わたしと彼の決意 ③

文字数 3,091文字


****

 ――父のお骨上げも無事に終わり、帰宅する車の中。もちろん、ハンドルを握っていたのは彼である。

「――えっ、ママも知ってたの!? 桐島さんが秘書室に異動すること」

 わたしは隣で小さな骨壺を抱えていた母に詰め寄っていた。
 というのも、火葬場の待合ロビーで彼と話していた内容を母にも聞かせたところ、リアクションが薄いというか大して驚いた様子がなかったからだ。

「ええ。生前、パパから聞いてたもの。まぁ、会社の中での話だったし、私から絢乃に話す義理もなかったし。あなたには、桐島くん自身の口から直接伝えてもらうべきだと思ってたから。……まさか、こんな劇的なシチュエーションで語られるとは思わなかったけど」

「そんな、僕は別に狙ってたわけじゃないですよ? ……確かに、絢乃さんを驚かせてしまいましたけど」

 彼は前方を睨んだまま、肩をすくめた。

「ホントにビックリしたんだから。もっと早めに教えてくれてたら、わたしも心の準備ができてたのに」

 とわたしは口を尖らせてはみたけれど、内心では怒ってなんかいなかった。

「絢乃、よかったじゃない。あなたはまだ高校生なんだから学校もあるし、学校からオフィスまで電車で通うのも大変でしょ? どうせなら、桐島くん(かれ)に送迎も頼んでみたら?」

「ええっ! そんなの申し訳ないよ! ちょっとくらい大変でも、頑張って電車通勤するわよ、わたしっ」

「う~ん……。確かに加奈子さんのおっしゃるとおり、八王子から丸ノ内まで電車通勤は大変ですよね。自由ヶ丘のご自宅からならともかく。――分かりました。僕が絢乃さんの送迎、(うけたまわ)りましょう」

「……いいの? そこまで甘えちゃって」

「もちろんです。――確か、緊急取締役会は明後日に召集されるんでしたね? じゃあ明後日は朝、ご自宅までお迎えに上がります」

 会長を始めとする役員は、取締役会の承認を得て初めて正式に決定となる。それが我が〈篠沢グループ〉のルールなのだ。当然のことながら、会長も例外ではない。
 母は当主の権限で、親族会議の席で取締役会の召集を決定したらしい。それが、わたしと彼が席を外した後のことだったという。

「うん、ありがとう。お願いします」

 ――学校生活と会長職との〝二足のワラジ〟。決して簡単ではないだろうと、わたし自身も覚悟は決めていた。それを、他の取締役員たちに認めてもらうにはどうしたらいいか……。
 わたしはこの時、ある決意を固めていた。

****

 ――その二日後、丸ノ内の〈篠沢商事〉ビルの大会議場において、緊急取締役会が行われた。
 主な議題は新会長の選出と、それに伴った役員人事の刷新。
 学校は忌引き中だったわたしは、議長を務める母とともに、急きょ銀座(ぎんざ)のセレクトショップで購入した高級ブランドのレディーススーツに身を包んで会議に臨んだ。その日は気合を入れるために、パーティー用ではなくビジネスメイクにも挑戦してみた。

