38

エピソード文字数 734文字

 信長とあたしの一騎打ち。
 しんしんと降る雪の中で、木刀は激しい音を鳴らす。これが真剣なら、あたしは斬り殺されているだろう。

 信長に叩きのめされ、足の痛みに耐えきれず、あたしは地面に倒れた。信長は勝ち誇ったように、あたしに木刀を突きつけ見下ろした。

「傷を負いながら互角に打ち合うとは、なかなかの腕前。平手、怪我の手当てをしてやれ」

「手当てとな。信長様、この男をどうなさるおつもりで?」

「たいそう興味深い男ゆえ、わしの側に仕えさせる。平手が、この者を指南せよ」

「な、なんと。信長様一人でも手を焼いておるというのに、このような無法者までわしに指南しろと」

「平手、何か申したか?」

「いえ、何でもござりませぬ」

 平手は苦虫を噛みつぶしたような顔で、あたしを見た。信長は木刀であたしの顎を持ち上げた。

「貴様の名を聞いてなかったな。名は何と申す」

「……(くれない)

「紅とな?変わった名だな。その(なり)は目にあまる。そなたに羽織袴を授けよう。怪我の手当てを受け着替えるがよい」

 信長はあたしに背を向け、汚れた足をたらいで洗いその場から立ち去る。

 あたしは家臣に支えられ縁側に座り、足を洗い奥座敷に通された。平手は家臣に「もう下がってよい」と告げる。

 あたしは痛む足を庇いながら、畳の上に座る。平手はあたしの前にドッカリと腰を降ろした。

「このような変わった身形をした男は初めてじゃ」

 平手はあたしのズボンを膝まで捲り上げ、傷の手当てをした。

「男のくせにすね毛もなく、色白でスベスベとした肌じゃのう。筋肉もなく細くて折れそうじゃ。満足に食してないのか」

 平手は焼酎を口に含み、傷口にブーッと吹きかけた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み