第11話 無人の町①

文字数 1,574文字

 車はみずほ町に入った。

 なだらかな丘陵に囲まれた田園風景を、正語(しょうご)はしばし楽しんだ。

 (たまには、こういう道走るのも悪くないな)

 昔この辺り一帯は、瑞穂村(みずほむら)と呼ばれていた。
 昭和の市町村合併で周囲の村々と併合されて、みずほ町になった。
 東京に同じ地名があったために、ひらがな表記となった。



「クラスメートだった岡本涼音(おかもとすずね)を覚えているか?」

 車を走らせながら正語が、秀一(しゅういち)にきいた。

「その子の父親は娘の学費をおまえの(にい)ちゃんに借りてたみたいだな。そのことでトラブルになってたらしいぞ。知ってたか?」

 正語の父親が寄越してきた『容疑者リスト』の筆頭は岡本幸雄(おかもとさちお)だった。
 鷲宮一輝(わしみやかずき)は亡くなった日の朝、岡本と大げんかしているところを目撃されている。
 金を貸した挙句殴られたのでは割に合わないが、いったい二人の間に何があったのか——。
 
 窓にもたれていた秀一は身を起こした。

「……涼音は優等生だし……いつか、町の役に立つ人材になるから、投資は惜しまないって、兄さんは言ってた……涼音のお父さんと兄さんは仲が良かったし、トラブルなんてなかったと思う」

 物憂げに言う秀一を、正語は横目で見た。

 (まだ具合が悪いのか?)

 インターを降りたあたりから、秀一の様子がおかしかった。

「新しい町長の冴島(さえじま)と会ったことは、あるか?」

 秀一はえっ?という顔で、こちらを見た。

「去年の秋の選挙で、この町の町長が変わったそうだ」

「……(ひで)じい、町長、辞めちゃったんだ……」

 秀一は寂しそうにぽつりと言った。

「一輝さんは冴島が町長になることを反対してたみたいなんだが、何か聞いてないか?」

 秀一は考え込む時のいつものクセで、微かに首を傾げて眉を寄せてきた。

 正語はこの仕草を見るたびについイラッとしてしまう。

 (可愛すぎるだろ!)

「……冴島さんのことは知らないけど、秀じいに会ったら聞いてみるよ。秀じいはオレの名付け親なんだ」

 『容疑者リスト』の二番目が新町長の冴島だった。
 一輝は冴島の町長選出馬を辞退させようとしていたというが、その理由を明かす前に亡くなった。

 一輝のスマホは液晶が粉々に割られた状態で見つかっている。
 中に人に知られたくないデータでもあったのか?
 それがなぜ一年近く経った今、出てきたのか——犯人にとってはもう無意味なものになったのか?

「おまえは誰が、一輝さんのスマホを神社に置いたんだと思う?」

「真理子さんだと思う」

 即答だった。秀一のキッパリした物言いに少し驚いた。
  何か根拠があるのか?

「真理子って、一輝さんが不倫してた女か?」

 秀一は、真っ赤になってうなずき、そのままうつむいた。

「本人は否定しているみたいだぞ。何か知っているのか?」

「……真理子さん、恥ずかしくって、言えないんだよ……と、思う……」秀一は絞り出すように小さく言った。

「何が、恥ずかしいんだ」

「……好きな人の物を、持っていたかっただけなのに……こんなに大騒ぎになったから……」

 (こいつ、乙女か!)

「だから正語も、捜査とか真剣にやっちゃダメだよ……真理子さんが、かわいそう……そっとしておいてあげて」

 (……そうか……乙女なのか……)

 正語の肩から力が抜けた。
 そのまま、無言で車を走らせた。




 町の中心部が近づいてきたのか、建物が増えてきた。
 だが人の気配はなく、通る車も全くなかった。

 (ここまで人気がないと、どうも不気味だな)

「あの信号を右に曲がって、公民館で降ろして」と秀一が正面を指差した。「テニスコートは公民館の裏にあるんだ」

 (人口二千程度の町って、こんなものなのか?)

 正語は当たりを訝った。秀一に言われまま右折した。

 右折した先には、赤茶色の壁に青い屋根の洋館が建っていた。

 みずほ町唯一の公民館『みずほふれあいセンター』は、小さな田舎町には不釣り合いな壮麗な建物だった。



 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み