「――おはようございます。桐島です。お迎えに上がりました」

 彼は二日前に宣言したとおり、当日の朝、自由ヶ丘の自宅まで愛車であるシルバーのマークXでわたしたち母娘を迎えに来てくれた。

「おはよう、桐島さん。今日はよろしく。……あ、今日〝から〟かな」

「そうなるといいですね。……いえ、きっとなりますよ」

 わたしがちょっとはにかみながら挨拶を返すと、彼は優しく微笑んでそう言ってくれた。

「桐島くん、おはよう。わざわざ悪いわね」

「ああ、いえいえ。僕が自分で言いだしたことですから、どうかお気になさらず。――では、参りましょう。後部座席にお乗り下さい」

 彼は後ろのドアを外から開けてくれて、わたしと母が乗り込むと運転席に戻り、ドアロックをかけて車をスタートさせた。

「スゴいわねぇ。これ、あなたの持ち(しゃ)なんでしょう? 絢乃から聞いてるわ」

 わたしもこの車に乗らせてもらうのは初めてだったのでワクワクしていたけれど、母のはしゃぎっぷりはわたし以上だった。

「はい。ローンを組んで、自分で買いました。僕自身、あまり身の丈に合わない買い物だとは思ってるんですが……」

「そんなことないよ! 少なくとも、わたしはそんな風に思ってないから」

「そうよ。あなたくらいの若さで、自分で車買おうと思うなんて立派よ! そこは堂々と胸を張るべきところだと思うわよ」

 身の丈に合うとか合わないとか、一体誰が決めるんだろう? わたしと出会ってからの彼は、よくそう言って自分を卑下しているけれど、わたしはそんな考え方が好きじゃない。
 この令和の時代に、身の丈も何も関係ないと思う。少なくともこの日本にいる限りは。

「そう……ですかね? お二人にそうおっしゃってもらえると、僕も救われた気がします」

「またそんなに(かしこ)まっちゃって……。桐島さん、もっと肩の力抜いたら?」

 彼はあくまで謙虚だったけれど、わたしには分かった。
 彼が秘書室への転属を希望したのと、新車を購入したのはほぼ同時期だったのだ。
 だから、それこそが彼の決意の表れだったのだと。

 ――それから約三十分くらいで、わたしたちはオフィスビルに到着した。

「僕は会議には参加できませんので、とりあえずどこか近くで時間を潰してますね。会議が終わり次第、またご連絡頂ければお宅までお送りします」

 地下駐車場でわたしと母を車から降ろした彼は、一般社員なので取締役会には出席できなかった。そのため、彼だけ別行動を取ることになったのだけれど。

「ありがとう、桐島くん。帰りはいいわよ。ウチの運転手に迎えに来てもらうから。ただでさえ今日は休日出勤してもらってるんだし、あなたは帰ってゆっくり休みなさい」

 この日は、実は土曜日。当然ながら会社はお休みだったので、彼には休日手当が支給されたはずである。

「……分かりました。では、僕はこれで失礼します。絢乃さんが無事に会長に就任されることをお祈りしてますね」

「ありがと。お疲れさま」

 彼はわたしたちにお辞儀をして車に戻り、そのまま駐車場を後にした。

「――さてと。絢乃、行くわよ!」

「うん!」

 母に背中をポンと叩かれたわたしは、気を引き締めた。

****

 ――大会議室は、地上三十四階・地下二階の三十六階建てである篠沢商事ビルの三十二階にある。その名のとおり、このビルの中にある会議室の中で一番大きな会議室で、月に一回行われるグループ全体の役員を集めた本部会議もここで行われている。

「――みなさん、本日はわざわざご足労頂きありがとうございます。ではこれより、緊急取締役会を始めたいと思います」

 議長である母がマイクを手に、会議の開会を告げた。

「本日の議題は、前会長であった夫・篠沢源一の急逝による新会長の選出、およびそれに伴う経営体制の刷新です。まずは、新会長の選出から。――ここに、前会長の作成した遺言状があります。ここでは、この〈篠沢グループ〉の経営に関する内容のみを取り上げたいと思います」

 母はジャケットの内ポケットから、白い縦長の封筒を取り出した。それはもちろん父の遺言状で、この会議の前日に弁護士の先生立ち合いのもと、裁判所で内容が公開されていた。

「内容を読み上げます。――『私の死後、篠沢グループの経営に関する全権を、長女の篠沢絢乃に一任するものとする。また、グループ企業の土地・建造物および株式もすべて長女絢乃に譲渡するものとする』――とのことです。というわけで、新会長はここにいる娘の絢乃が就任すべきだと私は思いますが、みなさんのご意見は?」

 そこに書かれていた内容は、父が生前わたしに話してくれた内容とまったく同じものだったので、わたしはホッとした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み