第二五話 三河安祥城にて

エピソード文字数 3,094文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月三日 三河国(みかわのくに) 安祥(あんじょう)

 諜報衆の忍びの報せによれば、松平広忠(徳川家康の父)が率いる岡崎勢は、まだ出陣していないらしい。そこで我が信長軍は、信長ちゃん庶兄(しょけい)三郎五郎(さぶろうごろう)信広の居城、安祥城に入る。
 英気を養って合戦に備えるためだ。

 安祥城の二の丸を間借りして、我が信長軍は軍議を始める。
 信長ちゃんを見れば、昨日の白い鎧からガラリと違って黒光りする鎧を着用。あら、鎧も着替えるんだね。
 髪はいつもどおりポニテだが、うす緑の平紐でまとめあげている。おれが先日プレゼントした、うす緑の髪飾りに合わせたのだろうか。かなり嬉しい。
 彼女の表情を窺えば、少し緊張している様子。

「揃ったようじゃな。軍議を始める。まずは、左近からなのじゃ」
「はっ! では」
 作戦目標を諸将に周知させるために、信長ちゃんに頼んだんだ。作戦目標を明確にして、誤った作戦行動をしないようにする。彼らが将来、軍を率いる時にも、きっと必要になるぞ。

「まず、この戦の目的を優先度の高い順で説明します。
 第一に、殿は初陣のため勝利が必要です。
 第二に、この安祥城に攻め込む岡崎勢を追い払います。
 第三に、今後しばらくは、岡崎勢が戦をできぬように、将を潰します。
 第四に、松平次郎三郎(じろうさぶろう)(広忠)の首を取ります。
 次に岡崎勢は、まだ着到(ちゃくとう)(出陣準備の手順)をしています。今夜の夜襲の可能性はあるものの、おそらく明朝から午後にかけて来襲します。軍勢は、一四〇〇から一六〇〇と思われます」

「左近からは以上である。ここまでに何かあるか?」
「まだ岡崎城にいるなら、毒を盛るってどうすかねえ?」
 信長ちゃんの問いに、佐々(さっさ)与左衛門(よざえもん)成政(なりまさ)が軽い調子で答えると、どっと笑いが起きた。
 成政は試し戦の際、兄二人に毒を盛って功績を(たた)えられている。二匹目のドジョウを狙っているのだろう。
 だが、成政よ。史実のキャラと外れて成長していきそうだぞ。

「たわけっ! そもそも間に合わんじゃろ」などと、柴田勝家に、バンっとはたかれる。
 おや? いつも仏像スマイルで、まったく表情が見えない諜報衆の多羅尾光俊の口元が、ピクっと動いたぞ。もしかして、ウケているのか? まったく難易度の高い義兄者(あにじゃ)だよ。

「次席として滝川左近、三席として柴田権六(勝家)をおく。ワシに万一があれば左近に、次に左近に万一があれば権六に、粛々と従うのじゃ」
 顔を見合す諸将たちに、信長ちゃんが重ねる。
「死なずとも、気を失うことなどもあろう。ヌシらも今後ワシを見習うのじゃ。よいな?」
「ははーッ!!」
 これも信長ちゃんと打ち合わせて、予め軍議で話すと決めていたこと。将の戦死など戦闘不能による、戦線の崩壊や指揮権の混乱を防ぐためだ。

「軍勢を二つに分ける。城内主力と伏兵じゃ。敵を充分に城に引きつけ、攻撃をさせている際に、伏兵が背後から敵を混乱させる。混乱に乗じて、城内主力が安祥勢とともに打って出るのじゃ」
 布陣と作戦を説明する信長ちゃんに、ゴクリと息を呑む者もいる。

「伏兵は又助(太田牛一)、三左(森可成)を左近が率いるのじゃ。長槍七〇、騎馬五、弓十五、鉄砲四〇を与える。報せあり次第出陣せよ」
「ははーッ!!」
「以上じゃ。それぞれ休め!」

