1 ✿ 皇子様の眠る場所

文字数 1,337文字

まさか今年は、ここでやるとは…な
小川城。菊池のお殿様がいたお城ね
あのお城の中って、入れるの?

入れるよ。お城の中は歴史資料館や。


橋を渡って、行ってみよう

橋を渡っていると、萌栄が立ち止まり、下の川をのぞいた。
この橋、結構高~い。お水がキラキラ輝いている

ほんとだね…。川の音を聞いていると、癒やされるよ。

そうね。…と、ところで発、泳げるようになった?
萌栄は小さな声で訊ねた。
それは…聞かない約束だよ、萌栄
ごめん…。ま、まぁ…泳げなくてもがあるしね

2人は深くうなずき合い、足早に橋を渡った。

くねくね、S字の坂道ね

合戦の時、ここは要注意やな


塀に忍者が隠れちょったら、上から攻撃されるかもしれん

上からの攻撃。高所の利ね?
うん。前に話した通り、戦場では「」を取ったモンが有利や

3人は坂道を歩き出した。


階段をのぼり、お城の門にたどり着く。

(この人、誰かに似てるような…。知り合いにいたかしら)
あの像は、菊池のお殿様?

菊池則忠公。


幕末に奔走されたお方でな、明治になって村人全員に土地を分け与えたんや

この方なのね。前に功さんが話していたお殿様

親父はお殿様のお話が好きで、よぉ話してくれっとよね。


それじゃ、お城の中に入ってみようか

二階建ての「歴史資料館」には、菊池の家系図、米良領図、昔の農耕具などが展示されていた。
古い物を見ると、これをどんな人が使っていたんだろうって考えるの
同じこと考えるよ。もしかしたらご先祖様の持ち物だったかも

まさか資料館に飾られるとは思っとらんかったやろな~


そうそう、ここに飾られとらんものも結構あっとよ

飾られていないもの?

例えば、星兜

すごく貴重やから、国立博物館に預けたものでな。


懐良親王かねながしんのうのものやと伝えられとる

懐良親王(かねながしんのう)って確か、後醍醐天皇皇子様

Prince(プリンス)の兜が見つかった…? どこで?

元米良の「御所跡」といわれる場所からね。


そこが、親王の墓地やとも伝えられとる。

宮内庁は「熊本県八代市」で没したと言いよるけどな

ぎゃあ! い、いい、いつの間にそこに!?

ほんとに神出鬼没やな。


おまえも下見に?

そんなとこ
ねぇ。宮内庁と、うちの村の伝説が違うって、どういうこと?

墓所は諸説あって、宮内省が一応決めただけらしーよー

水戸光圀公ですら「終り給う所を知らず」と残したほどです

雨音と媛も、資料館の玄関先に現れた。
水戸光圀? もしかして黄門様!?

そう、水戸黄門ですよ。


黄門様が「大日本史」を編纂するときに、各地の歴史を調べました。


けれど、懐良親王の墓所は決められなかったと伝えています。

兜も見つかったし、御所跡と伝えられた場所もあるし。


この村に隠れていたのは、間違いないやろうけどね

どこで亡くなったかは分からない…か。

それだけ厳重に隠されたってことや。


俺は…この里で亡くなった気がしてならんけどね

皇子様の兜が見つかったから?

それもあるけど。


隠れ住むにも、お墓立てるにも、四季折々、景色が美しい場所がいいな、って。


ここは桃源郷やし。

参考文献

 「菊池氏を中心とせる米良氏」中武安正著/昭和4年11月

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色