146

エピソード文字数 580文字

「蘭丸、すぐに出立する。手勢は僅かでよい。急ぎ準備せよ」

「上様、出立は明日のはず。直ぐにと仰せなら、小姓衆しか集まらぬやも」

「合戦ではないのだ。手勢など少なくて構わぬ」

 出立を1日早めた理由は、紅……そなたのことを想えばばこそ。

 紅をこれ以上、危険な目に合わせとうはない。紅が目覚める前に安土城を出なければ、紅のことだ、必ずやわしに同行するだろう。

「夜が明ける前に出立する。よいな」

「はい。上様、昨夜から紅殿の姿が見えませぬが。紅殿の白馬が(うまや)におりませぬ。何処かに行かれたのやも。どう致しますか?」

「紅の馬がおらぬとな?そんなはずはない……」

「深夜、紅殿が馬に乗る姿を見た者がおりますゆえ、確かでございます」

 紅の白馬が忽然と消えた?
 紅が深夜馬に……?

 一体どういうことだ?

 昨夜、紅はずっとわしの腕の中にいた。
 紅が深夜床を抜け出し、馬を走らせることなど出来ないはず。

 誰かが、紅の馬を盗んだというのか……。

 一体誰が……。

 謎は深まるが、もはや詮索している時間はなかった。

「紅はこのたびの上洛には連れて行かぬゆえ、捜さずともよい」

「はい。畏まりました。すぐに手勢を集め、出立の準備を整えます」

 夜が明けぬうちに、蘭丸は100人ばかりの手勢を集め、わしは安土城を出立した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み