第33話 蛙姫

文字数 1,648文字

【これまでのあらすじ】
 一年前に事故死した鷲宮一輝(わしみやかずき)のスマホが神社の境内で見つかった。
 誰がなぜ置いたのかを調べるため警察官の正語(しょうご)は一輝の弟、秀一(しゅういち)とともにS県にある過疎の町、みずほ町にやってきた。
 テニス講習会に参加する秀一と別れた正語は、秀一の父親が住む『西手(にして)』に向かうが、途中で真理子と出会う。真理子に乞われるまま鷲宮本家を訪れた正語は、(みやび)高太郎(こうたろう)からスマホが見つかった神社にまつわる悲劇を聞かされる。そんな中、岩田が亡くなったという連絡が入る。


 

 ——第18話からの続き——


「ガンちゃんは、守親(もりちか)じいさんのテニス仲間だったんだよ。プロ目指してたけど、腰わるくしたとかでさ、この家の庭仕事や雑用しながら、町の子ども達にテニス教えてたんだ。
 ガンちゃん、身寄りがなくってさ……プロになる時のツアーの費用とか生活の面倒とか、先代には世話になったって、あっ、先代って、守親じいさんの父親のことね、ホント、何度も何度もガンちゃんは、先代に感謝してたよ」

 (みやび)はビールをあおりながら、亡くなった岩田の思い出話を続けた。

 正語(しょうご)はそれを聞きながら、考え込む。
  この家の人間は、正語の家で秀一(しゅういち)を預かっていることを知らないようだ。

 秀一の実家の分家とこの本家とは、御多分にもれず仲が悪いのか?
 智和(ともかず)は意図的に警察に相談したとだけ告げているのか?

 (最初に『西手(にして)』に行けばよかったな)

 智和から話を聞いてからこの家に来るべきだったと、正語は思う。
 真理子の左目に惑わされたなどとは誰にも言えない。


 電話を終えた高太郎(こうたろう)がやってきた。

「ガンちゃん、どこで亡くなったの? 家? 病院?」

 待ちかねたように雅が高太郎にきいた。
 それには答えず、高太郎は腰を下ろすと正語をじっと見る。

 (なんだ?)

 と正語は眉を寄せた。何か話でもあるのかと待ち構える。

「どうしたの? なんかあった?」と雅が焦れた。

 高太郎はやっと、口を開いた。

「この家と縁のある者が亡くなりました。これから葬儀の打ち合わせをします」

「ああ、和尚が来ンのか。忙しくなるね」と雅。「酒の用意する?」

 高太郎は正語を見たまま、また黙る。
 黙る高太郎を雅が気味悪そうに見る。

「なに? やっぱ、なんかあったんだね?」

 高太郎は視線を落とした。
「立て込んでおりますので、どうかお引き取りください」

 雅が吠える。
「あんた、なんか隠してるね!」

 すかさず正語が頭を下げて、暇乞いをした。
「私はこれで失礼します!」
 夫婦喧嘩の場に居合わせているようで居心地が悪い。

九我(くが)ちゃん、行かない方がいいよ! この人、なんか隠してるよ!」雅は高太郎をキッと睨んだ。
「ガンちゃんは、普通に亡くなったんだよね? なんか不自然なことは、なかったんだよね?」

「ありませんよ。雅さんも知ってるでしょう。岩田さんはもともと心臓が悪かったんですよ」
 高太郎は顔をそらしながら立ち上がった。
「父の所に知らせに行きます」

「あたしも行くよ」と雅も立ち上がる。「九我ちゃんもいこ!」

 高太郎が正語を見ながら嫌な顔をした。
「どうして、あなたが来るんですか?」

 (いや、俺は何も言ってないよ……)

 レッツゴーといった身振りで、雅は歩き出した。
 ブツブツ不満を漏らしながら高太郎が続く。

 正語もその後ろに従った。
いつになったら自分はこの家から解放されるのかと、うんざりしてくる。
 だが、

(……まあいいか……)

 高太郎の嫌がる顔を見てから、正語はこの家の当主に会ってみたくなった。





 正語はこの家の主、鷲宮守親の部屋に案内された。

 まず雅が襖を開けて中に入る。
 その後ろを正語が続く。

 驚いた。
 一歩室内に入った途端、正語は足を止めた。

 その部屋を埋め尽くす集中治療室張りの医療機材も異様だが、部屋に入って最初に目に入ってきたのは、真っ赤な振袖を着た

だった。

 正確には、蛙そっくりな顔の女が振袖を着ている大きな絵だ。

「あれは、叔母です」

 と後ろから高太郎が言った。

「霊媒師だった、鷲宮久仁子(わしみやくにこ)の肖像画ですよ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み