第12話

文字数 650文字

「・・・すみません」
彼女の名はロナ・バイオレット、森の学園フラメルドの二年生エースだ。生まれつきの破壊魔法(フロウム・チャーム)を使いこなす天才魔法少女。
コン!コン!
とノックの音が。
「・・・入れ」
「はっ」
と誰かが入った。
「あ、お前は帰っていいぞ」
「・・・」
と何も言わず校長室を出た。
「・・・何したっていうんだよ」
ズドン!
「!」
「何が起きてるんだ」
と校庭に出た。
「!ジャックとドレーナ」
と駆け抜けて向かった。
「こいつら・・・」
「ジャック!ドレーナ!」
「ロナ!」
ハッと目覚めたのはルードだった。
「お前が破壊魔法の使い手!」
「バカッ!初見で聞くとか頭おかしいって!」
「そうだけど・・・不法侵入者?」
「そうよ、破壊呪文をこなす人に会いたいって」
「なるほど、それが私ってわけ?」
とロナが前に出た。
「いいわ、ジャック!」
「はいっ!」
「やっちゃって」
「ウィザスト!」
ズバーン!
強風が吹く。
「あぁあぁああああ!!!!!」
2人は飛んで行った。
「この男だけしぶといんですよ」
「なんてたって、運8000万の男だからな」
「運?何言ってんの」
相手にされない始末。
「・・・おらっ!」
パンチを繰り出したが・・・
「フロウム!」
バッコーン!
破壊された。
「・・・何!」
「お前はパンチだけか?10万ぐらいに見えるが・・・」
「ドレーナ!行ってくれ!」
「分かったよ、ワール・マジックリヴェル」
バッシャーン!
潮が立ち並んだ。
襲い掛かった。
「これで・・・あいつも・・・・」
「効きません!運なのでね!」
「!」
極限の状態のまま戦いはもつれ込む・・・。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

山之内護(やまのうちまもる)職業 小説家 血液型AB型 身長171㎝ 体重56㎏

あまり売れない小説家。出版社に持っていくけど相手にされていない日々。

異世界転生前です、画像はかっこいいけど実際は違うと思う(作者が言っています)

ルード・ジュラメイト・ペイル 職業 無職 能力 運 数値 8000万

山之内護の転生後、運が8000万と言われ驚く。画像は美少年だがもうちょいあったと思う。

ネイト 職業 牧場長 能力 パンチ 数値 10万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った最初の仲間。ユニコーン探しに手伝って仲良くなった。

冷静な判断能力を兼ね備えている。

ウィンド 職業 なし 能力 パンチとか 数値 5万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った二人目の仲間。5歳ぐらい、親はいないらしい。

ネイトとは親友。一緒についていくことになる。(ルードと画像が似ているが違います)

ジャック・メルトン 職業 魔法使い見習い 能力 風魔法 数値 5000万

森の学園フラメルドの二年生。風魔法を一年の時に完璧に覚えた。

なかなかの持ち主だが、おっちょこちょいである。ロナのことが好きらしい。

ロナ・バイオレット 職業 魔法使い 能力 破壊魔法 数値 8000万 

森の学園フラメルドの二年生エース。生まれつきの破壊魔法を覚えて8000万となった。

校長からはあまり気に入られていない

ドレーナ・フィンド 職業 魔法使い 能力 水魔法 数値 3000万ほど

森の学園フラメルドの二年生。ロナの友達。水魔法を使いこなす魔法少女。

リーダー的なタイプで真面目な性格。

サンドラ・ヴェイン 職業 殺し屋兼剣士 能力 雷 数値5000万

冒険家でもあり殺し屋でもある。ジャングルの底地に住んでいる。夢はモテモテウハウハハーレム王国を築くこと。

キザな性格ではなく面白い男である。冷静な判断能力と言語能力を持っている。

ゼノ・ロンド 職業 ??? 数値 ???

現在、船でノヴァ様に命令<オーダー>を受け、ルードを追っている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み