 伏兵をおれが指揮するのも、予め信長ちゃんと決めていたこと。おれはこの先、合戦では信長ちゃんの副将や参謀となるのだろう。それでも、この時代は『軍師』のような都合のいいポジションは存在しておらず、槍働き――合戦での活躍が将の格の高評価に繋がる。内政官のイメージの強い石田三成も、若い日に一番槍の功名をあげたほどだ。

 だからあえて、危険と他人に思われるだろう伏兵を志願したんだ。史実と異なる一抹の不安はあるけれど、まず生命の危険はないだろう。
 史実で僅か千の軍勢で、三万ともいわれる敵を追い払った、『攻めの三左』もいるし、弓の名手の牛一もいるうえ、鉄砲隊には精鋭の射手を選抜している。

 信長ちゃんは、『ワシの傍にいてくれぬのか……』と難色を示したけれど、
『姫、大丈夫です。おれには未来が見えます』と押し切った。
 賭けに出るなら史実とのズレが少ないうちが、勝ちを拾う確率は高いだろう。

 軍議が終わって、しばしのリラックスタイム。
 パチパチと()ぜる焚き火を眺めながら、そういえばおれも初陣だったな、と思い出す。
 試し戦を経験していてよかった。でも明日は、実際に多数の死傷者が出る凄惨(せいさん)な戦になるだろう。
 ふうっ、とため息をついていると、声を掛けられた。

「さこん。頼み通り刈谷(かりや)に、文を送っておいたのじゃ」
 信長ちゃんは、ちょこんとおれの横に座る。
 西三河の刈谷城(愛知県刈谷市)の水野信元(のぶもと)は、妹の於大(おだい)の方を、松平広忠に嫁がせている。彼女が竹千代(家康)を産んでいるから、松平広忠の義兄であり、家康の伯父にあたる。

 信元は一昨年に今川家および松平家と絶縁して、織田家に寝返って協力する意向を示した。おそらく一族との争いに終止符を打ち、知多半島の統一を目標としたのだろう。妹の於大(おだい)の方は、絶縁を機に離縁されて、刈谷に戻って来ている。

 だが水野信元は、三河へ勢力を伸ばそうとした信パパに対して、これまではさほど協調的ではない。
 縁の深かった岡崎松平家との関係もあるのだろう。様子見をして、織田家が不利になったら、再度寝返ってもおかしくない。
 そこで、信長ちゃんに今回の合戦につき、文を送ってもらうようにしたわけ。

「なんと書きました?」
「ワハハ。『織田の大うつけ姫の勝ち戦を安城にてご覧召されよ』と送っておいたのじゃ」
 完全にいたずらっ子の目をしているよ。美少女上司の外交センスは、史実の信長同様に凄まじい。いや、史実以上かもしれない。

 十二歳の女子にこのような挑発的な文を書かれたら、実際に戦うかは別として、水野信元は幾ばくかの兵を引き連れて、出陣しなければならないからだ。
 仮に出陣せずに、信長軍が勝利を収めたら、水野信元の政治的権威は完璧に地に堕ちる。

「殿、最高です!」
 信長ちゃんは、ニッと笑いはしたが、急に寂しげな顔になった。
「明日は勝てるかな?」
「はっ! 必ずや『ブイ』でありましょう」
 信長ちゃんの不安を振り払うように、ぱしっと左手でVサインを作る。

「ワシは、ぶいなのじゃな。しかし、尾張はいかがであろうか」
 だいぶ表情は明るくなったが、まだまだだ。
 尾張とは、陽動作戦を行い、敢えて敵に攻めさせる動きをしている信パパのこと。
「大殿ならばまず間違いないかと」
「ワシは、早く敵を打ち払いたい。父上の願いを叶えたいのじゃ」
「大殿の願いとは?」

「うふふ……。なんでもないのじゃ」
 あれ? 珍しい笑い方をしているな。なんだろう。
「…………」

「さこんっ?」
 少し考え込んでいたら、明るい声がかかる。
「はっ」
「明日戻ってこねば許さぬ! 貴様の素っ首貰い受けるのじゃ」
 物騒な言葉とは裏腹にニコニコとしている。

「はっ! 必ずや無事に姫の元に戻ります」
「で、あるか」
 おれの返事に、満足そうにニンマリとする信長ちゃんがいた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み