第3話 ヒロインのピンチ!

文字数 2,636文字

 高校デビューには見事失敗したが、それでも私は生きなければならない。
私はすみれに慰められながら、講堂へと足を運んだ。


 講堂の壇上にはヒップホップスタイルの服装のダンディーな先生が立っていた。
ダンスの講師だろうか?

ようこそ! たいあっぷ学園へ! 俺は、一年の学年主任の茶羅一茶だ! よろしくな!
 すごいノリの軽い先生だ。
さて、諸君はここで三年間たいあっぱーとして勉学に励むわけだが、まず何より大事なのは、一生モノの仲間、つまりパートナーを見つけてたいあっぷすることだ! たいあっぷ学園は創立三年の歴史の浅い学校だ! だからこそ、一人ひとりがベンチャースピリッツを持って、失敗を恐れずチャレンジし続けることが重要だ! オーケー?
 茶羅先生からはどうやら情熱を持った熱い先生のようだ。
こういうのは嫌いではない。
次はわが校の理事長からの挨拶だ! 五十嵐シロップ理事長! お願いします!
 変な名前の理事長が壇上に上がる。
名前は変だが、理事長は若々しく20代前半の黒髪ロングの清楚な美女だ。
みなさん、おはようございます。数ある高校の中から、歴史の浅いこの高校を選んでくれたことに心から感謝します。そんなあなたたちの誠意に応えるため、私も正直に隠し事をせずお話しなければならない事があります。
 理事長の語り口に、講堂はシリアスな雰囲気に包まれる。
本校、たいあっぷ学園は、明日の日付を持って、廃校となります!
!?

……

ええええええええええええええええ?
り、理事長? いきなり何をおっしゃるんですか? 冗談にしても度が過ぎますよ。
 茶羅先生が壇上に上がって理事長に詰め寄る。
その表情は真っ青になっている。
どうやらネタではなくマジのガチっぽい。
茶羅先生。
は、はい。
エリート校グリースターの誘いを蹴って、たいあっぷ学園のために貢献してくれたあなたにはまことに申し訳ないのですが……。あなたは首です。クビクビクビクビです……。
……

……

NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!
講堂中に茶羅先生の絶叫がこだまする。

ようやく事の重大さを理解した生徒達は、ざわざわとざわめく。

「ど、どういう事?」
「もしかして私たち、高校中退になるわけ?」
「そ、そんなの嫌だよ……」

 ショックのあまり泣き崩れる女子生徒らもチラホラといる。

講堂内は大混乱に陥った。
壇上には先生たちが理事長に詰め寄っている。

私とすみれはとりあえず外の空気を吸って落ち着こうと講堂を後にした。

はああああああ……廃校とか、漫画とかアニメの世界の話だと思ってたけど、あるんだね……。
そうだね……。
 私とスミレは校内中央にあるベンチに座って青い空を見上げていた。

 その時だった。
何やら女性の大きい声が聞こえる。
この声には聞き覚えがある。
白銀エリイだ。

 私とスミレは、声がする方へと駆け寄る。

 白銀エリイは、ボディガードであったはずの黒服に両脇を抱えらえれていた。
あきらかに穏やかではない光景だ。

 白銀エリイの目の前に対峙しているのはオールバックで眼鏡をかけた、インテリチンピラっぽい男性だ。
いったいこれは何事ですの? 説明をして下さい!
エリイさんの所属事務所がコロナ禍の煽りを受けて倒産しましてねえ。社長が借金を抱えたまま夜逃げしてしまったんですよ。困ったもんです。
そ、そんな……。
ま、こんなご時世です。運が悪かったんですよ。とはいえこちらとしても借金は返してもらわないと困ります。そこでエリイさんにご協力を頂きたくて馳せ参じた訳です。
わ、私にできることは……ありますの?
 エリイはブルブルと震えている。
無理もない。屈強な男に抱えられてチンピラに脅されて、普通の女の子なら耐えられないだろう。

とりま、今日中に同人誌の撮影会に参加してもらいましょうか。
ど……なんですの?
エリイさんのえちえちな本を販売して借金返済に充てるんですよ。
い、嫌ですわ!
 ピシャ!

間髪入れずにチンピラはエリイの頬を叩く。
口答えすんじゃねえよ。あんた自分の立場分かってねえようだな。あんた、要は社長に借金の形に売られたんだよ。
そ、そんな……。
 トントン。
チンピラの肩を後ろから誰かが叩く。

なんだあ? てめ……ふぼがあああああああああ!??
 チンピラは鈍器の様なもので頬をぶったたかれて吹き飛んだ。
黄金の羽子板を召喚。ふむ、まだスキルの有効期限は切れてないか。
 私こと高尾ナツは、黄金の塊を片手に黒服共に対峙する。
なんだ、このクソガキ。大人をなめんじゃねえぞ。
私の友達(予定)に手を出す奴は魔王だろうが悪魔だろうが許さない。カモン! クソゴブリン共!
 私は啖呵を切って、超スピードで黒服の間合いに踏み込むと、金塊を黒服の脇腹にぶち込んだ。

 メキメキメキ!!!

 アバラの折れる音に一瞬遅れて、黒服が吹き飛ばされる。

 私は態勢を変えると、袈裟斬りでもう一人の黒服の鎖骨を粉砕した。

 尋常ではない動きに黒服たちは後ずさる。

お、お前その動き……その武器……。まさか……”異世界帰り”か?
ご名答。という訳で死にたくなかったら無駄な抵抗はしないほうがいいと思うよー。
 黒服共は使命感かはたまたプライドのかけらが残っているのか、私を睨みつけている。
なので私から交渉の口火を切る。
要は借金を返せばいいんでしょ? この金の羽子板売れば、いいお金になるんじゃない?
どう? これで手打ちにしない?
 私はぽいっと金塊を投げる。
黒服は金の羽子板を拾って検分する。
純金で出来ているのを確認すると、黒服はけが人をリムジンに乗せて去って行った。
 私は腰が抜けてへたり込んでいる白銀エリイに手を差し伸べた。
大丈夫。もう怖いおじさんたちはやっつけたから安心していいよ。
 エリイは私の瞳を見つめると、がばっと抱き着いてきた。
ありがとう……怖かった……怖かった……。
 エリイはとてもいい匂いがする。
すうううううううううううううううう。
ふう……。

とりあえず、今日は家に帰りなよ。両親が心配するから。
私両親いないです。あと社長の家に泊まり込んでるので帰る家ないです……。
 私はすみれの方を向く。
ナツ。寮の門は鍵が閉まってて入れないよ。まあ廃校だからしょうがないね。
えー……。じゃあウチの家に泊まる?
いいんですか!? 是非お願いします! ナツさん!
 こうして高校生初日は廃校とか喧嘩とか色々あったけど、友達が出来たのでまあまあいい一日と言えるだろう。
あ、ななみにリプ送ろう、エリイとのツーショット写真付きで。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

高尾ナツ

槍ヶ岳すみれ

白銀エリイ

天下茶屋紅丸

五十嵐シロップ理事長

黒服

茶羅一茶

挟稀

高尾ななみ

ナニモシナイマン

サンドイッチ

バーガー

ホットドッグ

タコス

グレックス将軍

魔王

女神ちゃんぽん

ソフィア

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色