第3話 死への理解

文字数 972文字

しかし、自分の満足感とは裏腹に彼女は「早すぎ。」と不満を漏らし以降その看護師とは身体を合わせなくなった。
男の自信を無くした。
何故か辛くなった。
今までそんな言葉を自らに浴びせた人間はいなかった。

「俺の女遍歴は慰めのもとに成り立っていたのか?そんなこと絶対に認められない。そんな馬鹿なことがあるか。」

遥佑の尊厳に影がさした。

「設計の甘い建築物は後々後悔をする。だから設計段階では余計なことをするくらいでいい。」

なくなった父がよく言ってた言葉だ。

「お前は何時も詰めが甘い。」

自分の心が泣いている。
彼の中にある邪心に冷水が浴びせられ体の芯から意識という意識を目覚めさせた。
正気に戻った気がした。

「今まで俺は欲という湖沼に沈み溺れていることさえ分からない状態だった。何もなかった。手にしたものなど人生に必要のないガラクタばかりだ。これから俺は、人間にとって大切なものを探す。それはなんだ。まぁいい。手術が終わってゆっくり探すさ。」

遥佑はそのまま微睡みに沈んでいった。

和丘遥佑にとって悪性腫瘍は大いに気になってはいる事であるがそれ以上に大切な何かを探すことに生きがいを感じていた。
担当医の西木野章が、「早すぎ。」の看護師とともに回診に来た。

「和丘さん、明日検査をしますね。今日は採血と検尿です。和田くん頼むよ。」

調子のいい喋り方に反吐が出そうだ。
看護師の和田も検尿に反応して笑いやがる。
糞ばかりだと吐き捨てる。

「そんなことよりも俺にはやることがあるんだ。とっとと悪い虫を退治しろ。」

遥佑の脳裏にはもう女々しさは消えていた。

「人にとって大切なもの。」

只其れだけを探し求めていた。

死とはどういうものだろう。
古人は天国と地獄という別世界を想像した。
今の時代ならばバーチャルワールドといったところか。
然し、現実的に亡くなる人間は衛生面から焼かれ骨と化しその姿は生きている者たちが目の当たりにする。
世界に目を向けると棺に納められ土と化す。
ZOMBIE伝説もエンターテインメントの世界でしか通じない。
では死というものは永遠に生きているものが知ることはできないのか?
嫌、そうではない。
生死を別世界と考えなければ我々の人生の中で最後に知る真実であるということが分かる。
いずれ分かる。
そんな自問自答をしながら、生きている間に出来る大切なもの探しを病室のベッドで遥佑は続けた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み