1-8 不思議な少女

文字数 731文字

 (はるか)は目の前の少女に向かって問いかけた。
 リン……、か?
(なんだ、この感じ……

 ひどく懐かしい……)

 ハル様、ですか?
 そうだよ
 では、そこにいるのがライですね
 ああ……
 何故、来たのですか?
 !!
(冷たい……目だ)
 なぜって、お前がいないと始まらないだろう

 いつもより若いみたいだけど、どうしたんだ?

 ハル様、私はもう協力できません
 ──え?
 お帰りください

 そしてここには二度と来ないように


 私のことは忘れてください

 な、に、言ってんの、お前?
 近寄らないでください

 人を呼びます

 お前、どうしたんだよ!

 何があった?


 お前こそどうしてここにいる?

 詰め寄ろうとする(はるか)を制するように、少女はワンピースのポケットから取り出した防犯ブザーのようなものを鳴らした。
 途端に温室の照明が赤く点滅し、けたたましいサイレンが鳴り響いた
 リン!!
 ライ、彼を抱えて逃げなさい

 捕まったら死にます


 振り返らないで走りなさい

 あ……


 ──(はるか)、一旦帰ろう

 馬鹿言うな!

 せっかく会えたのに!!

 鳴り続けるサイレンの音がどんどん大きくなる
 早く!

 走って!

 ──クソッ
 離せ、ライ!


 リンが、リンが──ッ!!

 蕾生(らいお)(はるか)を無理矢理担ぐと、温室の入口へと駆け出した。


 出ていく直前、少女の方をもう一度振り返る。

 さよなら


 少しでも平穏な人生を生きてください

(涙──!?)

 少女の言葉に胸がひどく痛くなる。けれどサイレンの轟音に負けて、蕾生(らいお)(はるか)を担いだまま脇目も振らずに走った。

 白い道路が見えるまで、振り返らずに。


 その少女の黒い瞳に浮かんでいたきらめく粒を、見なかったことにして。

 蕾生(らいお)は、逃げ出した。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

唯 蕾生(ただ らいお)


15歳。男子高校生

怪力なのが悩みの種

九百年前の武将、英治親の郎党・雷郷の転生した姿


周防 永(すおう はるか)


15歳。男子高校生

蕾生の幼馴染

九百年前の武将・英治親の転生した姿


御堂 鈴心(みどう すずね)


13歳。銀騎家に居候している少女

英治親の郎党・リンの転生した姿

永と蕾生には非協力

銀騎 星弥(しらき せいや)


16歳。高校一年生

銀騎詮充郎の孫で、銀騎皓矢の妹

鈴心を実の妹のように可愛がっている

永と蕾生に協力して鈴心を仲間に入れようとする


銀騎 皓矢(しらき こうや)


28歳。銀騎研究所副所長

詮充郎の孫

銀騎 詮充郎(しらき せんじゅうろう)


74歳。銀騎研究所所長

およそ30年前、長らく未確認生物と思われていたツチノコを発見、その生態を研究し、新種生物として登録することに成功した


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色