第29話 ミルキーウエイ④

文字数 1,773文字

 wi-fiが通じる公民館の中に入るとすぐ、スマホから通知音が鳴り出した。
 スマホを開くといくつものメールや電話が来ている。
 それらは無視して、秀一(しゅういち)は歩きながら手早く正語(しょうご)にメールを打った。

 『懐かしい人とご飯を食べることになったから、昼に待ち合わせできなくなった。ごめんなさい。西手(にして)で待ってて』

 やっと正語に連絡ができた。
 あとは由美子に正語のことを話し、一緒に『西手』に行けばいい。
 秀一は岩田について歩きながら、安堵した。



 岩田は公民館のエントランスホールに(しつらえ)た、テーブルセットに腰を下ろした。
 秀一も岩田の正面に座る。

 吹き抜けになっている階上からは子供たちのはしゃぐ声が聞こえた。
 秀一はふと顔を上げた。
 二階の集会室には涼音(すずね)夏穂(かほ)がいるはずだ。

「真理子さんが、まだいらしてないんですよ」と岩田。

 秀一は岩田に顔を向けた。

「坊ちゃん、お昼はどうなさるんですか?」

 岩田は(たず)ねながら、秀一の肩越しに目をやり、小さく会釈した。頬が微かに緩んでいる。

 誰がいるのかと、秀一は振り返ったが、受付事務所のドアが閉まるのを見ただけ。
 人の姿は見えなかった。

「真理子さんがいらしたら、三人で食べましょう。お二人に聞いて欲しい話があるのです」

「オレ、野々花(ののか)さんの所で食べるよ」

 何気なく言ったら、岩田が眉を吊り上げた。

「パンケーキなんぞを食べるんですか!」

 ドギマギした。日本人なら米を食えと言われそうだ。

「……大事な用があるんだ……終わったら、すぐまた戻ってくるよ……」

 約束だから、由美子と賢人が来ている事を、岩田に話すわけにはいかない。
 納得してもらえるか不安だったが、意外にも岩田は大きくうなずいた。

「なるほど、そういうことですか。せいぜい叱っておやりなさい」

「へっ?」

「智和さんも困ったものですな。娘ほど年の離れた女に入れ上げるとは、町中のいい笑い者です」

 父が一体どうしたのかと、秀一はポカンとした。

「痛くもない腹を探られて、野々花さんもいい迷惑でしょう。東京から一人でこの町に来て、やっと店が軌道に乗ったというのに、『西手』の後妻を狙っているだのと噂が立ってしまい、あの店に行く者も減ってしまいました」

 秀一は理解した。
 凛が言っていた『野々花が秀一のお母さんになろうとしている』の意味もわかった。

「……うちの父さんが、野々花さんを困らせているんだね……」

「坊ちゃんの口からはっきり言っておあげなさい。今頃もきっと野々花さんの店に入り浸っていますよ」

 (……父さんったら、なにやってんだよ……)

 野々花といえば、東京から来たおしゃれなお姉さんという印象が強い。
 亡くなった秀一の母親とも親しかったし、由美子も野々花を頼りにしているようだ。
 身内が世話になっているというのに、秀一の父はその野々花に迷惑をかけているのか……。

「……わかった。オレから父さんに言っておく」

 岩田は頼もしげにうなずいた。

「真理子さんが来てからと思ったのですが、坊ちゃんに先にお見せしましょう」と岩田は立ち上がった。「今、持ってきます」

 古い写真が出てきたんですと、岩田は珍しく笑った。「驚きますぞ」

「オレ、ちょっと集会室に行ってくる」と秀一も立ち上がった。

 やはり涼音の様子が気になる。

「どうぞごゆっくり。写真を持って行くのに何か包むものが入り用でしょうから、探しておきます」

 岩田はそう言って、受付事務所に向かった。

 その時、秀一のスマホから電話の着信音が鳴った。
 急いでスマホを開く。
 正語かと期待したが、それは正語の父親、正思(しょうじ)からだった。

 『秀ちゃん、正語ったら、ひどいんだよ! 僕の車、勝手に乗って行っちゃったんだ! 何度電話しても出ないしさ! 一輝(かずき)くんのスマホデータが、復元出来たんだよ。光子さんに車借りて、僕も今そっちに向かってる』

 正思の早口を聞きながら秀一は、岩田が受付事務所に入っていくのを見ていた。

 岩田は入口で一瞬立ち止まった。
 小さく頭を下げて、後ろ手にドアを閉めた。

 ——それが、秀一が生きている岩田を見た最後となった。

 正思の言葉は続く。
 
 『音声メッセージが残ってたんだけど、一輝くんが亡くなった日、秀ちゃんは、みずほにいたんだね。その事、正語に話した方がいいよ。捜査に役立つと思うから、亡くなる直前の一輝くんの様子、教えてあげて』
 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み