第24話  ユーチューバーシンゴ

エピソード文字数 5,697文字


 ※


 バイトを終えて華凛とももまろを引きつれ家に帰る。

 今日は龍子さんや紫苑さんが俺達が帰るのを待ってくれていた。


 その理由は、俺や華凛の護衛の為なのだろうが……



まぁ別にそっちの用件だけじゃなくって、普通に帰りましょう。
ですね。仲良く帰宅しまっしょ。

そやで。ももまろちゃんとも仲良くできるしな~~

ほら、抱っこしたろ。

すーっすーっすーっ
あはっ。もう懐いちゃった。

ははっ。ちゃうねん。

ももまろちゃん達はな……ウチの事を「おやつくれる奴」や思うてるだけやねん。


そやろ? ももちゃん。

ほ~らウチの鞄から何か出てきよるで。

わんっ!

 さすが紫苑さんといったところか。

 わんちゃんの心理を完全に把握してやがる。


 おやつに夢中なももまろを見てると、何だか情けなくなってくるぜ。

 まぁそういう単純なところも可愛いから許す。

ほ~ら。コレが欲しいんやろ?

欲しいんか? いるんか? 食べたいんか~~?


龍子はん。これ。あげたってください

さんきゅ。


ほ~ら。こっちにもオヤツのねーちゃんがいるぞ。

仲良くしようぜ。

 おやつをモリモリ食べるももまろ達であった。


 ま、まぁ普段はあまりやらないからこの程度大丈夫だろう。

 それよりも紫苑さんや龍子さんにも懐いてくれるほうが俺としては嬉しい。

しっかし……楓蓮さんがここまでハマるとはね。

私も自分で驚いてます。

もう愛らしくって、可愛くて……人格変わっちゃう。

コテツちゃん来た時にデレきってたからな。

でもその気持ち分かるわ。ペットも第一印象めっちゃ大事やしな。

あのくらいデレきってもええと思うで。

 みんなで喋ってる間に俺の家の前にさしかかる。


 俺は先に紫苑さん家まで送ろうとしたが、龍子さんや紫苑さんの猛反撃に遭ってしまう。

  

 

 

紫苑の送り迎えは俺がやりますから。任せてください。

楓蓮さんの家が一番近いんやし。ウチはかまへんから。

龍子はんも別にええのに……

ダメだ。この件は俺の勝手にさせろ。


っつーわけで。楓蓮さん。また来週です

 二人に断られちまったら、俺だってついてく訳にもいかない。

 華凛もいるし、勝手にマンションの階段をあがっていくので、俺は軽く溜息を吐いてから家へ帰るのだった。


 何かあったとしても、龍子さんがいるのなら大丈夫だろう。

お姉ちゃん。魔優お姉ちゃんが一緒にゲームやろうよって言ってるよ。
待てよ。シャワー浴びさせろ。喫茶店のあとは汗だくなんだって。

 すぐにシャワーの準備をすると、必ずももまろ達がやってくる。

 んで、風呂場から俺が出てくるまで待ってるんだよな。


まぁまて。お前らも今度お風呂しないとね。

 シャワーを終えリビングに戻ると華凛はいなかった。

 部屋に戻ったのかと思い、あいつの部屋を覗きこむと真っ暗の中、スマホの光が見える。


 あの様子じゃすぐに寝るだろうと思った俺は、自分の部屋に戻った。


 どうせなら小説の更新でもしようと思いパソコンを立ち上げる。


 と、その時ふと思い出した。

 龍子さんがユーチューバーとして出演しているのを見てみたいと。


 という訳で、今日は龍子さんの雄姿を見届けようじゃないか。

おお、すげぇな。この人の番組に出てたのかよ

 ユーチューバーのシンゴと言うのは、その界隈ではかなりの有名人らしい。

 番組数も多いし、再生数も凄まじく、ユーチューバーで食ってるだろって感じだな。


 そんな中「ヤンキーと仲良くやろう」と題名されたのをクリックすると……

 龍子さんらしき人が出ていたので、早速最初から見てみることにした。

ども~ユーチューバーのシンゴです。

今日は大人気の企画である、集まれヤンキーの輪。怒涛の第二回目をお送りしますっ!

