86

エピソード文字数 774文字

 あたしは信長の命令で、信勝に文を書いた。信長が病に伏せていると嘘をつき、信勝を清州城に呼び寄せた。

 信勝はその文を読み、清州城に駆けつけた。信長に会わせる前に、あたしは信勝と2人だけで話をする。

 織田家のために、何としてでも2人の蟠りを拭い去らなければならない。

「これは平手殿。お主の噂は兄上に仕える家臣より聞いておりますぞ。小さな体だが剣術はめっぽう強く、兄上を負かしかねぬほどの腕前とか。一度お手合わせ願いたいものだ」

「俺など、とんでもございません」

「お主は長きにわたり姉上様の護衛として仕えておったとか。それにも拘わらず、兄上が突如解任し、片時も離さず側に置いておるには、何ぞわけがあるのであろうと、もっぱらの噂でござる」

 信勝は口角を引き上げニヤリと笑った。

「信勝殿、それは初耳でございりますな。どのような噂でございますか?」

「兄上は昔から女には目がないお方だ。それなのに正室である姉上様には手も触れず、その噂を打ち消すために、側室を迎えたそうな」

「……なにが言いたいのだ」

「兄上は女では飽き足らず、男にうつつを抜かしていると皆が申しておるのだ」

「な、なんと……」

「1人の男を側に仕えさせ、昼夜問わず片時も離さず情を通じておるとか……。深夜、兄上の寝所で2つの影が絡み合うのを見た者がおるのだ」

「……っ」

「それは、女よりもよい声で鳴くそうじゃ。平手殿は平手政秀の縁者にしては、美しき殿方。肌の色艶もよく髭もござらぬ。むさ苦しい男の匂いではなく、馨しい匂いがする。
 兄上が思わず手をつけてしまうのもわかる気がするのう」

 信勝はゴクリと咽を鳴らし、あたしに躙り寄る。亀のように首を伸ばし、顔を近付けあたしのうなじの匂いを、クンクン嗅いだ。

「眩暈がするほど、よい匂いでござる」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み