戦闘服は制服! ③

文字数 3,290文字

 三十四階は重役専用のフロアーで、専務執務室・常務執務室・社長室があり、このフロアーで最も広い会長室は一番奥にある。会長室の中には会議用の大きなテーブルも設置されている。
 そして、彼がこの日から在籍することになった秘書室もこの階の会長室の隣にあり、二つの部屋に挟まれるように小さな給湯室がある。

 ただし、常務は村上社長が、専務は人事部長の山崎さんが兼任することになったので、この二つの部屋はしばらく使われなくなり、実質機能していたのは社長室・秘書室・そして会長室だけだった。

「――会長、どうぞお入り下さい」

 ドッシリした木製のドアの前で立ち止まった彼は、ドア横のセンサーに自身のIDカードをタッチした。
 この社員証はカードキーの役割も果たしていて、このカードを持っている社内の人間でなければ、このフロアーを含めたどの部署にも入れないのだ。――もちろん、わたし専用のIDカードも作ってもらった。

 わたしはドアの上部に取り付けられている「会長室」と彫られた金色のプレートを、感慨深く見つめていた。
 父が守ってきたこの部屋の、新しい主に自分がなったことへの喜びと、本当に自分でよかったのかというほんの少しのためらいとが入り混じり、なかなか足を踏み入れられなかった。

「……会長? どうされました? さ、中へどうぞ」

 ドアを開けたままでわたしが入るのを待ってくれていた彼は、わたしのためらいを察していたのだろうか。再び優しくわたしを促してくれた。

 わたしが勇気を出して室内に足を踏み入れると、彼がその後から入室してパタンとドアを閉めた。音では「パタン」だけれど、重いドアだけにその閉まり方には重厚感があった。

「うん……、ありがとう。――ここがこれから、わたしの仕事場(せんじょう)になるのね」

 わたしはしばらく目を細めながら、室内のインテリアを眺めていた。

 まず、西側は全面が大きなガラス窓になっていて、その窓に背を向ける形で会長のデスクと大きな背もたれとキャスター付きOAチェアのセットがあり、デスクの上には備え付けのデスクトップ型のパソコンもある。

 南側の壁は一面が書棚になっていて、父の愛読書だったらしい経営学の本やビジネス書がビッシリ並んでいる。これは(のち)にわたし自身の愛読書にもなった。

 そしてデスクの横に、会議スペースとして使われるテーブルセットがあり、部屋の一番奥がペパーミントグリーンの布張りの二人掛けソファーが一対と、木製のローテーブルがセットで置かれている応接スペース。
 堅苦しさのない、ゆったりと来客をおもてなしできるこの応接スペースは、営業畑出身の父らしいセンスだなとわたしも感服した。

「――絢乃会長、お疲れになったでしょう。とりあえず、お座りになってはいかがですか?」

「うん、そうね。ありがとう」

 わたしが彼の勧めに従って会長の席に着くと、彼はドアの側にある秘書席に着くことなく、わたしのところへやって来た。

 どうでもいいけれど、秘書になった途端、彼は急に他人行儀というか(かしこ)まった態度を取るようになったので、わたしはちょっと淋しかった。
 そんな心境が、顔にも顕れていたらしい。彼が少し態度を和らげてこんな提案をしてくれた。

「……あの、よかったらお父さまの葬儀の日のお約束、今日果たしましょうか?」

「えっ? 約束……って」

「絢乃会長、おっしゃってたでしょう? 僕が淹れたコーヒー、一度飲んでみたいって。今日頑張られたごほうびにといってはなんですけど、今からお淹れします。――えーっと、お味の好みは……」

「ごほうび」という言い方が上から目線みたいだと思ったらしい彼は、気を遣いつつ言い直した。
 彼の方が年上なので、そんなことで気を遣う必要なんてないのに。彼は秘書という自分の職務に忠実でいたいらしかった。そういう不器用な真面目さが、わたしの胸をほんのり温かくしてくれた。

