第19話  ベストだんじりオブザイヤー

エピソード文字数 4,049文字

今日はやたら機嫌がよくない?
そう? 普通だけど

 授業中にも関わらず聖奈とラインをするのだった。


 というのも今日はスリーピング聖奈にならず、真面目に教壇を向いているからな。まぁ前を向いているだけで、教科書は机に出しているものの、教師に言われたページすら開いていないわけだが。

聞きたい?
できれば

 今日の聖奈は明らかに違う。

 ずっと笑顔だし、なんとなく俺の行動も言い当てたりと、妙に達観してやがる。


 すると聖奈は《機嫌がいいかどうかは分からないけど》と送ってから、こんな答えを返してきた。

実は昨日、蓮の家に行く前に、あんたのお父さんに会ってきたのよ。

平八が少し用事があるとかなんとかで

 そうなのか。

 俺も最近、親父とは連絡が疎かになってるからな。


 ももまろを飼いだした。としか送ってねぇ。

でさ、あんたの攻略法をいくつか聞いてきた
 は?
マジですか? ってか攻略法ってなに?
ないしょ
ふふっ

 そう送ってきたかと思えば、無茶苦茶笑顔で返してきやがる。


 ったく。親父に何を吹き込まれたかは知らないが、それならそれで好きにしろと思った。

親父。元気だったか?
…………
うん。今度落ち着いたら一回家に帰るって。ミユマユの家ともちゃ~んと集まらないとって言ってたわ

 そっか。それならいいんだけどな。

 というか。お前までミユマユと言い出したのには驚いた。

あんたの世話は任されたから。よろしくね

 あ~~。それで機嫌が良かったのか。 

 まぁもっとも。世話を任される前に、世話になりまくりなんだけどな。

よろしくお願いします

 笑顔には笑顔で返そう。

 ここで捻くれても何の意味もないし。


 すると向こうも負けない笑顔をぶつけてくると、さっきまでのサドっぽい聖奈ではなく、再び綺麗な聖奈へと変化しているのに気が付いた。



 う~ん。これは多分、一対一で喋ってるからなのか


 二人で喋る時はやたら口調が大人しくなるし、随分とやり易くなった気がする。それとも親父に何を聞いたのかもしれないし。


 まぁいいか。どちらにせよ、こんな近くにご機嫌オーラを出しまくってる奴がいれば、こっちまで楽しくなってくるってもんだ。


 ※


 そして三時限目の休憩時間。この教室に「ども~お邪魔します」と断ってから入ってくるのは紫苑さんだ。

み~ゆちゃん! ちょいこれ見てや。すんごい事になってるで
 そう言って遠方組に見せてくれたのは……なにこれ?
なんですかこれ。ベストだんじりオブザイヤーって

 思わず一番先に質問していた。だって……


 何だかよく分からんが、ランキングのトップになっているのが楓蓮だったからだ。


 ちなみにポイントがブッチギリであり、二位は魔優という……そしてかなりポイントが離れて、龍子さんの名前が載っていたのだ。

これな。その年のだんじり祭りに参加しよった可愛い子のランキングみたいなもんやねん。

ウチら地元やったら結構メジャーやねんけど、ここから有名人になった人もいてるし、これってめっさ凄い事やで。

 ちょ! そんな話聞いてないんだけど。
んまっ。楓蓮おねーさまぶっちぎり!
わぁお。めちゃ笑顔でしっ。あはっ

まだ集計終わってないけど。この順位は変わらんやろ

もしかして喫茶店にスカウト来るかもしれんし。

 あと一日集計するらしいが、誰がどう見ても順位が動かないのは明白であった。
みゅ~ちゃんも凄いやろ。あんときノリノリやったからな。
あ、あへ……

 苦笑いする美優ちゃんであった。そりゃそうだろ。

 あの時だんじりに乗ってたのは魔優だからな。


 そんな話をしていると、紫苑さんの後ろからスマホを覗きこむ男性陣が襲い掛かってきた

ちょ! 白竹さん! いつの間にだんじりの神輿に……

す、すっげ~~~!

