美代子への手紙

文字数 1,507文字

 美代子様  
 ありがとう。今、私は君に対する感謝の気持ちでいっぱいだ。
 僅かな時間ではあったが、とても幸せだった。君に逢えて良かった。
 無理を承知で君に逢いに行ったのは、ある友人の言葉があったからだ。それは、その友人を助ける為でもあった。だが、助けられたのは私のほうだった。今はその友人に心から感謝している。
 抽象的な言い回しになってしまうが、君と逢った事により、私の中に渦巻いていた得体の知れない不安感が跡形もなく消えたのだ。本当にありがとう。
 君も知ってのとおり、私は人付き合いが苦手なほうだ。だが、今更であるが、人は協力して生きていかねばならない事を学んだ。自分一人で生きているわけではないのだ。
 これから日本は様々な困難に遭遇するだろう。だが大丈夫だ。人は助け合って生きていく事ができる。心配するな、この国の将来はきっと明るいものになる。私にはわかる。平和な時が必ずやって来る。
 君に出会えて良かった。君と一緒に勉強したあの時間。一緒に食べた豆餅。並んで座った公園の椅子。何もかもが懐かしい。
 君の声、君の肌、その大きな瞳……全てが愛おしい。
 私が生きた時間の中で、君と過ごした僅かな時間が、何よりも増して充実していた。ただただ感謝である。
 今は晴れ晴れしい気持ちでいっぱいだ。
 美代子、過去を振り返ってはいけない。先を見て生きろ。そして必ず幸せになれ。それが私の最後の願いだ。

 では、行ってくる。
                     昭和二十年七月十四日   相良秀則


「相良君……」                                  
 新一は、あふれ出た涙を抑える事が出来なかった。僕こそ君に助けられたんだよ。僕こそ……
「戦争って。戦争って悲しいね……相良少尉が、お婆ちゃんのお父さんだったなんて……」
 確かに秀美ちゃんが驚くのも無理はない。予想だにしていなかったのだろう。
「戦後、母はこの友人について調べたそうです」
 そう言いながら松子は、新一にハンカチを渡した。
「友人って新ちゃんの事だよね? でも、わたしがお婆ちゃんから受け取った手紙には新一って書いてあったよ。新ちゃんの事を調べたの? 新ちゃんはその時代にはいないのに?」
「秀美。よく考えてごらんなさい」
 松子は秀美のほうに顔を向けた。
 しばらくして秀美が気がついたようだ。
「あっ。そうか、記憶。記憶が無くなっちゃうんだ。美代子さんも、同じだったんだ」
「そうよ。私だって、あの手紙の事を思い出したのは一昨日前よ」
 言ってから松子は再び新一に向き直った。
「父にはW大学で同期の上田という友人がいました。唯一の友人だったようですが、彼は、その手紙に書かれた友人に心当たりは無いと言ったそうです」
「美代子さんは上田少尉に会いに行ったのですね」
「はい。それがいつの頃かは記憶にありませんが、そう聞きました」
 松子は秀美の頭を撫でながら続けた「上田さんはこうも言ったそうです。出撃が間近に迫った頃、相良は何か妄想をしているようで、誰かと話している様な独り言が多かったと」
「誰かと話してるって、それって新ちゃんだよね」
 秀美の言葉に松子は軽く頷いてから続けた「更に上田さんはこう言ったそうです。本人の名誉の為に付け加えるが、決して気がふれている訳ではなかった。相良は常識外れの秀才で、いつも頭の中に何かを想い描いていた。だから奴が頭の中に架空の友人の一人や二人、囲っていても不思議ではないと」
「母はその説明で納得したようです。たしかに彼にはそのようなところがあった気がすると言っていました」
 そう言うと松子はまた秀美に向かって微笑んだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み