95

エピソード文字数 929文字


「紅を奇妙丸(信忠)の傅役(もりやく)(教育係)に命ずる」

「この俺が……奇妙丸様の傅役!?」

「奇妙丸を戦国一の逞しき武将に育ててくれ」

 あたしが……
 お世継ぎの傅役……。

 男としてこの乱世を生き抜いているあたしが、一生母になることはないと思っていた。

 信長の子を生むことが出来ないあたしに、信長は大切な世継ぎの傅役に任命した。

 嬉しくて涙ぐむあたしを、信長は優しく抱きしめてくれた。

「勿体ない……お言葉。しかと承りました」

「そうか。頼りにしておるぞ」

 縺れ合うように畳の上に崩れ落ちる。
 信勝を殺した罪を共に背負い、その傷を舐め合うように抱き合う。

 着物が擦れ合う音にすら敏感に反応するあたしは、信長の手中では一人の女に過ぎない。

 ――1560年(永禄3年)

「殿!今川軍が尾張国へ侵攻し、その軍勢は4万とのこと!このままでは今川軍にやられてしまいます」

「出陣じゃ!挙兵せよ!今川義元を討ち取るのじゃー!」

 “信長は静寂を保っていたが4000の軍勢を整えて襲撃。今川軍の陣中に強襲をかけ今川義元を討ち取り、今川軍は駿河国へと退去した。”

 あたしは奇妙丸(信忠)の傅役となり、合戦に同行することはなかった。信長はあたしを戦に連れて行きたくはなかったのだろう。

 あたしは信長の側に仕え、信長の楯となるつもりだったが、今は小さな若君の楯となり、若君を教育するが務め。

 我が子を抱いたこともないあたしが、若君に母性本能を刺激され、母である錯覚に陥った。

 そんな時……
 ふと思い出すのは、現世に残っている母の姿。父が亡くなったあと、女手ひとつで苦労しながら、あたしと姉を育ててくれた母に、あたしはどうしてあんな酷いことをしてしまったのだろう。

 もう一度逢えるものなら……
 母にした数々の親不孝を詫びたい。



 ――信長は戦いに明け暮れ、数年もの間、吉乃とは疎遠になっていると思っていた。

 奇妙丸と3人で過ごしていると、ひとつの家族になれた気がして、ささやかな幸せを感じていた。

 吉乃は徳姫出産後、産後の肥立ちが悪く重症に陥っていたことを、その時、あたしは知らなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み