このトップの人。知り合いですか?
そやねん。みゅ~ちゃんとこの喫茶店で働いててな……規格外の美人やろ?

白竹さん家に……そうなんですか? 

この人。すげー美人でしょ。

アイドル並みっつーかそれ以上じゃね?

リアでこんな人がいるのか

いあいあ。甘いぜお前ら。

楓蓮さんの美しさは銀河系ブッチギリだから。

でも凄いね白竹さん。二位とか。三位とすんごい離れてるし。

つまり、この二人がぶっちぎりだね

おっと早速ブクマしなければ。

この楓蓮さんの笑顔は至高の一品。喫茶店でもお目見えしねー激レアスマイルだ。

へぇ~~美優凄いわねっ。こんな事してたのね
あ、あふ。あふうぅ
そんで楓蓮がトップでめちゃ笑顔だし。何この笑顔

 そうなんだよ。そのランキングに乗ってる俺がさ……


 すっげーノリノリでハタキを振ってる様子が激写されており、自分自身でも、こんな顔でやってたのかと思うと非常に恥ずかしくなってくる。



 俺。こんな顔してたのかよ。

え? 楓蓮さんのこと知ってるん?
昔から知ってるわよ。幼馴染だから。
 当然とばかりにふんぞり返った聖奈に、紫苑さんは「へぇ~。そ~やったんや」とめちゃ親しそうに話す。
ウチは楓蓮さんには喫茶店でお世話になっててな
 この人は誰に対しても腰が低いよな。
あ、聞いた事あります。関西ちっくな綺麗な人がいるって

 なので聖奈も柔軟な対応で返事を返す。

 上級生なのが分かると、ちゃんと敬語だし。

んまぁ~~楓蓮さんったら! 恥ずかしいやんもうっ

 照れる紫苑さんは、ぶっちゃけ無茶苦茶可愛い。


 そんなやり取りの最中、紫苑さんのスマホを指を差すのは西部だった。

あぁ~~! じゃあこの人。黒澤のねーちゃん?

 とうとう西部に見つかってしまったか。


 どこまで知られずにいられるか、そう思ってたんだが。

そ~だよ。従姉弟のねーちゃんで、聖奈の友達だ

 正直に答えると、何故か西部は白目になっていた。


 するとクラスの男子生徒が紫苑さんの周りに集まると、勝手に盛り上がりやがる。

マジか黒澤? 美人すぎっだろ!
よし。今度黒澤の家に遊びに行こう!
いいなぁ。こんなお姉さん欲しい

ちょ~まって!

まぁ楓蓮さんがめちゃ美人なのはみんなが認めてるし。落ちつきんさい。

へぇ~~これが黒澤のお姉ちゃん? すっごい美人じゃないの
同性とは思えないくらい綺麗だし。

だぬ~~。

しかもめちゃ優しくて素敵な性格してらっしゃるし。

はいはい。このページのURL教えるから。落ち着いてや

 紫苑さんがそういうと、みんなスマホのページをコピペして、各々のスマホでだんじりページを見ていた。そんな時、自分のスマホを見ながら真鍋が声を張り上げる。

おい西部! もしかして

そうだ。コレだ。間違いない! ぜってーコレだよ!

今、世間を賑わしているブツは……これで間違いない。

 その会話だけで何となく分かるぜ。

 こいつらが指摘しているのはきっと……おっぱいだろ。


 そんな会話に食いついたのは、まさかの染谷くんだった。

おい西部。なんなの? 教えてくれない?

