156

エピソード文字数 1,406文字

―6月11日―

【本能寺にて、上手くことは運んだ。山崎合戦後、本経寺にて待つ】

 短い文章ではあったが、光秀からの文が届く。それを読み、信長と紗紅、そして信忠が落ち延びたことを確信する。

 私はその夜、麓山崎の民家より馬を走らせ本経寺に向かった。

 これで……歴史を変えることなく光秀と2人で生きていける……。

 暗闇の先には…… 
 一筋の希望の光が……差していると信じて……。

 ◇◇

 “天王山の麓、小泉川沿いにて待ち構えていた明智軍は、羽柴軍と互角に渡り合う。光秀は勝竜寺城にて、その様子を見守った。”

 苦戦をしいる秀吉は、手の内を何故か明智軍に読まれ焦りの色をみせる。

「何をモタモタしておるのじゃ!上様の(かたき)!明智光秀の首を討ち取るのじゃ!」

「羽柴殿、明智軍にこちらの動きを読み取られ、動きを封じられておるのです」

「動きを封じられておるじゃと!明智光秀ごときに、してやられてなるものか!」

 秀吉は援軍に内通者がいるのではないかと、躍起になった。

 ―6月13日―

 “日没をむかえ、羽柴軍の前線部隊も疲労が重なり、追撃は散発的なものに留まる。光秀はその時を見計らい、兵に離散するように命じた。”

「殿、おずおずと羽柴秀吉に天下を渡すのですか!我等はまだ戦えます!」

 直臣の言葉に、光秀は首を左右に振る。

「このままでは、やがて一網打尽にされてしまう。秀吉が討ち取りたいのはわしの首じゃ。わしを討ち取り天下人となりたいのであろう。わしは織田信長討伐の責めを負い、自害いたす」

「……殿、自害などと……。我等も殿と共に自害致します」

 重臣は光秀の言葉に涙を流した。
 敵を欺くためには、先ずは味方から。
 だが、家臣らを自害に追い込むわけにはいかない。

「死んではならぬ!わしは、忠義を尽くしてくれたお主らを誇りに思うておる。これ以上、尊い命を無駄にしとうはないのじゃ。落ち延びることは恥ではない。()け!行くのじゃ―!」

「……殿」

 これ以上戦っても、明智軍は劣勢だとわかっていた。家臣を無駄死にさせたくないとの思いは、光秀の正直な気持ちだった。

 光秀は兵を離散させ、「明智光秀自害」との虚偽の知らせを羽柴軍に流した。苦戦していた羽柴軍はその知らせを聞きつけ、歓喜の声を上げた。

 光秀と美濃の思惑通りにことは進む。
 光秀の自害で羽柴軍の包囲網は緩む。その隙をつき、深夜、秘かに勝竜寺城を抜け出した。

 ――月明かりの下、竹藪の中を走り抜ける。

 あと数メールで、美濃の待つ本経寺……。

 ――その時、ガサガサと草むらで音がした。数名の男達が竹藪の中から姿を現す。

 それは落ち武者狩りだった……。
 農民が竹槍を構え、光秀の前に立ちはだかった。

「これより先には行かせねぇ!百姓を殺し、村を荒らすもんはおいらが許さねぇ!」

「……わしは百姓は殺していない。頼む!見逃してくれ!わしは行かねばならぬのだ!」

「殺れ――!」

 竹槍を向ける男達に、光秀は刀を抜いたが、多勢に無勢。四方を囲まれ竹槍が右肩に突き刺さり、刀が地面に落ちる。

 ポタポタと滴り落ちる鮮血。
 男は直ぐさま、光秀の刀を奪い取った。

 数本の竹槍が闇の中で、鋭い刃を向けた。

「うおぉぉ――!」

 光秀の怒号が、夜の闇に響いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み