詩小説『恋にならない女の子』3分で。こんな関係分かる人へ。

エピソード文字数 461文字

恋にならない女の子

恋にはならない女の子は、
可愛いのに何故だろう?

スペルを教わってない。
LOVEでもlikeでもないから。

飲みかけの炭酸飲料を、
当たり前のように差し出され、

受け取ってはいるけれど、
戸惑ったりもする。

恋にはならない女の子は、
気が合うはずなのに何故だろう?

近い距離に思えたり、
遠い距離に思えたりもする。

打ち明け話とかさ、
ふいに真面目な顔する時、

吸い込まれたりする。
時間止まったように。

恋にはならない女の子は、
嫌いじゃないのに何故だろう。

会いたくないは、会いたいだ。
興味ないは、興味あるだ。

お風呂上がりに湯気、
タオル乗せる濡れた髪とか。

くるぶし丈の靴下。
円を描き見える肌とか。

恋にならない女の子は、
恋にならないままが良い。

フレームのない眼鏡の上から、
僕の顔を伺ってから笑った。

白い肌、細い腕、茶色い髪。
髪を耳にかけ、光る首筋。

恋にならない女の子は、
記憶の中で溢れてる。

恋にならない女の子は、
好きなのに何故だろう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公はあなたです。それぞれの恋愛模様を『詩小説』で。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック