第一八話 試し戦

エピソード文字数 3,189文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月中旬 尾張国 那古野近郊

 試射を終えた信長ちゃん、橋本一巴(いっぱ)、おれの三名は、軽く信パパに礼をして自陣に引き上げた。
 周りはシーンと静まり返ってる。よしよし。狙い通りだ。
 結果はわかってるぞ。鎧の用を足さなくなった、金属の塊があるだけだからな。きっと、信パパや古渡勢の度肝を抜いただろう。
 下手に何も言わない方が、きっと効果的だろうと思ってね。

 試し戦は四半刻後(三〇分後)と決まったので、五町×二町(五五〇メートル×二二〇メートル)の戦さ場の片側に、おれたちは陣を構えた。
 長槍は三〇名ずつ森可成(よしなり)と柴田勝家の指揮下に置く。合計六〇名。
 騎馬は、森可成(よしなり)、柴田勝家、信長ちゃん、おれ、佐々成政 で五騎。可成と勝家に九騎ずつ指揮させ、親衛隊の(うま)(まわ)り二騎で合計二十五騎だ。
 弓は、太田牛一が九名を率いて合計一〇名。
 鉄砲は、橋本一巴(いっぱ)が丹羽長秀ほか助手を三名率い合計五名。
 以上が信長ちゃん率いる那古野勢一〇〇名の陣容だ。

 いよいよ、試し戦が始まる。
 信長ちゃんは、マントは脱いで白い鎧の上に紺色の陣羽織。兜はつけずに、白い鉢金鉢巻で髪をおろしてる。おれは、ロリではないけれど、この美少女姫武将には参ってしまうな。五、六年後には、はっと息を呑むような美少女に成長するのは確実だろう。
 おれと信長ちゃんの馬には、特製の銃のホルスターをつけているので、それぞれ二丁の銃を携帯している。

 森長槍隊は中央左、柴田長槍隊は中央右。弓鉄砲は長槍隊の前側。森、柴田の騎馬は右翼。信長ちゃんとおれがいる本陣は長槍の後方。これで布陣完了。

 合図の大太鼓が、ドンドンドンと連打されて、戦闘開始だ。
 信長ちゃんの様子はどうだ? 意外とすました顔だな。
 大丈夫。勝てるよ。相手が知らない有利な点がおれたちにはある。

「長槍、弓、鉄砲はゆっくり前進! 弓鉄砲は相手の長槍を狙い、一当て直前に後方へ退避するのじゃ。長槍隊は相手の長槍を崩せ。長槍隊が敵長槍隊に当たったら、三左は相手騎馬を挑発だ。権六は相手長槍の死角から突き崩すのじゃ」

 信長ちゃんがテキパキと伝令して、ゆっくりと我が信長勢は、大殿率いる古渡勢へ向け進軍する。
 弓は(かぶら)矢、鉄砲は空砲で判定人により討死を確認するから、あまり期待できないかもしれない。

 ヒュルルルルル、ヒュルルルルルという連続した鏑矢の音が聞こえる。
 弓の射程に入ったんだろう。
 牛一頼むぞ。というか判定人、しっかり見ておいてくれ。
 鏑矢の音に混じって、鉄砲の音も聞こえ始めた。だいぶ敵勢に近くなったのだろう。

「ワシらもゆっくり前進じゃ」
 信長ちゃんの命令に従い、本陣も敵方へ接近する。やがて、カンカンカンカン、といった槍と槍がぶつかる音や、ワアアアア、とどよめきが聞こえてくる。
 接敵したのだろう。
 我が那古野勢が、若干押しているような気もするけれど、詳細は分からない。

 太田牛一と橋本一巴の弓と鉄砲隊が後退してきた。
「殿、我らに死者はありませんが、戦果も不明です」
 やはり、模擬戦のため、弓鉄砲は戦果が判別しにくいのだろう。鉄砲を効果的に使おうとしていた当初の目論見が、若干崩れている。
 だが、ここで退く訳にはいかない。信長ちゃんも、「弓と鉄砲は、右翼に回って、馬を狙うのじゃ。馬を潰せ」と、冷静に指示を出す。

 弓隊と鉄砲隊が右翼に進出したところで、
「さこん、ワシは父上に勝てるか?」と、眉をひそめたような顔つきの信長ちゃんが()いてきた。
 そりゃあ、不安になってもしょうがないよな。うん、信長ちゃん。君は頑張ってるよ。

「殿、大丈夫。勝てますよ」
 おれは、元気づけるようにニカッと笑って、左手を突き出してVサインをした。
(ふた)つ?」
「勝利のしるしで、ブイといいます。(それがし)は未来が見えます。殿が勝利するのは間違いありません」
「うむ。ワシは勝つのじゃな? ぶいじゃな?」
「はい、勝利のブイです」
「で、あるか。よし、長槍を潰しにいくのじゃ。さこんも参れ!」

 キッと引き締めた顔をした信長ちゃんに続いて、おれは成政他二騎の馬廻りを連れて、敵の左翼側へと馬を走らせた。
 馬を進めていくと、三間半(六.三メートル)の長槍のせいか、味方兵の数はほとんど減っていない。だが、敵もさるもの。歴戦の兵士が多いためか、崩壊せずに踏ん張っている。
 
 可成と勝家は逆側の右翼だ。
 よし、うまく空いてる。このまま相手の長槍隊の後ろに回り込んで、長槍を撹乱すればこちらの勝ちだ。
 よし! いける!

 と思いきや、二人の騎馬武者が進路を塞ぐように駆けてきた。
 おれたちは五人といっても、鉄砲は判定人しだいなので期待できない。馬廻り三騎で、どれだけ対抗できるか。よくて相討ち、いや無理だ。

 まずいな。
 ホイッスルで長音二音。ピーーーーピーーーー。
 打ち合わせ済みの合図を送った。うまく聞こえてくれれば、正義の騎士(ナイト)が駆けつけてくれる。
 早く来てくれ! 頼む!
 思わず、心の中で祈ってしまう。

「こんなところに大将がいるとはなァア! 可愛い姪といえども戦の習い。討取らせてもらうゥウ!」
 ちょび髭がニヤリと笑う。
 信パパの弟の織田孫三郎(まごさぶろう)信光(のぶみつ)小豆坂(あずきざか)七本槍(しちほんやり)の一人。武芸も達者な猛将だ。
 厄介な奴が出てきた。信光叔父の隣の武者は、知らない男だがこれまた強そうだ。とてもじゃないが、歴戦の武将に白兵戦で歯が立つわけがない。
 くっ。早く頼む! 姿は見えない盟友に念を送る。

「ワシを織田(きつ)と知ってのことかァア!!  控えよ、下郎(げろう)!! ヌシを狙ってるのが、死神左近と分かって吠えるか!!」
 信長ちゃんは、叔父さんに『控えよ、下郎』とか言っちゃってるよ。
 大ピンチに怯んだ素振りも見せずに、素晴らしい度胸だ。
 いいぞいいぞ、信長ちゃん。
 そうやって、時間を稼いでくれ。おれたちには時間が味方だ。どうでもいいが、信長ちゃんには、死神左近って呼ばれたくないぞ。

「死神左近といえど、試し撃ちと戦場は違う。さて、当たるかなァア!?」
 ちょび髭が嘲笑(わら)う。
 ごめんなさい。模擬戦で空砲だから、そもそも当てようがないんです。
 でもね、あなたの負けなんだ。すぐそばまで正義の騎士(ナイト)が来ているのに気がついてないでしょ?

「フハハハハハハーッ!! 戦さ場の血だまりになりたいのはどいつダァァアア!!」
 横合いから飛び込んできたのは、森可成。
 虚を突かれたうえに、可成の槍で左半身を痛撃されたので、信光はたまらずドウっと落馬する。

「フハハハハハハーッ!! それとも、こいつかァァアア!! こいつかァァアア!?」
 可成は倒れて動けない信光叔父を尻目に、すぐにもうひとりの武者を、槍でガンガンと連続して叩いている。鎧があってもどう見ても一振り一振りが痛打だよ。
 騎士(ナイト)でなくて、狂戦士(バーサーカー)を召喚しちゃったみたいだけど、誤差の範囲だよね。助かったよ。

「与左衛門(佐々成政)、孫三郎殿の首取りをしておいて」と、指示を出す。
「えっ? おれっちの手柄でいいっすか?」
 いや、それはちょっと無理だと思うが、どうしても手柄にしたければ、あのぶっ飛んでしまった狂戦士モードの可成に頼んでみるといい。今は普通の日本語では通じないと思うけど。
 成政に後を任せると、おれたちは長槍隊の背後へと迂回していく。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み