 こいつがシンゴってヤツか。

 一見大人しそうな感じだが、ファッションがジャージ上下でヤンキーっぽいぜ。

そして! 今回も来ていただきました!

女なのに中身は完全に男だと言い張るアマゾネス! 翔子ちゃんだ!

誰がアマゾネスなんだよ。

てめぇ……調子のってっと殺すぞ!

 くっ……やべぇ。

 めっちゃ可愛い顔してんのに、完全に喋りが男だぞ。

 

 しかも視聴者から結構人気があるのか、彼女を褒め称えるコメントが一気に流れ出した。

待ってたぜ。翔子ちゃん!
可愛いんだけどな。完全に心の中が男だからな。

更に! こんな男女に実は……妹がいたんですよ!

初登場! 翔子の妹である龍子ちゃんだ!

好き放題ヤンキーを殴れるって聞いて来ました。押忍。

ちょ! こら。何を言い出すんだ。

殴れないからね。人を殴っちゃダメだよ。捕まっちゃうじゃないか


ヤンキー達と仲良くする番組だからこれ。

 龍子さん登場である。


 っていうか……妹ってことは……

 あの龍子さんよりも小さい女性がお姉さんなのか?

龍子ちゃんも、俺っ子なんでよろしく。

まぁ翔子の妹だから、こんな風になるだろって話だね。

ちょっと二人とも。カメラに向かって睨んじゃダメだよ。

もっと可愛く。にこやかに行こうぜっ

じゃあ早速。地元のヤンキーとコンタクトを取りに行くぞ。

さぁ今日はどんな素晴らしいヤンキーと出会えるのか、楽しみだね。


よし! じゃあみんなで行ってみよう!

 爽やかな笑顔を見せるのはシンゴだけで、両サイドにいる二人はカメラに向かって睨みつけたままであった。一体どんな番組なのか気になるじゃないか。


 ※


 一応この番組の趣旨としては、日本全国にいるヤンキーとアポなしで会いにいき、仲良くやろうという企画らしい。行き当りばったり感が半端無いし、果たしてぶっつけ本番で番組が成立するのかも疑問である。


 ヤンキー達が全く知らない人間の番組に、素直に応じてくれるのだろうか。

 初見だった俺は、そんな事を心配しながら画面を見ていた。

 ちなみに。この収録の為に東北の方にまで行くそうだ。

 移動中はカットされていたが、四時間かかったらしい。


 何故地元でやらないのかも疑問だな。

お、あれは地元のヤンキーじゃねーか?

あのバイクは……ダサ。 格好いいじゃん!

 真っ暗闇の中、けたたましい音を立てながらバイクが数台こちらに向かって来る。

 色んな装飾が光っており、間違いなく暴走族だろう。


 そんな奴らの進行方向を妨げるように道路に躍り出たシンゴ。そして翔子さんや龍子さん。

 

 おいおい、そんな事したら絡まれるんじゃね?

(第一ヤンキー)

んだこらぁ! なんだてめーら!

 すぐに戦闘体勢になるヤンキー。後ろに乗ってたヤツもバイクから下りてくると、後続のバイクも次々と停車した。

 

 いやー。まだこんな暴走ヤンキーがいるなんてある意味レアだな。

 リーゼントなんてマジでやってる人間初めて見たぜ。ギャグじゃなかったんだ……

いや~実は僕。ユーチューバーでして、全国のヤンキーの取材やってるんですよ。

そんで、そーいう奴らと仲良く遊ぼうって企画なんですけどね。

 そんな話聞くわけないだろ。と、突っ込まずにはいられない。

 もしかしてヤラセ? そんな事が頭に浮かんだが、次の瞬間だった――


 いきなりシンゴに殴りかかったヤンキーが見えたと思えば、急にカメラのアングルが違う方向に向いてしまう。

おいおい。無理だろこんな企画。

カメラマンも殴られたんじゃないのか?