「ありがとう! じゃあお願いするわ。味は……、お砂糖とミルクを入れて甘めにしてもらえたら嬉しいな」

 火葬場の待合ロビーで、わたしがカフェオレを飲んでいたことを覚えていてくれた彼は、すぐに理解してくれた。

「ああ、なるほど……、了解です。では、少し――そうだな、十分くらいですかね。お時間下さい」

「分かったわ。楽しみに待ってるね」

 彼はそのまま会長室を離れ、給湯室へ行った。

「――パパ、さっきのスピーチ聞いてくれてた? わたし、ちゃんと株主のみなさんに会長だって認めてもらえたみたい。だから安心して見守っててね」

 ひとりになったわたしは、父が温めていた席に着いたまま、心の中で父に話しかけていた。
 父はもういないのに、不思議とこの室内には父の気配が感じられた。まだこの会長室内で仕事をしながら、わたしに笑いかけてくれているような気さえした。
 わたしが不安がっていたから、「お前なら大丈夫だ」とそっと背中を押してくれたのだろうか? ――父は今でも、わたしが何かに悩んでいたり、困っていたりすると、時々気配を感じさせることがある。

 ――コンコン。

 十分ほど経った頃、ノックの音が聞こえた。ちょうど、彼が言っていた時間ピッタリだった。

「はい! ドア開けるから、ちょっと待ってて」

 彼はトレーを持っているはず。そう思ったわたしはノックに大きな声で応答して、ドアの側へ駆け寄った。この部屋のドアは、外からはIDカードをスキャンしなければ開かないけれど、中からは普通に開けることができるのだ。

「――お待たせしました、会長。開けて頂いてありがとうございます」

「ううん、いいの。トレー持ったままじゃ、ドア開けるのも大変でしょ?」

「はい、片手ではちょっと……。気づいて頂けて助かりました。――さ、どうぞ」

 彼は入室すると、まずは第一声でわたしの気遣いに感謝の気持ちを伝えた後、デスクの上にピンク色のコーヒーカップをそっと置いた。
 カップからは湯気とともに明らかにインスタントのものとは違ういい(かお)りが漂っていて、彼がコーヒー豆から(こだわ)っていることがありありと窺えた。

「すごくいい薫り……。ありがとう。いただきます」

 わたしは熱すぎず(ぬる)すぎない中身を一口すすってみた。すると、ちゃんとわたし好みの甘さになっていて、それでいて丁寧に淹れたらしいコーヒーの薫りがちゃんと楽しめる、上質のミルク入りコーヒーになっていた。
 父も大のコーヒー好きで、わたしも普段からコーヒーには親しんでいたけれど、これだけ美味しいミルク入りコーヒーを飲んだのは初めてだった。

「美味しい……! コレ、すごく美味しいよ! わたしも、こんなに美味しいコーヒーは初めて飲んだわ。きっと豆にも拘ってるのね」

 あまりの美味しさにテンションが上がり、興奮ぎみに感想を言ったわたしに、彼はちょっと照れたように答えてくれた。

「ええ、まあ。実家の近くに、懇意(こんい)にしてるコーヒー専門店がありましてね。そこで焙煎(ばいせん)して()いてもらった豆を分けて頂いてるんです。もちろん会社の経費では落ちないと思うので、僕の自腹です。ここまで来たら、もう仕事というより僕個人の趣味を会社に持ち込んでるようなものですね……。お恥ずかしい」

 そこまで言った後、彼はすぐ真顔になった。

「でも、それはすべて、絢乃会長に美味しいコーヒーを飲んで頂くためですから」

「桐島さん……」

 わたしを喜ばせるために妥協(だきょう)を許さないという彼の真摯(しんし)な姿勢に、わたしは心打たれた。彼ならきっと、仕事の面でも誠実にわたしを支えてくれるだろう。……わたしは自然とそう思えた。

「ありがとう! これからもよろしくね!」

「はい! ――ではさっそくですが、会長には覚えて頂かなければならないことが……。このパソコンにログインするためのIDと、パスワードなんですが」

「IDって、IDカードのコードでしょ? パスワードは……、付箋で貼り付けられてるコレね?」

 起動させたパソコンのキーボードをわたしが手早く叩くと、彼は感心していた。

「さすがは会長、お若いですね……」

 彼の反応にわたしはクスッと笑い、こうしてわたしの闘いの日々は、上々のスタートを切ったのだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み