1 ❀ 錬金術師 と 雨

文字数 1,034文字

出でよ。

この地のじゅうれいたち

ブレイクが呪文を唱え出すと、四方から獣のうなり声がした。

なにこれ…・・・。

え!? 足元から何か・・・・・・

咲良ジョン囲うように、2人の足元幾何学模様の魔法円が現れた。
こ、これはなんだ!?

呪詛の魔法円だ!

作さん近づいてはいけない!

咲良さんは、僕のそばを離れないで。

獣霊たちは、魔法円に捕らわれたジョン咲良へ威嚇する。

集え牙歌(がか)


我が咆哮(ほうこう)に合わせ、()(どう)を引け

魔法円黒い光を放つ。

(きば)(みちですか。


(けもの)(きば)折れます。

迫りくる闇から我が身を守り、慈雨(じう)(さず)(たま)え。

テトラグラマトン、アドナイ、神を呼ぶさまざまな名において…

ジョンが呪文を唱え始めると、晴れた空がたちまち曇った。

あ。雨が…

Lily among thorns.

(茨の中の百合よ)

呪い魔法円に降り注ぐ。


すると赤黒く光る魔法円の色がみるみる白くなり、模様が変わり始めた。

くそっ!

なんで俺の魔法が効かない!?

魔法でを降らせたからですよ。 
それだけで……

この土地に縛られた(じゅう)(れい)

雨の浄化、白化(アルベド)を求めたからです。

まさか錬金術……

黒い霊反転させることは

賢者の基本です。

獣霊たちが光に包まれ、白く霞んで消えていく。

I am John. My blood is witness


(わが名はジョン。僕の血が証です)

ジョンは親指を噛んで、その血を魔法円に垂らした。
ジョン、血が…!!
大丈夫。
ジョンは咲良を引き寄せた。

དཔལ་ལུགས་གཉིས་བསྟན་སྲིད་སྐྱོང་བའི་མགོན་།།

(聖俗2つの教えを守る守護者)

魔法円から、稲妻を散らしながら現れたのは。

འབྲུག་

雷龍

らいりゅうらせん状の炎をまとう。

どうに誓う。 

True and just indeed are this judgment!

(この裁きは真実で正しい)

雷龍が口を大きく開け、ブレイクに迫る。

やめろ…やめろぉお!!
許さないと言っただろう。

ジョンの召喚龍電撃を食らわされ、ブレイクは前のめりに倒れる。

き……貴様……

観念しろ。

ブレイク・アンショー。

ジョンがブレイクに銃口を向けた、その時。
ジョン!

会場の上から、声が聞こえた。


】はスノボで空に浮かんでいた。

錬金術の解説はこちら▼


小話「 賢者薔薇園


タイトルクリックすると、小話にジャンプします。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色