第一二話 はりせん柴田

エピソード文字数 2,357文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 大杯ぜんざい片手でご満悦顔の信長ちゃん。甘党だったのは史実と同じみたい。
 たしか、バナナを最初に食べたのも信長だった気がするぞ。あれ? パイナップルだったかな? まあ、いいや。
「万千代(丹羽長秀)、それはなんじゃ?」
 目論見どおり信長ちゃんがハリセンに興味を示す。
「はい、南蛮渡りの『はりせん』なる道具にございます」
「ほー!? 南蛮渡りとな!」

 長秀からハリセンを渡された信長ちゃんは、好奇心たっぷりの面持ちだ。
 ぺチーンぺチーン。
 自分の腕を叩いたり、腿を叩いたりしている。
 やったぞ、狙いどおりだ。

 素知らぬふりをして、太田又助(牛一)や森三左可成(よしなり)のグループに移動して、一緒に酒を飲むとしよう。
 飲みニケーションなる言葉を思い出す。命を預けるかもしれない同僚との関係は、円滑にしておかないとな。
 移動しようと立ち上がったら、ふと視線を感じて部屋の出口を見やると、ヒゲモジャの大男がこちらの方を見ている。
 ヤツだ! 柴田権六(ごんろく)勝家だ。なにやら物欲しそうな視線。

 意味するところは間違いない。
『なかまに なりたそうに こちらを みている』だ。
『なかまにしますか? YES/NO』
 もちろんYESの一択だ!
 出口に駆け寄り、勝家に声をかける。

「権六(柴田勝家)殿か? 殿もいらっしゃるが無礼講とのことだ。さあ入られよ」
(かたじけな)い!」
「又助! 三左! 権六殿が参ったぞ」
「おお、権六殿でござらんか。うふふ」
「権六殿、ようこそ。一献(いっこん)交えましょう」
 勝家を牛一と可成のグループへ連れていき、四人で酒を飲むことにした。

「改めまして。滝川左近です。よしなに」と、勝家に酌をする。
「柴田権六だ。ヌシが吉姫様お気に入りの死神左近だな。よろしく頼む。歳も同じであるし互いに励もうぞ。ワッハッハ」
 豪快に笑って肩をバンバンと叩いてくる。
 痛い。むちゃくちゃ痛いって。

「権六殿に手伝いいただいて、兵たちが日ごと強くなり感謝します」
「まさに権六大明神ですな、うふ」
 などと、可成と牛一も交じって盛り上がり始めた。
「大殿(信秀)に願い出て、ここ三日ほど那古野に手伝いに来ておるが、お主らは羨ましいのう。吉姫様の側で仕えられて。
 あ、大殿に仕えるのが嫌というわけではないぞ。ワッハッハ」

「権六殿もわが殿に仕えたいと? 非常に我らも助かりますな、うふふ」
 牛一、ナイスだ。信長ちゃんの配下を増やす大チャンスになった気がする。
 タイミング絶好だな。よし。
「吉様は今、大変ご機嫌の様子です。我ら全員で頼みにいきましょう」
 こうして、勝家、牛一、可成、おれの四人で、信長ちゃんの前に平伏した。

「ん? 揃っていかがしたのじゃ? 面をあげい」
「この柴田権六勝家、吉姫様にお願いの儀がございまして」
 と勝家が願いでたところ、予想通りの展開となった。
 信長ちゃんがハリセンで勝家の頭に向けて、
 バチーーーーン!!
 おー! いい音するよ。さすが、デキる子長秀の力作だ。
 側に控える長秀を含めて、皆が唖然としている。

「姫ではなく吉じゃ!」
「こ、これは……大変ご無礼(つかまつ)った」
「あ……つい手が出てしまったのじゃ。権六許せ」
「いえいえ、派手な音がしますが、全く痛くないゆえ、ワッハッハ」
 信長ちゃんと勝家のやり取りで、こみあげてくる笑いを必死でこらえる。

「はりせんなる南蛮渡りの道具じゃ。して、権六は話があるのだな? 申してみよ」
「はっ! この柴田権六、吉様に仕えることを許していただきたく。なにとぞ願います」
 勝家が平伏する。
(それがし)からも、是非!」
「拙者からも!」
「我からも、何卒お願い申し上げます」

 おれと牛一と可成の三人で、勝家に助け船を出すと、長秀も平伏した。
「わたしからも、お願いいたします」
 長秀は空気を読めるヤツだ。さすがデキる子だよ。
(おもて)をあげよ。許す! 権六、励むのじゃ」
「はっ! 有難き幸せ!」
「下がってよい。銘々、勝手に楽しむのじゃ」
 信長ちゃんは、おれに向けて、してやったりの表情だ。ニマっと微笑んでいる。さすがだぜ、信長ちゃん。

「この柴田権六、もう一つお願いの儀がござる。殿、その『はりせん』とやらで、ワシを打ってくださらんか。何やら気分が良くなるゆえ」
「ホウ?」
 パチーン!
「姫、有難き幸せ!」
「姫ではないわ! 権六! ヌシはわざとだな?」
 バチーーーーン!!

 勝家はハリセンで叩かれて、嬉しそうな表情をしている。
 おいおい、ロリだけでなく、Mの気もあるのかよ。
 史実の信長は、カッとして配下にいろいろやらかしてたからな。信長ちゃんは史実よりは、気性は穏やかのようだが、念のためにハリセンを作ってもらっていたんだ。
 ハリセンならば、叩かれても笑って済ませられはずだよね、きっと。

 ◇太田牛一著『公記現代語訳』一巻より抜粋
 あるとき、滝川左近が南蛮渡りのはりせんなる道具を、丹羽万千代に作らせて吉様に献上した。
 はりせんは長さ三尺(九〇センチ)、幅三寸(九センチ)ばかりの厚い紙を扇のごとく折り曲げ、一方を束ねたものである。
 後にその剛勇をもって天下に知られる柴田権六であるが、吉様に出仕(しゅっし)する(仕える)際に失言があったので、吉様にはりせんで折檻された。
 だがあろうことか権六は、はりせんの折檻を再三ねだるようになったので、はりせん柴田と呼ばれるようになったという。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み