詩小説『夜更けにひとりで漕ぎ出す小舟』3分の失った恋。全ての大人へ。

エピソード文字数 358文字

夜更けにひとりで漕ぎ出す小舟

ガラスの灰皿に、星屑を散りばめて。
煙のため息に、さらわれて、舞い上がる。

空のグラスには、抜け殻の私を重ねて、
後何杯、呑んだところで満たされないのね。

ネオンの通りは寒風に澄み切っていた。
この街にも、もうすぐ冬が来るのよ。

夜更けにひとりで漕ぎ出す小舟。
風の便りはないわ、あなたには、
辿り着けや、着けやしないわ。

街の映画館に、あの洋画が来たよ。
チケットは一枚、字幕は滲んだ。

哀しいシーンには泪して、
歓びのシーンには笑み零れ。

隣の横顔には幸せを感じて、
ひとつ空いた席を見た。

帰れるはずない想い出を旅する。
彷徨って、日が暮れて、
今日も、歩き疲れたわ。

夜更けにひとりで漕ぎ出す小舟。
風の便りはないわ、あなたには、
辿り着けや、着けやしないわ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公はあなたです。それぞれの恋愛模様を『詩小説』で。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック