前世譚6 ❀ 在りし日の幸福

文字数 936文字

リカルドから届いた手紙を、アリエッタは何度も読み返した。


すぐに返事をしたため、鳩に託したが。

(返事は届いたかしら。鳩さんは無事かしら・・・・・・)

アリエッタはそれから空を眺めることが多くなった。


返信を出し、しばらく経った日のこと。


窓の外を、一羽の鳩が飛びすがるのが目に留まった。

あの鳩は・・・!!

アリエッタは鳩を追って、急いで塔へかけあがった。

はぁっ・・・・・・はぁ・・・・・・やっぱり貴方ね
くるっ・・・・くるっぽう

おかえりなさい、鳩さん。

無事で良かった

鳩の足につけられた金筒には、手紙が入っていた。


アリエッタはふるえる手で、筒から取り出した。

親愛なるアリエッタへ


 愛する貴女へ。


 修道に身を置く貴女へ、背徳を承知でこの文をしたためます。


 在りし日の幸福を夢に見、君を想わない日はありませんでした。

私も同じよ。

リカルド、心から愛しているわ。

アリエッタは、幸せそうに手紙の続きを読み始めた。


彼はアリエッタの手紙の内容に「ひどく驚いた」という。

が「死んだこと」になっていたとは初耳です。


家政婦アンがそう話したのですね。


おそらく父が、アンに嘘を言うよう指示したのでしょう

なんてひどい!

それでも父親なのかしら

塔の上で一人、手紙を読みながら、アリエッタは憤りをあらわにした。

あの日、神父が「修道院で更生させては」と。


父が承諾し、僕は無理矢理ここへ・・・・・・。

彼は、故郷から遠く離れた修道院に送りこまれていた。

あなたと手紙を交わすことができたのは、なによりも幸いです。


友が、あなたの手紙をもって帰るのを心待ちにしています。


僕は無事に帰るように魔法をかけて送り出すんです

アリエッタは、の頭を撫でた。

彼らしいわ。親切なあなたに、心配りを忘れないのね

くるっぽう

私は、あなたが神様のお使いに見えるのよ

東洋では、鳩は縁起物だそうです。


なんと「蛙」と似た意味があるのだとか

カエルさんと?

〝カエル〟という響きが〝帰る〟の意味を持つそうです。


 鳩は、帰巣本能が強いので「元のように帰り、良い事に変わる」と言われるそうです。

ステキなお話ね、リカルド。


あなたが異国の言葉を探るのが好きな気持ち、分かるわ

彼がそばにいるように、手紙に話しかけた。

ああ、リカルド。

あなたにとても会いたい。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色