いや。これは……トップシークレットっつうか……

多分染谷には理解できない世界っつーか。

いいじゃねーか。ちょっと聞かせて欲しいな

 そう言いながら西部の肩に腕を乗せた染谷くんは、その場から廊下へと消えた。


 ちょっと染谷くん。

 あの会話でどの部分に食いついたんだよ。

へぇ~~楽しい事やってたんじゃない
あ、あひ! こ、今度は聖奈ちゃんも一緒に行こうよ
そうね。そーいう行事もみんなで行きたいわね
そうだな。聖奈も行こうぜっ。楽しかったぞ
うんっ!

 素直な返事だった。


 今までなら……

 俺が楽しんでいるとネチネチ愚痴られるかと思ったが、どことなしか余裕すら感じるぜ。


 ここまで来ると逆に怪しく感じるほどであった。

 まさかとは思うが……親父に何か吹き込まれてて、こんなに余裕なのか?




 そして廊下を見てみると……西部と真鍋。そして染谷くんが話をしているんだが、ぶっちゃけ何を言われているのか気になってしょうがない。

でさ、みゅ~ちゃんとこもわんちゃん飼うの?
あひっ! 飼います! ママにも許可を貰いましたのでし
え? 美優のとこも飼うの?
うにゅうにゅ。だってわんちゃんめちゃ可愛いですの
あはっ、ウチが一大ブーム呼び起こしてしもうたな
週末には坂田さんにお譲りしていただく予定です
そういう計画になってるもんね~~
 坂田さんがグっと親指を立てていた。そっか、既に決まってたんですね。

みんなで散歩行こうっ! ついでに駅前のペットショップ行こうやっ!

ダックス軍団で!

 わんちゃんの話題で盛り上がっていると、自分の席に返って来た染谷くんが自分の鞄を抱えだした。
どうしたの?
あ、いや……ちょっと用事があってさ。帰るね
え? 今から?

 にこやかな笑顔は変わらない染谷くんだったが、廊下を見るとそこには、鼻含む上級生が数人こちらを伺っている。


 何人か楓蓮で見かけたことがあるが、どうやらヴァルハラチームの奴らっぽい。



 染谷くん。もしかして龍子さんの指示で……何か頼まれているのだろうか。

 そんな事が頭を過ぎると、俺も自然と立ち上がって染谷くんについていく。

染谷くん。何かあった?

 もう一度質問すると、いつものニコ顔が半減していた。

 しかも上級生や鼻達は極めて真剣な表情を染谷くんに向ける。

大したことないよ。ちょっとね……うちの姉から頼まれたことがあって

 そのまま階段へ向かおうとする染谷くん。この場では言い難い事なのか、鼻達と一緒にささっと行ってしまう。


 追いかけても仕方がないのでラインで《また教えて欲しい》と送信すると《分かった。ちゃんと理由は話すよ》と返事が返って来た。




 参ったな……ここまで事態が大きくなるだなんて。

 龍子さんはともかく、君は喫茶店に何も関係ないだろう?

あの感じだと蓮くんは……楓蓮さんの事情を知らないのかもしれない。

それなら俺からは言わない方が良いし、何よりも君を巻き込みたくない。


楓蓮さんを守るべく、一刻も早く万全の体制を整えねば。

―――――――――――――


次回、昔に思い描いた理想。


それは蓮が高校入学時に掲げた目標?

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介


 ★登場人物でも若干のネタバレを含みます。第一部からお読みいただきますようよろしくです。

 ★逆に第二部の登場人物を先に読んでから、第一部をお読み頂きますと、別の意味で楽しめます。

 

 ★読者視点は神視点。登場人物の心の声も聞こえます。(フキダシの色がこの色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年

 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 自分自身の事よりも、仲間の為ならば凄まじく有能になる。

 ★ 白峰楓蓮 しらみね かれん


 蓮の女性の姿。類稀なる美少女だが本人にはあまり自覚がない。


 外部には黒澤家の親戚(蓮の姉)となっている。

 楓蓮では世間との関わりあいを最小限にしてきたが、徐々に一人の女性として目覚め始める。

 

