合いされてるんじゃないかなーと思ってたんですよ」

 復活した貢が、さりげなくわたしの話の足りない部分をカバーしてくれた。
 小川さんの事情なら、まだ関わりの浅いわたしよりも彼の方がよく知っているだろう。こういう時、彼は頼りになる。

「……まぁ、確かに彼女と俺とは同期入社で親しくはしてましたけど。俺じゃないですよ、会長がお探しの人物は」

「えっ? ……っていうと?」

「俺、確かに彼女に好意持ってました。今でも持ってます。でも、春に彼女に告白して、見事に玉砕しましたから。『他に好きな人がいる』って」

「それって、誰のことだか分かりますか?」

「いや。……ただ、彼女はこうも言ってましたよ。つらそうな顔で、『永遠に叶わない恋だけど、私はいいの』って」

「永遠に……叶わない恋? って、どういう意味でしょうね?」

「さあ、分かりませんよ。でも、とにかく俺じゃないですから。……じゃ、俺はこれで。コレ、ごちそうさまでした」

 彼はグシャッと潰した紙コップをゴミ箱に放り込み、エレベーターへととって返していった。――わたしたちに、ひとつの疑問を残して。

****

「――また振り出しに戻っちゃいましたね……」

 会長室に戻った途端、貢が盛大なため息をついた。お昼休み明けからこれだけ聞き込みをして収穫がほぼゼロだったので、精神的にグッタリしているらしかった。

「うん。……っていうか、前田さんが気になること言ってたよね。『永遠に叶わない恋』ってどういう意味だったんだろ?」

 わたしは頭をもたげた。――正確に言えば、前田さんは小川さんがそう言っていたのを聞いただけだったのだけれど。

「う~ん、相手の方が既婚者だったりとか……ですかね。……はっ! まさか社長が!?

「……それ、違うと思う。だって、自分がその相手だったら村上さんだって気づくと思わない? ずっと一緒に仕事してるんだから」

 貢のブッ飛んだ推理を、わたしは即座に却下した。

「ですよねぇ。どのみち、今日はこれ以上の調査はムリですね。会長にはまだ終わらせて頂かないといけないお仕事がドッサリ残ってますし」

「う…………」

「調査にかまけてサボってたツケが回ってきてるんですから。自業自得ですよねー?」

「分かってるわよ。……桐島さん、最近性格悪くなってない?」

 毒舌な秘書を苦々しく思いつつ、言われたことは当たっていたので、わたしは仕事を片付けていくしかないのだった。

****

 ――その日、帰宅したわたしは母に小川さんの最近の変化について話してみた。
 彼女は父の秘書だったので、母の方がわたしより彼女との接点が多いはず。きっと何か知っているはずだと思ったのだ。

「――でね、小川さんの恋って永遠に叶わないらしくて。ママ、お相手に心当たりない?」

「…………そう。彼女、そんなこと言ってたの。ゴメンなさいね、絢乃。私からその話をするわけにはいかないわ。期待に応えられなくて申し訳ないけど」

「……? うん……、分かった」

「それより絢乃、お腹空いてるでしょ? 史子さんに言って、すぐ夕飯にしてもらいましょうね。というか、桐島くんと外で食べてきたらよかったのに」

「…………うん。そうよね」

 母の何気ない一言に、わたしは詰まってしまった。母にはまだ話していなかったのだ。この頃、わたしと彼との間に小さな溝ができつつあったことを。
未亡人になって傷心の母に、心配をかけたくなかったから。

「じゃあわたし、部屋で着替えてくるね」

 二階の自分の部屋へ向かいながら、わたしは思った。――母は小川さんの好きな人を実は知っていて、それでも何か事情があってわたしに言えないのではないか、と。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み