 そんな心配をしながらも番組を見てみると、とうとう「暫くお待ち下さい」という言葉と共にどこかの湖の映像に切り替わった。のはいいのだが……


 よ~く聞いていると、何だか叫び声や悲鳴とか色々聞こえてくる。

 一体何をやってるのか分からないが、暫くしてからシンゴが画面に写った。

 いや~ここのヤンキーも本当に素晴らしいね。

 いきなり俺達に殴りかかってくるとか、乱暴者というか、命知らずだね。

やっぱおもしれーな。地元じゃ顔割れてっからケンカ売ってこねーんだよ。

翔子はもっと暴れてぇぞ!

もっとやりたいっす。ワンモアボッコプリーズ
え?
 急変したシンゴに呆気にとられていると、カメラマンが叫ぶ。

(シンゴメンバー)

おい! カメラ回ってるっつーの!

おっと! うっかりしちまった! 今のはカットだぜ!

 カットどころかバッチリ編集されているんだが。

 もしかしてワザとなのか? と言わんばかりのシンゴ含む山田姉妹であった。

 

 次は再びヤンキー達がシンゴと会話するシーンとなったのだが……


 カメラの前に出てくるヤンキー達は既に顔がボッコボコになっており、その後ろにあるバイクは大破していた。

で。噂によるとこの辺のヤンキーってさ、暴走すると見せかけて……

町の慈善事業に勤しんでるって本当なの?

(第一ヤンキー)


え?

はいって言えやこらぁ!

 翔子さんの叫び声にタジタジなヤンキー達は、はいと返事するしかなかった。


 外野から聞こえてくるドスの聞いた声には愛想笑いのシンゴ。

「はい。翔子ちゃん落ち着きましょうね」などと、その程度である。 

 

シンゴさん。こいつら今から河川敷にゴミ拾い行くんじゃないっすかね?

俺。そういうヤンキーがいるって聞いた事があるんですよ。


もしかしてこいつらの事かもしれない。

あぁ俺も聞いた事があるぞ。

町の人間にゃワルだと思われてんのに、実は人一倍町の為に尽くすっていうヤンキー達だろ?


君達がそうだったんだね

中々見上げた奴らだな。

で、どうしたお前ら。ボロボロじゃねーか! 何があったんだ?

 このタイミングでユーチューバーのコメントが殺到する。

 

お前らがやったんだろ!

みんな他人事みたいに言ってるぞ。
だよな……
お! 今度は向こう側からヤンキー達がやってきたぞ! 

あれはきっと……敵対するチームっすね。

河川敷のゴミの縄張り争いっすよ。

 龍子さんの意味不明な言葉のあと、カメラの外から「同じチーム」と聞こえてきたが……

 そんな言葉など全員無視してやがる。

こんな慈善事業を勤しむヤンキーを潰されてはならん。

やっちまおっか!

 メッチャ笑ってる翔子さん。やる気すぎんだろ。


 しかし。ここでシンゴが出てくると、話は違う方向へ進む。

待った! 翔子ちゃん。

俺達は何の為にここに来たんだよ。


俺達は全国のヤンキーと友達になる為に旅をしてんだろ?

ここは……俺達の力で! あの敵対勢力ヤンキーと和解するんだよ!

 なんだか格好いいシンゴだった。

 だが翔子さんや龍子さんは、はいはいといわんばかりな対応で、ヤンキー達が近くまでやってくると、早速というか、向こうから怒鳴り声を上げてくる。

なぁお前ら。どうにかこいつらと和解して、慈善事業に勤しむヤンキー達を認めてやってくれ!

こいつらはな……人一倍この町が好きなんだよ!

 シンゴの演技にコメントが滝のように流れてゆく。

 みんながみんなシンゴの台詞を鵜呑みにしている人間などおらず、ヤンキー達がご臨終するのを想定しているようだ。

どうやら分かってくれなさそうだ。

ここはもう、拳を交えて、分かってもらうしかない!