 自分を理解してくれる人間が増えるたびに楓蓮は飛躍的に成長してゆく。  

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生

 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。

 

 二部中盤で凛オンリーの章があります

★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは黒澤家の秘密を知るものだけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。

★ 黒澤 玲斗 くろさわ れいと

★ 白峰 麗華 しらみね れいか


蓮や凛のお父さん。ただいま遠方で仕事中。

麻莉奈や平八。ティナとは大親友。


後半から再び登場します

★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。

 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。


 高校当初から蓮と関わりを持ち、お互いに影響されてゆく。無二の親友?

 記憶喪失だったが、徐々に昔の事を思い出してゆく。


 二人目の主人公。

★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲

 おっぱい職人。ツイッタのフォロワーは10万以上の有名人。

 作中でも最強だと言われるが……

★ 白竹 美優 しらたけ みゆう

 

 男女入れ替わり体質

 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。とても内気で、語尾が変になる。

 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は魔優と入れ替わっている

 歌が上手く、全国でも有名な絵師でもある。(エロ同人が本業)

 

 三人目の主人公。 

★白竹 美樹 しらたけ みき


 白竹美優の男性の姿。

 外部では白竹魔樹と名乗っているので、彼を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で厨房担当したり、サイクルの都合上、学校でも魔樹として振舞う。

 男の子の身体で遊ぶのが大好き

★白竹 魔優 しらたけ まゆう


 男女入れ替わり体質。

 外部では白竹美優と名乗っているので、彼女を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で接客担当。サイクルの都合上、学校でも美優として振舞う。

 心の中は女の子なので、こちらが真の姿となる。

 四人目の主人公

★白竹 魔樹 しらたけ まき


 魔優の男の姿。外部に知られているのは魔樹である。

 蓮の隣のクラスで、常にクール。成績も良く、空手や合気道を習得。

 学校内では魔樹王子と呼ばれるほどモテる。


 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は美優と入れ替わっている

 乙女ゲー大好きのツンデレ。

★白竹 麻莉奈 しらたけ まりな


美優。魔優の母。入れ替わり体質。


とてもピアノが上手く、蓮はプロの犯行だと断定。

双子の母だけあり、とても美人だが色々とヤバい人。

男の姿は、でかい上にマッチョらしい。


★ じいじ


 白竹家のおじいさん。喫茶店のオーナー。

 小太りでツルっぱげ。チョビ髭が可愛い。

 厨房担当で楽しい事があると、その場でクルクル回りだす。

★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 男女入れ替わり体質。

 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的で、クラスでも人気がある。

 楓蓮に一目惚れし、ずっと彼女を追い求める。

 オムライサーでありポニテマニア。

 

 五人目の主人公

★山田 龍子 やまだ りゅうこ


 龍一の女性の姿。

 楓蓮を追って同じ喫茶店で働く事になる。全国でも有名な山田組の人間。

 ケンカが強く、蓮も認めるほど。

 楓蓮に近づく男を排除しようとする俺っ子。

★山田 虎子 やまだ とらこ


男女入れ替わり体質。龍一の弟(妹)

全国統一を夢見る女の子。既にチームを結成しており、チームヴァルハラと名づける。

口調はキツいが、兄弟には頭が上がらない。

デコトラならぬデコチャリで街中を暴走する。

★染谷 翔一 そめや しょういち 


男女入れ替わり体質。龍一の兄(姉)

龍一が恐れる唯一の兄貴。百人でかかっても勝てないらしい。

ただいま、新婚生活真っ最中。

★染谷 桜 (そめや さくら)


