雨降って…… ②

文字数 3,499文字

「――わたし、ちょっとお手洗いに行ってくるわ。貴方も、ちょっとロビーに出て外の空気に当たってきたら?」

 そんな空気に耐えかねて、わたしは一度席を外すことにした。
 よく見れば、お酒に弱い彼も気分が悪そうだった。本人曰く、その場に漂うお酒の匂いだけでもう酔ってしまうらしいのだ。

「……お言葉に甘えてそうします」

 わたしは彼と一緒にバンケットルームを出て、彼がロビーのソファーに腰を下ろしたのを見届けてから女性用化粧室へ向かった。

 ほんの少しの間だけれど彼と離れ、自分の言動を(かえり)みた。わたしの言葉が、態度が、彼に過度なプレッシャーを与えてはいないかと。

 その半年ほど前に来社された悠さんのお話によれば、「弟は昔から、過度な期待や重圧に弱い」とのこと。わたしがことあるごとに「結婚」や「篠沢家の一員になること」を仄めかしていたので、彼はもうウンザリしていたのではないだろうか? 
 結婚そのものはともかく、伝統ある名家に婿入りすることが、「住む世界の違う」彼にとっての重大なプレッシャーになっていたことは間違いない。
 わたしは彼の優しさに甘えて、自分の願望を彼に押し付けてしまっていたのかもしれない。そんなわたしは何て欲張りだったのだろう。

「そりゃ、イヤにもなるよね……」

 大きなため息とともにそんな言葉を吐き出し、わたしは化粧室を出た。
 パーティー会場へ戻る途中、彼が座り込んでいたロビーを通りかかると、信じられない光景がわたしの目に飛び込んできた。

「…………えっ!?

 彼の座っていたソファーの側には真っ赤なスーツを着た一人の若い男性が立っていて、その男性を見つめている彼は、それまでわたしが見たことのないくらい険しい表情をしていた。そして、相手に掴みかからんばかりに固く両手の拳を握りしめていた。

 その男性には、わたしも見覚えがあった。そして、名刺まで押し付けられていた。名前は有崎(ありさき)(のぼる)さん。ITベンチャー企業の社長だけれど、実は大企業グループの御曹司らしい。父親の後を継ぐのを拒みながら、父親に出資してもらって起業したのだと経済誌のインタビュー記事で読んだことがあった。

 彼があんなに怒ったのは、有崎さんに挑発されたか何か気に障ることを言われたからだ。――わたしはそう直感で分かった。でなければ、温厚な彼がここまで眉間にシワを寄せることはなかったはず。

「――あの、わたしの秘書に何のご用でしょうか?」

 わたしは二人の元へツカツカと歩み寄り、ありったけの威厳を込めて有崎さんに詰め寄った。

「……キミの秘書? この男が?」

 彼は明らかに、貢のことを小馬鹿にするような口調でそう吐き捨てた。

 その見下すような態度に、わたしはムッとした。

「会長、クールに」と目で訴えてくる彼にそっと頷き、わたしは必死に怒りを抑え、大人の対応を試みた。ここで声を荒らげれば、わたしも有崎さんと同レベルに成り下がってしまうと分かっていたから。

「……ええ。彼はわたしの秘書で、今日の同伴者ですが。それが何か?」

「ふぅん、コイツがねぇ……」

 それでもなお、この男は彼に対して(しゃく)に障るような態度を改めようとしなかった。

「あの、彼が貴方に対して何か失礼でも? でしたら、わたしが彼に代わってお詫びしますが」

 口ぶりはあくまでもわたしの方が(した)()だったけれど、わたしとしては彼の肩を持ったつもりだった。まさかそのせいで、この後彼との関係に決定的な溝ができてしまうとは夢にも思わずに。

「いや別に。……あ、ちょうどいいや。キミもセレブなら、男は選んだ方がいいぜ。こんな地味で冴えない男より、オレの方がキミにはふさわしいと思うけど。だって二人、全然釣り合ってねぇもん。――じゃあな」