だな。日頃から敵対してるんだ。その恨みつらみも一筋縄じゃいかねぇ。


 翔子姉さんのウィンクがイミフだったが、リスナーのコメントが

「殴りたいだけだろ」とか、散々であった。


 人を殴るのにあの笑顔って……なんとなく虎ちゃんみてーだ。

よしっ! 俺達も助太刀するぜ!

この戦争を。俺達が終わらすんだ!

 そこから再び「暫くお待ち下さい」の画面になると、叫び声だけが聞こえる。

 その叫び声がもうね、喜んで人を殴りまくっている翔子姉さんや龍子さんの声ばかりであり……


 

 あぁ……とんでもなく強かったぜ。

 両チームの信念には俺達もギリギリだった。


 そして……ここに両チームが和解するという、歴史的な一ページが刻み込まれたのだった。

 「元々同じチームだろ!」というコメントの嵐である。


 シンゴや翔子さん、龍子さんが仁王立ちしている後ろには……

 既にボコボコにされたヤンキー達が申し訳なさそうにちらっとだけ写っていた。

これは……ヤンキー達と仲良くやる番組じゃなくて、表向きはそう進行させておきながら、その実態は「ヤンキーをボコボコにする」番組ってことか。


お! ポリがくんぞ! 撤収!

おいおい翔子。俺達は何も悪いことしてねーだろ?

逃げる意味がわかんねーぞ。

シンゴさん。どうやらここの警察は、ちょっとした事でブタ箱に入れるそうです。

悪い事をしてなくても、逃げた方がいいんじゃないっすか?

 するとシンゴがボコボコにしたヤンキーに喋り掛ける。

 既に意識が遠のいてるヤンキーの襟首を掴みながら、一人でこんな事をいいやがる。

そうか……分かった。


ポリは俺達に任せて逃げろってよ!

参ったぜ。なんつー器の広いヤンキー達だ。

翔子ちゃん惚れちゃいそうだぜ。


 こうして。現場から逃げる三人組だった。


 今度は遠くからヤンキー達が警察官の取調べを受けてるシーンとなり、連行されるところまで写されていた。

いやー全国には色んなヤンキー達がいるもんだな。



だな。俺はもっと人を殴る……もっとヤンキー達と交流を持ちたいね
ですね。俺達もまだ知らないレアなヤンキーをもっとシバいて……見てみたいっす!

という訳で。集まれヤンキーの輪。第二弾いかがだったでしょうか?

好評ならまたやってもいいと思いますんで、よろしくねぇ~!

 面白かった。龍子さんも活き活きしてたしな。

 偽善者ぶってヤンキー達をボコボコにするなんて……中々出来ないぞ。


 っていうか、こんな番組成立させてる所がすげぇな。

 下手すりゃ訴えられそうな気がするけど。

第三弾やってくれねーかな。

龍子さんに言ってみよう。

――――――――――――――――


次回 美神家のパーティ 1~5

 登場人物紹介

 ★山田 翔子 やまだ しょうこ 


 男女入れ替わり体質。女性の姿は初登場。

 龍一が恐れる唯一の姉。百人でかかっても勝てないらしい。

 女性になると、小さくなるが(140センチ)戦闘力は変わらない。

 男の姿よりもケンカっ早く、とても危険人物に。


 また、女性のファッションに興味がなく、虎子と同じレベル。

 (ちなみに山田一家で一番女らしいのは、龍子である)

 

 ★山田 真悟 (やまだ しんご)


 全国でも有名な極道、山田組の息子でユーチューバーとしても有名。

 染谷家の秘密を知り、翔子とは無二の親友である。


 翔一と互角の強さで、桜とも仲が良い。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介


 ★登場人物でも若干のネタバレを含みます。第一部からお読みいただきますようよろしくです。

 ★逆に第二部の登場人物を先に読んでから、第一部をお読み頂きますと、別の意味で楽しめます。

 

 ★読者視点は神視点。登場人物の心の声も聞こえます。(フキダシの色がこの色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年

 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 自分自身の事よりも、仲間の為ならば凄まじく有能になる。