 翔一の奥さん。普通の人間。

 とても清楚で大人しそうな美人だが染谷三兄弟は彼女に対し頭が上がらない。

 翔一を女らしくする為、日々調教中。

★百済 紫苑 くだら しおん


 高校二年。軽音部。実家はソッチ系統の百済組。

 楓蓮達と一緒に喫茶店でバイトを始める。関西弁ちっくな喋り方だが、とても優しく後輩想い。

 蓮の同じクラスである、米山まゆこと、坂田沙織は小学校からの付き合い。

 マイブームはマジョリーナちゃん(ミニチュアダックス)を可愛がる事。

★坂田 沙織  さかた さおり


 高校一年。蓮と同じクラス。

 いつもニコニコ。おっとりとした口調でマイペース。

 紫苑と同じ軽音部。ベース担当。

 親が犬のブリーダーで楓蓮に二匹のダックスを譲る。

★ 西部

 蓮と同じクラス。

 事あるごとに蓮に絡んでくるが、その目的は聖奈や美優と接点が持ちたいが為である。

 ツイッター名では「モントゴメリー」。おっぱい職人を神と崇める。

★真鍋

 蓮と同じクラス。西部の友達。

 頭は良く、テストでも上位だが、彼もおっぱい職人を神と崇める。

 ツイッター名は「穴バースト」

★米山 まゆこ (だんじりバージョン)


 蓮と同じクラス。坂田とは昔からの親友で、紫苑は先輩に当たる。

 魔樹王子にベタ惚れてしまい、蓮に紹介してもらえるよう頼んだ。

 バスケ部所属。一年なのに相当の実力を持っている。

★ 三輪 加奈子 みわ かなこ

 

 蓮と同じクラス。坂田沙織の友達で幼稚園からの付き合い。

 男の子同士がホニャララするのが好き。

★ 清原 愛美 きよはら まなみ


 魔樹と同じクラス。米山まゆこと中学時代からの付き合い。

 ちなみに魔樹王子と呼び出したのはこの子。

★ 梶谷


 蓮と同じクラス。西部の友達で小学生からの付き合い。

 バスケ部所属。一年でレギュラー筆頭。

★高坂


蓮と同じクラス。梶谷の友達。

ギャルゲーのアイドルプリンセスをこよなく愛する男の子。

★ 鼻


楓蓮が命名。

その昔、蓮にケンカ売ってきたり、美優をナンパしたり、ろくでなし男であったが楓蓮や龍子にボコられる。だが楓蓮に鼻を治してもらったと勘違いしている。

楓蓮に殴られてから、とんでもなく優秀な男へ変貌する(だがケンカは弱い)

★ヴァルハラメンバー 


 只今メンバーは八人。

 虎子率いるチームヴァルハラメンバー。俗に言う不良だが、楓蓮。龍子。虎子には従順。

 実は全員イケメンレベルだが、とにかく頭も弱く、ケンカも弱い。

 NO表示されており、変なヤツが混じってます。 

 竜王 冴子 りゅうおう さえこ


 高校一年。西部曰く、彼女と美神聖奈。白竹美優を三大美女認定している。

 いつも笑顔。とても愛想が良い彼女だが……

 王二朗曰く、超危険人物。鞄にスタンガンを隠し持ち、女の子を襲うらしい

★ 播磨 王二朗 (はりま おうじろう)


 高校一年。竜王冴子と共に登場。190センチの巨漢であり極道顔。

 とてもじゃないが高校生には見えない容姿に、シルエット姿となっている。

 警官とエンカウントすると、ほぼ職務質問されてしまう。

 ゴリラのモノマネが神がかっている。

★竜王 将哉 りゅうおう しょうや


 萌ゴリと共に現れた男性。とてもイケメンだが萌にナンパーマンであると暴露されてしまう。萌は恋人だと告げるが……楓蓮は最初から将哉を警戒する。 

★稲坂 萌 いなさか もえ


 楓蓮が早朝マラソンに出かけた際に知り合った女性。

 巨漢で筋肉質なので、楓蓮は男だと勘違いするほど。

 とても気さくでしゃべりやすい印象を受けた萌ゴリ。ちなみにラッキースケベ体質。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色