151

エピソード文字数 1,012文字

【信長side】

 ――“6月1日、本能寺にて茶会を開き、その夜、妙覚寺に逗留していた信忠を呼び寄せ酒を酌み交わし、信忠らが帰ったあと就寝する。”

 ――6月2日、夜明け前……。

「上様!明智光秀謀反!明智軍が本能寺を包囲、その軍勢は13000でございます!」

「蘭丸!それはまことか!弓を持て!」

 槍を手に本能寺を襲撃する兵を、弓で討ち殺す。光秀の軍勢は容赦なく火矢を放ち、織田の手勢を斬り殺した。

 蘭丸はわしの楯となり敵を迎え討つ。
 放たれた矢が蘭丸の肩を貫通し血飛沫が舞う。蘭丸は低い呻き声を上げ蹌踉けた。

「上様は中へ……!ここは蘭丸にお任せ下さい!」

「……蘭丸」

 もはや……
 これまでか……。

 このわしが、あの光秀に討たれるとは。

 ――その時、わしの目の前で敵陣相手に飛び回る黒い蝶が現れた。

 放たれた矢を木刀で跳ね返し、刀や槍をも打ちのめす。敵陣相手に勇ましく舞う黒き蝶……。

「……紅」

「上様は殿中の奥へ!蘭丸、大丈夫か。俺に掴まるのだ!」

 紅は負傷した蘭丸を担ぎ、わしとともに殿中に逃げ込む。

 本能寺はすでに炎に包まれ、メラメラと火の粉が舞った。

「紅!どうして追って来たのだ!」

「上様!俺はあなたの側を離れぬと申したはずです!」

「明智軍は13000の兵。もはや勝ち目はない」

「上様……、なんと弱気な!」

「明智光秀が討ち取りたいのは、この信長の首だ。紅は蘭丸と共に行け!何としても生き延びるのだ!」

「嫌でございます!俺は上様の側を離れませぬ!明智軍に包囲され、もはや落ち延びることなど出来ませぬ!」

「紅、わしは殿中に火を放つ。明智光秀に討ち取られるくらいなら、この本能寺で骨諸共焼き尽くし自害するつもりだ」

「……なんと」

「紅殿!ここは蘭丸にお任せ下さい!殿中には誰一人踏み込ませぬ!」

「蘭丸!その傷で戦うなど無茶だ!」

 蘭丸はあたしの制止を振り切り、殿中を飛び出し外から戸を閉めた。

「……上様」

「紅、武士としての最期を遂げさせてくれ。そなたが介錯(かいしゃく)してはくれぬか」

「……介錯なんて、嫌です!上様を手にかけるなんて出来ません!」

 火の手は殿中にも迫りくる。
 廊下で蘭丸の悲痛な叫び声がし、戸が将棋倒しとなり、目の前にドスンと血の塊が落ちた。

 それは……血に染まった蘭丸だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み