 ★ 白峰楓蓮 しらみね かれん


 蓮の女性の姿。類稀なる美少女だが本人にはあまり自覚がない。


 外部には黒澤家の親戚(蓮の姉)となっている。

 楓蓮では世間との関わりあいを最小限にしてきたが、徐々に一人の女性として目覚め始める。

 

 自分を理解してくれる人間が増えるたびに楓蓮は飛躍的に成長してゆく。  

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生

 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。

 

 二部中盤で凛オンリーの章があります

★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは黒澤家の秘密を知るものだけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。

★ 黒澤 玲斗 くろさわ れいと

★ 白峰 麗華 しらみね れいか


蓮や凛のお父さん。ただいま遠方で仕事中。

麻莉奈や平八。ティナとは大親友。


後半から再び登場します

★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。

 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。


 高校当初から蓮と関わりを持ち、お互いに影響されてゆく。無二の親友?

 記憶喪失だったが、徐々に昔の事を思い出してゆく。


 二人目の主人公。

★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲

 おっぱい職人。ツイッタのフォロワーは10万以上の有名人。

 作中でも最強だと言われるが……

★ 白竹 美優 しらたけ みゆう

 

 男女入れ替わり体質

 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。とても内気で、語尾が変になる。

 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は魔優と入れ替わっている

 歌が上手く、全国でも有名な絵師でもある。(エロ同人が本業)

 

 三人目の主人公。 

★白竹 美樹 しらたけ みき


 白竹美優の男性の姿。

 外部では白竹魔樹と名乗っているので、彼を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で厨房担当したり、サイクルの都合上、学校でも魔樹として振舞う。

 男の子の身体で遊ぶのが大好き

★白竹 魔優 しらたけ まゆう


 男女入れ替わり体質。

 外部では白竹美優と名乗っているので、彼女を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で接客担当。サイクルの都合上、学校でも美優として振舞う。

 心の中は女の子なので、こちらが真の姿となる。

 四人目の主人公

★白竹 魔樹 しらたけ まき


 魔優の男の姿。外部に知られているのは魔樹である。

 蓮の隣のクラスで、常にクール。成績も良く、空手や合気道を習得。

 学校内では魔樹王子と呼ばれるほどモテる。


 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は美優と入れ替わっている

 乙女ゲー大好きのツンデレ。

★白竹 麻莉奈 しらたけ まりな


美優。魔優の母。入れ替わり体質。


とてもピアノが上手く、蓮はプロの犯行だと断定。

双子の母だけあり、とても美人だが色々とヤバい人。

男の姿は、でかい上にマッチョらしい。


★ じいじ


 白竹家のおじいさん。喫茶店のオーナー。

 小太りでツルっぱげ。チョビ髭が可愛い。

 厨房担当で楽しい事があると、その場でクルクル回りだす。

★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 男女入れ替わり体質。

 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的で、クラスでも人気がある。

 楓蓮に一目惚れし、ずっと彼女を追い求める。

 オムライサーでありポニテマニア。

 

 五人目の主人公

★山田 龍子 やまだ りゅうこ


 龍一の女性の姿。

 楓蓮を追って同じ喫茶店で働く事になる。全国でも有名な山田組の人間。

 ケンカが強く、蓮も認めるほど。

 楓蓮に近づく男を排除しようとする俺っ子。

★山田 虎子 やまだ とらこ


男女入れ替わり体質。龍一の弟(妹)

全国統一を夢見る女の子。既にチームを結成しており、チームヴァルハラと名づける。

口調はキツいが、兄弟には頭が上がらない。

デコトラならぬデコチャリで街中を暴走する。

★染谷 翔一 そめや しょういち 


男女入れ替わり体質。龍一の兄(姉)

龍一が恐れる唯一の兄貴。百人でかかっても勝てないらしい。

ただいま、新婚生活真っ最中。

★染谷 桜 (そめや さくら)