「余計なお世話です。失礼します」

 最後まで鼻につく言い方で、ここ一番の捨て台詞を吐いて会場へ戻っていくイヤミな彼に、わたしも負けじと捨て台詞で返した。

「――桐島さん、気分はどう? 顔色は……だいぶよさそうだけど」

「…………ええ、まあ。何とか大丈夫です。ご心配をおかけしてすみません」

「そう……」

 あの出来事で、彼は別の意味で気分を害したはずなのだけれど。わたし相手に、そんなにやせ我慢しなくてもいいのに、彼は精一杯虚勢を張っていた。

「じゃあ、戻りましょうか」

 わたしたちも会場に戻り、パーティーの続きを楽しもうとしたけれど。彼が心から楽しんでいないことは、火を見るよりも明らかだった。
 有崎さんは一体、彼に何を吹き込んだのだろう? どうして彼は、あの男に一言も反論しなかったのだろう? 
 わたしが彼の内に潜む苦悩や、ずっとわたしに打ち明けられなかった本心を知ったのは、この日の帰りのことだった。

****

「――貢、さっきは災難だったねー」

 帰りの車の中で、わたしはあの事件について努めて明るくコメントした。

「…………」

 運転席の彼は、いつもなら何かと助手席のわたしに話しかけてくれるのに、この時は不気味なくらい口数が少なかった。

 わたしはこの雰囲気がどうにも息苦しくて、落ち着かなくて。彼に何か言ってほしくて、ひたすらに言葉を重ねた。

「あんな人の言ったことなんて、気にすることないわ。貴方のこと、何も知らないんだもの」

「…………はい」

「あの人、すっごく感じ悪かったよね。自分がお坊っちゃま育ちなのを鼻にかけてるのよ。今日乗ってきた車、見たでしょ? 真っ赤なランボルギーニよ。あれ絶対、親のスネかじって買ってもらったのよ」

「…………」

 それでもまだ、彼はほとんど無言を貫いていた。まるで、わたしとの会話を拒否しているかのように……。

「わたし、あんな人がお婿さんになるのはイヤだな。だいたい、『釣り合う』『釣り合わない』って何なのよ。そんなこと、周りの人が決めることじゃないでしょ!? 本人同士が決めることじゃない! わたしは誰に何を言われたって、貴方以外の人とは結婚しないんだから!」

「……ムリだと思います」

「…………え? なにが?」

「いえ、何でも」

 彼はやっと口を開いてくれたけれど、彼の言った「ムリ」の意味が、わたしには分からなかった。その意味を訊ねても、彼はお茶を濁しただけでその後はわたしの家の前に着くまで、また口を(つぐ)んでしまった。

「――まだ降ってる……」

 わたしはフロントガラスの向こうに目を移し、独りごちた。行きから降り続いていた雨は勢いを増していて、ワイパーがひっきりなしに雨水を拭っていた。
 その光景は、わたしをますます(ゆう)(うつ)な気分にさせた。

****

 ――わたしの家の前に着くと、彼はいつもどおりに助手席のドアを開けて、わたしを降ろしてくれた。雨の中だったので、傘を差していない彼の服はずぶ濡れになっていたけれど、彼は他のことで頭がいっぱいだったのだろう。それに構っていなかった。 

「今日はお休み日なのに、雨の中ご苦労さま。風邪引かないようにね。じゃあまた――」

「待って下さい、絢乃さん」

「……ん?」

「車内での、絢乃さんのお話なんですが。――絢乃さんのお婿さんのお話ですけど、僕ではムリだと思います」

「え……? 待って、どういうこと? どうして急に、そんなこと」

 彼からはっきりとそう言い切られたわたしは、ちょっとしたパニックに陥った。

「急な話じゃありません。僕には、あなたを幸せにする自信がないんです。あなたと僕とでは、元々住む世界が違うから。恋愛関係を続けるのには、何の問題もありませんけど、結婚となると話は別です。あなたには、僕よりもっとふさわしいお相手がいるはずなんです。ですから、あの――」

「ふざけないで! そんなの、貴方の考えすぎでしょう? わたしはそんなこと気にしない。住む世界が違うとか、育った環境が違いすぎるからとか、そんなのただの屁理屈よ」

 確かに、これは数ヶ月前からの彼の口癖だった。でも、聞き流して構わないくらいのレベルの口癖だと思って、大して気にも留めていなかった。
 それを、また急に蒸し返した原因は、やっぱりあの有崎という人だったのではないか――。

「貴方、あの人に何か言われたの? だからそんなこと言い出したんでしょう?」

「……それもあります。ですが、これは僕の本心でもありました。絢乃さんと出会い、恋に落ちたことは、僕にとってはシンデレラが王子と恋に落ちたのと同じくらいの出来事だったんです」

「え…………」

「ですから、ずっと気になっていたんです。いつかあなたが、僕というつまらない男から、もっと魅力的な男性に心変わりするんじゃないかと。それはそれで仕方ないことだと思ってたので、その時にはスッパリ身を引こうって決めてたんです」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み