116

エピソード文字数 902文字

 救護所に藤掛永勝(ふじかけながかつ)羽柴秀吉(はしばひでよし)が駆けつけ、その場は一気に緊張感に包まれる。

「殿!小谷城はさらに火の海。お市の方様と姫君を救い出さねばお命が……!」

 信長は秀吉に冷たい視線を向けた。

「死にたい者は死なせておけばよい」

「殿!お市の方様は殿の妹君ではありませぬか。3人の姫君は織田の血を引く姫君であらせられますぞ!どうかご慈悲を!」

 秀吉はお市の方と3人姫君を救うべく、必死に命乞いをした。

「紅が、お市とともに清洲城に戻ると言うのなら、お市の命を助けてやってもよい」

 あたしが清洲城に戻ることが、お市の方の命を助ける交換条件……。

 それならば……
 致し方ない。

「わかりました。お市の方様と姫君とともに、必ずや清洲城に戻ります。殿!一刻も早い決断を!」

「皆の者!浅井長政、浅井久政の首を打ち取るのだ!万福丸(まんぷくまる)も逃すでないぞ!よいな!」

 まだ幼き万福丸まで討ち取れとは……
 信長はもはや正気の沙汰ではない。

 目の前にいる信長は……
 鬼だ……。

 地獄絵図の中でメラメラと燃え盛る……
 赤鬼だ……。

 お市の方と3人の姫君(茶々(ちゃちゃ)(はつ)(ごう))は、羽柴秀吉により無事救助された。

 “浅井長政と浅井久政は自害し、万福丸(まんぷくまる)は捕らわれ殺害。次男の万寿丸(まんじゅまる)は出家。長政の母である小野殿も殺害された。”

 あたしは信長との約束通り、お市の方と3人の姫君とともに清洲城へと帰還する。

 信長は半月の間に、長島周辺の敵城を次々と落とし、その勢いは留まることはなかった。



 ―清洲城―

(紅、よくぞご無事で。傷の具合は如何ですか?)

 地獄のような戦場から帰還したあたしは、帰蝶の優しい笑みに荒んだ心が救われた。

「於濃の方様、無様な姿をお見せし、申し訳ございませぬ」

(何を申す。もう十分尽力されたではありませぬか)

 帰蝶の優しい眼差しが、姉と重なる。
家族の元に帰ったような、あたたかな温もりに包まれ、合戦で疲れた身も心も穏やかになれた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み