 翔一の奥さん。普通の人間。

 とても清楚で大人しそうな美人だが染谷三兄弟は彼女に対し頭が上がらない。

 翔一を女らしくする為、日々調教中。

★百済 紫苑 くだら しおん


 高校二年。軽音部。実家はソッチ系統の百済組。

 楓蓮達と一緒に喫茶店でバイトを始める。関西弁ちっくな喋り方だが、とても優しく後輩想い。

 蓮の同じクラスである、米山まゆこと、坂田沙織は小学校からの付き合い。

 マイブームはマジョリーナちゃん(ミニチュアダックス)を可愛がる事。

★坂田 沙織  さかた さおり


 高校一年。蓮と同じクラス。

 いつもニコニコ。おっとりとした口調でマイペース。

 紫苑と同じ軽音部。ベース担当。

 親が犬のブリーダーで楓蓮に二匹のダックスを譲る。

★ 西部

 蓮と同じクラス。

 事あるごとに蓮に絡んでくるが、その目的は聖奈や美優と接点が持ちたいが為である。

 ツイッター名では「モントゴメリー」。おっぱい職人を神と崇める。

★真鍋

 蓮と同じクラス。西部の友達。

 頭は良く、テストでも上位だが、彼もおっぱい職人を神と崇める。

 ツイッター名は「穴バースト」

★米山 まゆこ (だんじりバージョン)


 蓮と同じクラス。坂田とは昔からの親友で、紫苑は先輩に当たる。

 魔樹王子にベタ惚れてしまい、蓮に紹介してもらえるよう頼んだ。

 バスケ部所属。一年なのに相当の実力を持っている。

★ 三輪 加奈子 みわ かなこ

 

 蓮と同じクラス。坂田沙織の友達で幼稚園からの付き合い。

 男の子同士がホニャララするのが好き。

★ 清原 愛美 きよはら まなみ


 魔樹と同じクラス。米山まゆこと中学時代からの付き合い。

 ちなみに魔樹王子と呼び出したのはこの子。

★ 梶谷


 蓮と同じクラス。西部の友達で小学生からの付き合い。

 バスケ部所属。一年でレギュラー筆頭。

★高坂


蓮と同じクラス。梶谷の友達。

ギャルゲーのアイドルプリンセスをこよなく愛する男の子。

★ 鼻


楓蓮が命名。

その昔、蓮にケンカ売ってきたり、美優をナンパしたり、ろくでなし男であったが楓蓮や龍子にボコられる。だが楓蓮に鼻を治してもらったと勘違いしている。

楓蓮に殴られてから、とんでもなく優秀な男へ変貌する(だがケンカは弱い)

★ヴァルハラメンバー 


 只今メンバーは八人。

 虎子率いるチームヴァルハラメンバー。俗に言う不良だが、楓蓮。龍子。虎子には従順。

 実は全員イケメンレベルだが、とにかく頭も弱く、ケンカも弱い。

 NO表示されており、変なヤツが混じってます。 

 竜王 冴子 りゅうおう さえこ


 高校一年。西部曰く、彼女と美神聖奈。白竹美優を三大美女認定している。

 いつも笑顔。とても愛想が良い彼女だが……

 王二朗曰く、超危険人物。鞄にスタンガンを隠し持ち、女の子を襲うらしい

★ 播磨 王二朗 (はりま おうじろう)


 高校一年。竜王冴子と共に登場。190センチの巨漢であり極道顔。

 とてもじゃないが高校生には見えない容姿に、シルエット姿となっている。

 警官とエンカウントすると、ほぼ職務質問されてしまう。

 ゴリラのモノマネが神がかっている。

★竜王 将哉 りゅうおう しょうや


 萌ゴリと共に現れた男性。とてもイケメンだが萌にナンパーマンであると暴露されてしまう。萌は恋人だと告げるが……楓蓮は最初から将哉を警戒する。 

★稲坂 萌 いなさか もえ


 楓蓮が早朝マラソンに出かけた際に知り合った女性。

 巨漢で筋肉質なので、楓蓮は男だと勘違いするほど。

 とても気さくでしゃべりやすい印象を受けた萌ゴリ。ちなみにラッキースケベ体質。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色