58

エピソード文字数 787文字

【美濃side】

 長い時間駕籠に揺られ、尾張国の織田信長に輿入れした私は、祝言にも拘わらず、そこに信長の姿がないことに驚く。

 信長は尾張の大うつけであると事前に聞かされていたが、噂以上のお方かも知れない。祝言には斎藤道三をはじめ小見の方、媒人である明智光安、そして光秀や斎藤家の親族、家臣も同席していた。

 一向に姿を現さない信長に、両家の(いさか)いが起き、気が短い家臣が刀に手を掛ける。

 だが、斎藤道三と小見の方にしてみれば、帰蝶の身代わりである私を嫁がせ和睦を結ぶことが目的。下手に騒ぎ立て、私が身代わりだと知れることを恐れ、それ以上ことを荒立てることはない。

 私もじっと座ったまま、夫となる信長を待つ。この祝言を無事に終えることが、私に与えられたお役目なのだから。

 織田家の家臣平手政秀により、祝言は行われないまま、祝宴となると思われていたが、突如襖が開き信長が姿を現した。

 白い綿帽子で信長の姿は見えなかったけれど、身につけている着物は見えた。祝言なのに、正装もせず腰に刀を差した信長。

 やはり噂通りの人物。

 信長は怒ったように言葉を吐き捨て、私の隣に腰を下ろした。指先で顎を持ちあげ、私の顔を確認し一瞬目を見開いた。

 私が帰蝶ではないと気付いたのだろうか……。

 鼓動がトクトクと速まる。

 光秀の優しい眼差しとは異なり、信長は鋭い眼差しで私を見据えた。

 恐怖を感じたが、今日から私の夫となるお方だ。

 三三九度の盃を交わし、私達は偽りの夫婦となった。祝宴は深夜まで続き、信長は煽るように酒を飲んでいた。

 祝宴を終えた私は花嫁衣装を脱ぎ、薄化粧を施され白絹の寝間着を着用し、寝所に案内された。これから始まる夜の営みを思うと、恐怖から足は竦む。

 でも逃げることは出来ない。

 私は……
 帰蝶なのだから。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み