第二七話 討ち取ったり

エピソード文字数 2,781文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月四日 三河国(みかわのくに) 安祥(あんじょう)城付近

 安祥城に近づくにつれて、防戦状況が見えてきた。喚声や物音はするけれど、城攻めがされていない。おそらく、我が軍の反撃で、攻め寄せてきた岡崎勢を、押し返したのだろう。つまり、有利または勝ちってわけ。
 気分が楽になり、安堵の息が漏れた。きっと信長ちゃんも無事だろう。

 ふと、三騎の騎馬武者がこちらに駆けてきた。敗走してきた敵の将だろうか。いずれにしても、味方の将ではない。ならば逃しはしないぞ!
槍衾(やりぶすま)用意! 弓と鉄砲、射撃はじめェエ!」
 槍衾は騎馬の勢いを止めるため。槍の石突(いしづ)き(槍の柄の元部分の金具)を地面に突き刺して、槍の穂先を斜め前方に集団で突き出す戦法。槍衾によって騎馬の突進を防ぐんだ。

 鉄砲の照準を合わせようとしたとき、馬を矢で射られたため、落馬した一人の武者が目に付いた。鎧武者はよろよろと立ち上がろうとしている。牛一が馬を止めたのかもしれない。
 おれの獲物はお前だ。狙いを定めて引き金を落とす。
 ――射撃成功。ドウッと倒れる。
 弓隊と鉄砲隊の面々も散々に撃ちかけて、残り二人の騎馬武者も動かなくなった。
「よおし! 撃ち方やめぇえい!」

 伏兵に志願した甲斐があった。史実でも大勝だったし、松平勢が敗走するなら、確実に名のある将を討ち取りたい。おれ自身の武功につながって織田家中での発言力も増すだろうし、松平勢の弱体化に繋がる。
 目論見通りの戦果に満足してガッツポーズをしたくなる。だが配下もある身。落ちついて討ち取った騎馬武者を検分しなくては。

 ゆっくりと歩みを進めて、仕留めた武者の様子を窺う。青白い顔で二十歳ぐらいのおれと同じ年回りの若武者。目に生気がないので、既に絶命しているようだ。見覚えのない顔だが、鎧に描かれた家紋は知ってるぞ。ドクンと心臓の音が聞こえた気がする。
 テレビで観た『水戸黄門』の印籠にあった『三つ葉(あおい)』の家紋。つまり、敵大将の松平次郎三郎(じろうさぶろう)広忠(ひろただ)だ。

「松平次郎三郎(じろうさぶろう)ォオ討ち取ったりィイイ!」
「オオオオオオオーッ!!」
 大声で吠えると、味方は大歓声で湧き上がる。
 よし! 大将の討死を浸透させれば勝ちだ。勝手に敵兵は四散するだろう。
「総員、叫べぇえ! 無抵抗な兵は逃してよい」
「松平次郎三郎をォ! 討ち取ったァア!」
「松平次郎三郎ォ! 討死にィイ!」
「敵大将を討ち取ったァア!」
 命令に、織田兵たちが叫び、さらに歓声があがる。

 正直なところ死体を扱うのが、気持ち悪かった。情けないことだが、鉄砲隊の兵に頼んで、松平広忠の首を切り取りと運搬をお願いする。いったん首を持ってみたけれど、ズシッと重いんだな。
 今回は大将を仕留めた勝ち戦だから、さほど問題にはならない。だけど、勝ちを収めるまでは、今後は首級(しゅきゅう)を打ち捨てた方がいいかもしれないな。重い首を持ち運ぶと、機動力は格段に落ちる。

「左近、敵大将とは大手柄ですな。さすが死神左近! うっふっふ」
 太田牛一が、ニコニコと声を掛けてくる。
「又助が馬を止めたんだろうが」
「さあ? 勝手に落ちたんではないですかな、うふ」
 牛一、お前はまったく気のいい奴だよ。信長公記になんて書くんだい?
 兵たちに叫ばせながらゆっくり安祥城に進軍していると、味方の騎馬武者の一団がやってきた。すでに、残敵は掃討したらしい。柴田勝家だ。

「ワッハッハ! 左近、ようやった。ワッハッハ!」
 勝家は大笑いしながら、バンバン肩を叩いてくる。
 満面の笑顔の信長ちゃんもやってきた。黒い鎧に、金色の織田(おだ)木瓜(もっこう)家紋の前立てに飾られた黒兜。鉄砲隊のマントを着ている信長ちゃんは、現代の『信長公』のイメージに近い。

「左近、天晴れなのじゃ。勝どきをあげる。エイ! エイ!」
「オオオオオオオーッ!!」
「エイ! エイ!」
「オオオオオオオーッ!!」
 ひとしきり勝どきをあげると、信長軍は高揚感とともに安祥城へ向かった。

 ◆天文十四年(一五四五年)十月四日 三河国(みかわのくに) 安祥(あんじょう)

 安祥城の二の丸に間借りしている陣に戻ると、信長ちゃんはテキパキと工兵隊に死体を埋める指示をしたり、戦勝報告の文を書くなどの残務処理中だ。
 尾張の状況が不明なので、討ち取った敵将を確認する首実検(くびじっけん)はしない。急いで陣容をまとめて、那古野に戻ることが決定している。
 陣払いや、武具の手入れ、小荷駄隊の兵糧積み込みなどに、周囲も出発準備に慌ただしい。

 状況の整理をすると、一刻(二時間)ほどで今回の戦闘は終わっている。
 伏兵の森可成(よしなり)隊の突撃、城内からの信長ちゃんと織田信広勢、刈谷からの水野信元勢の三方からの攻撃がほぼ同時に行われた。そのため松平広忠の軍勢は、大混乱に陥ったようだ。

 広忠重臣の本多忠豊(ただとよ)(本多忠勝(ただかつ)の祖父)と忠高(ただたか)(忠勝の父)親子が、血路を開いて松平広忠を逃亡させることに成功。だが本多親子は囮となり、城門付近に留まったため奮戦のうえ討死する。
 そうして戦場を逃げ出した松平広忠が、ゆるゆる進軍していた伏兵のおれの前に現れたってわけだ。
 圧勝ではあったけれど、長槍隊に九名の戦死者が出たのは残念だった。

 史実で、桶狭間の戦いの後に結ばれた、信長と家康の清洲同盟はどうなるんだろうね? おれが、家康パパを討ち取っちゃったんだし。松平家の恨みを買うのは間違いないだろう。
 だが構わない。確かに家康は史実では天下人となったが、偶然の要素もかなり強いはず。尾張以東が安全なら、これから西に勢力を広げる織田家の戦略は、家康と同盟を結ばなくても可能だからだ。

 また後の徳川四天王で、戦場で無傷だったといわれる猛将本多忠勝(ただかつ)は、一五四八年生まれなのに、父親の本多忠高(ただたか)を討ち取ってしまったから生まれないことになる。だから忠勝の娘で現代日本の戦国ゲームで人気だった、後に真田信之(のぶゆき)の奥さんになる小松(こまつ)姫((いな)姫)も当然アウト。男勝りと伝わる姫は、見てみたかったけれど。

 他にも織田信広や水野信元が、松平方の将を討ち取っているようだし、史実の有名人が生まれないかもしれない。
 どんどん加速度的に、おれの知っている歴史とずれていく不安がある。もちろん情報が入ってきていない尾張情勢も不安だ。
 だけど、いまは信長ちゃんの初陣を、大成功に飾れたことを素直に祝おう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み