78

エピソード文字数 558文字

「安心しろ。帰蝶とは契りを交わしてはおらぬ。わしは紅を好いておるのじゃ」

 信長はあたしの体を優しく愛撫する。
 8年もの間、晒しできつく押さえつけれていた乳房が、信長の手で解き放たれ女に戻る。

「……ああ」

 抵抗するものの、耳元で『紅を好いておるのじゃ』と囁かれ、体から力が抜け落ち、自然と声が漏れた。

 越えてはならない男と女の一線。
 頭では理解できているのに、体に力が入らない。

 信長はあたしの変化を察知し、掴んでいた手を離し、袴の帯をするするとほどいた。

「……だめ」

 信長はあたしの指に、自分の指を絡めた。

 ずっと抑えていた熱い感情が……
 一気に溢れ出す。

 あたしがお慕いする人は……
 暴君で手がつけられない大うつけだ……。
 
「紅、わしの側に仕えよ」

「……なりませぬ」

「わしのものになれ」

 イヤイヤと首を振るものの、絡めた指はわたしの心を離してはくれない。

「暴れるでない。己の心に従え」

「……のぶなが……さま」

 信長は狡い男だ。
 帰蝶という正室がありながら、女にうつつを抜かす。

 1人の女を愛することも出来ないくせに、男と偽るあたしを面白半分に抱いているに違いない。

 それなのに、あたしは……
 あたしは……

 そんな信長を……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み