第1話

文字数 1,762文字

「それは……。普通、左手でしょ?」
 そこで笑い声がおきた。
「え。なになに? どういうこと?」左手でしょ? といった女性が連れの女性たちに尋ねている。
「ぶー」
「残念でしたー」
 連れのふたりが愉快そうに笑っている。
 結婚式の二次会の帰りに立ち寄った女性三人組。少し離れてカウンター席についている客たちを横目でちらっと見て、いすずはそう当たりをつけた。
 土曜日の午後十一時過ぎ。
 先ほどまで満席でやかましかった『サザンクロス』の店内も、何組かの客が帰っていき、急に静かになった。残っているのはカウンターのいすずとその連れの女性である会社の後輩、少し離れて女性三人組、テーブル席の三人連れの中年男性――それだけになっていた。
 後輩がトイレに立ったあと、近くの客の会話を聞くともなしにいすずは聞いていたのだった。
「えー。ちょっと、笑ってないで、いい加減教えてよ」先ほど、『左手』といった女性が連れたちに尋ねている。
「それねー。最悪の答え」連れのひとりが答えた。
「『左手』が?」
「ちがーう。あんたさっき、『普通、左手でしょ?』っていったでしょうが」もうひとりの連れがいった。
「うん」
「つまり――」
 そこで声が小さくなって、いすずには聞き取れなくなってしまった。
 一瞬の間があったあと、『左手』といった女性が声を上げた。
「ああー。そっか。なるほど」
「なるほどじゃないわよー」
「だって、そんなのいちいち覚えてるわけないじゃん」
「ひっどー」
「まあ、しょせんあいつとはね――」
 そこでまた三人組は笑い出し、そこからまた会話のトーンが落ちたので、内容までは聞こえなくなった。
 いすずの前にマスターが立って、チンザノのお代わりをコースターの上に置いた。
「お待たせ」
「ありがとうございます」
「興味ある?」マスターはちらっと目線だけを三人組に移した。
「心理テストかなにかですか?」
「うーん。ちょっと違うわねー」
 いすずの後輩が戻ってきて、マスターといすずを交互に見た。
「どうしたんですか?」
「最近ね、ちょっと流行ってる質問があるの」マスターが意味ありげな笑みを浮かべた。「やってみる?」
 いすずと後輩は顔を見合わせて、いすずがうなずいた。「じゃあ、私から」
「じっくり考えず、すぐに答えて」マスターがいった。「考えちゃだめよ」
「わかりました」いすずはうなずいた。
「いすずちゃん、彼氏いたよね」
「はい」
「あなたの恋人は腕時計をどちらの手にしていますか?」
 とっさにいすずはまぶたを閉じて一秒後に、答えた。
「左手」
 パチパチパチパチと、マスターは手をたたいた。
「お見事」
 いすずは怪訝な表情を浮かべた。「こんなの、間違える人いるんですか」
「それがねー。けっこう戸惑うみたいよ。突然こんな質問されるとね。えっ、となっちゃうみたい」マスターが肩をすくめる。「意外とね、普段そういう細かなところを見てない人もいるってこと。特に男性にこの質問をしたら、ほぼ全滅ね、まったくのところ。間違いなく、挙動不審に陥るわよ」
 それはそうだろうな、といすずは内心うなずいた。
「でも、腕時計って普通は左手に――」といいかけて、いすずはさっきの三人組の会話を思い出し、口をつぐんだ。
「そう。自信がない人はね、とっさに『普通、左手でしょ?』って答えちゃうの。でもそれは最悪のパターン。確信がない証拠よ。いすずちゃんはさっき、彼氏が腕時計をしているところを思い浮かべたわよね」
 いすずはうなずいた。
「そうやって、ちゃんとその人の具体的なイメージを思い浮かべられるかどうか。それを試す質問なの」
「でも、最近はスマホがあるから、腕時計しない人も増えてるみたいですよ」
「なるほど。じゃあ、恋人は腕時計をしていますか、って聞くべきかもね」
「ですね。あの、これって、そんなに流行ってるんですか?」
「最近、よくお客さんがやってるのよね。もしかしたらこのあたりだけなのかも。地域限定ってやつ?」
「なんですか、それー」
 いすずとマスターが笑った。
「あの」それまで黙って二人の会話を聞いていた、いすずの会社の後輩、中野啓子が口を開いた。
「その質問の出どころは、もしかしたら私かもしれません」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み