第7話 手術

文字数 1,058文字

「待てよ。それってなんかむなしくないか。こんなに頑張って生きて来て、得た物が生まれた時の命だけって。そんな、小さな物しか俺にはないのか。俺は大金持ちだ。小市民みたいに命あっての何て考える人間じゃないぞ。きっと、見えないだけだ。俺には、もっと大きな人には手に出来ないような大切なものがある。」

何度も思考を繰り返すうちに、自分の考えている事に意味を感じなくなっていった。
大切な物を探して俺はどうしたいんだ。
彼は深い思考に落ちた。
無の中から得られる考えを一生懸命に探した。

手術当日。

「これから手術台に載りますからね。」

聞いた事のない看護師の声が聞こえたかと思うと眠りに落ちた。
今回、腫瘍の大きい部分の切除が行われ、放射線はその後となる。
まだ30代で体力的にもしっかりしている事が理由らしい。
今回の手術に関して、予定を3時間も超過し、大手術となった。
眠りに落ちている遥佑はそんな時間も萱の外だった。
あれから、思考を重ねたが、大切な物を自分がどうしたいのかは分からないままだった。



微睡みの中で遥佑は地平線をめがけて泳いでいた。
必ず自分には見つかると幾ら泳いでも見えない陸を探した。
腕がもう上がらない。
足が動かない。
もうここまででいい。
陸なんかないんだ。
前も後ろも海水に包まれた地球。
今の時代には陸などない。
海だけが只広がっている。
俺は溺れて死ぬのか。
もしかしたら足が届くか。

「ごほっ。」

届かない。
駄目だ。
溺死だ。
誰か、助けてくれ。



目を開こうとした時。

「目を覚まされましたね。手術は成功ですが、これから放射線治療に頑張りましょう。」

見たくも無い西木野医師の顔が近くにあった。

「近いよ。」

心の呟きを咀嚼しながら遥佑は目を覚ました。



「俺はもしかするといつまでも尽きることのない堂々巡りの中にいるのか?大切なものを探しているうちに現実の大事なものを見失ってしまっているのか。」

手術室から、高い料金を払って借りている特別室に戻ると遥佑はベッドから見上げた病室の白い天井に自分の今を投影していた。

「この白い天井が物語っている。何もないところには何も有りはしない。俺は形あるものをやり方はどうあれ作ってきたんだ。それには俺の命が入り込んでいる。良いか悪いかは他人に決めさせるものじゃない。自分がそれで良しとした物は良い物であって大切にしなきゃいけないんだ。それが俺にとっての大切な物になるんだ。そうだ、探すんじゃない、見つける事だ。俺にはたくさんの大切な物があるはずだ。」

そう考え、過去をこの機会に振り返る事にした。
生まれた場所、東京から。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み