3-6 二回目の挑戦

文字数 1,054文字

 次の週末
 今週の名目は中間テストの復習だってね
 ああ、今日は一応教科書とか持ってきたぞ
 真面目だなあ、ライくんは
 銀騎(しらき)から連絡もらったろ?

 なのに手ぶらなのか?

 だって僕、テスト間違えてないもん
 ああ、そうかよ!
 銀騎(しらき)
 いらっしゃい──どうかしたの?
 いや別に……
 僕が秀才過ぎて困るって話
 ──なるほど

 イヤミだよね、それって

 鈴心(すずね)チャンは今日もお籠もりかな?
 うん……朝からずっとね


 鍵はついてないから、引っ張り出そうとすればできないこともないけど

 できれば自分から出てきて欲しいんだけどね
 わたし達が部屋の前で騒いだらうるさくて出てくるかな?
 昔話じゃねえんだから……
 あ、でもそれ使えるかも
 応接室にて
 鈴心チャンは自分専用の携帯電話って持ってるかな?
 もちろん、持ってるけど
 よーし、じゃあ、銀騎(しらき)さんはこのアプリ、ダウンロードしてくんない?
 …………


 インストールしたけど、なあに?これ?

 そのアプリを起動したままで、鈴心(すずね)チャンにいつものメッセージアプリでメッセージを送り続ける
 ええ?
 ここをこうすると……君の携帯電話が拾った音声をすぐに文章化して、相手にそれを送信し続けることができる
 わたし達の会話を無理矢理送りつけて読ませるってこと?
 そ。元は盗聴目的に開発されたものなんだけど、役に立つ日が来るなんてねえ
 誰が作った、そんな物騒なモン
 うん、顔も知らないトモダチがちょっとねー
 お前は相変わらずネットで危ない橋渡ってんな……
 まあまあ、このやり方なら法には触れないでしょ?

 逆盗聴なんだからさ

 すずちゃんが電源切っちゃったら?
 そこは賭けだよね


 でもやって見る価値はあると思わない?

 まあ、だめで元々か
 わかった、やってみよう


 あー、でも後で絶対わたしが怒られるよお

(ニヤニヤ)

 ……嬉しそうだな
 よし、じゃあ、スタート!
 ──もう、喋ったら送信されるの?
 うん。すでに送られてるよ、ほら
 ほんとだ


 あ、既読ついた!

 おーい、リン、見てるかあ?

 ハルだよーん

 すずちゃん?私達の会話を全部送るから、興味が出たら降りてきてね?
 ほら、ライくんもなんか喋って!
 鈴心(すずね)、おいこら、とっとと出てこい
 あ!スタンプ返ってきた!
 返信の代わりに返ってきたのは、とても可愛らしい兎が「殺す」と言っているイラストだった。
 すずちゃんお気に入りの「ウサコロちゃん」だ!
 ……
 ……
 ま、まあ、反応は悪くないようだしこのままおしゃべりしよっか!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

唯 蕾生(ただ らいお)


15歳。男子高校生

怪力なのが悩みの種

九百年前の武将、英治親の郎党・雷郷の転生した姿


周防 永(すおう はるか)


15歳。男子高校生

蕾生の幼馴染

九百年前の武将・英治親の転生した姿


御堂 鈴心(みどう すずね)


13歳。銀騎家に居候している少女

英治親の郎党・リンの転生した姿

永と蕾生には非協力

銀騎 星弥(しらき せいや)


16歳。高校一年生

銀騎詮充郎の孫で、銀騎皓矢の妹

鈴心を実の妹のように可愛がっている

永と蕾生に協力して鈴心を仲間に入れようとする


銀騎 皓矢(しらき こうや)


28歳。銀騎研究所副所長

詮充郎の孫

銀騎 詮充郎(しらき せんじゅうろう)


74歳。銀騎研究所所長

およそ30年前、長らく未確認生物と思われていたツチノコを発見、その生態を研究し、新種生物として登録することに成功した


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色