6-2 永の不安

文字数 1,431文字

 外道だ……
 それで?キクレー因子が暴走するとどうなるんだ?
 それはまだ研究段階なんです


 星弥(せいや)と私は体内にキクレー因子を持つ人間として経過観察の身でした


 ただ、星弥(せいや)の方は早いうちに因子が活発ではなくなったので、普通の子どもと変わらない生活をしてきました

 ああ、それで彼女はあまり詮充郎(せんじゅうろう)の関心を得られてないんだ
 その通りです


 ですからお兄様もこのような事態は予想していなかったようで、今も科学・陰陽術の両方面で調べています

 俺達に助けてと言ったのは?
 それは、ハル様とライにもキクレー因子があるからです
 ──やっぱり
 俺達にも?
 まあ、道理だね。僕らは(ぬえ)の呪いを直接受けている。ライくんは特に、だ
 そう……か
 恐らくライの中にある因子が最も活発であるとお兄様はみています


 銀騎(しらき)研究所にあるものはどれも遺骸などから抽出したサンプルばかりで──

 僕らの持ってる因子の方が活きがよくてピチピチしてるって?
 はい。私達三人の力があれば、星弥(せいや)の中の暴走した因子を鎮めることができるとお兄様は考えています
 それで僕らに彼女の所へ来て欲しいって訳か
 はい……このままでは星弥(せいや)は目覚めないかもしれない


 お願いします、ハル様、ライ。星弥(せいや)を助けてください!

 (はるか)──

(行くよな?)

 嫌だね
 !
 (はるか)!?
 僕らに彼女を助ける義理はないし、詮充郎(せんじゅうろう)の実験に手を貸すのも御免だよ
 詮充郎(せんじゅうろう)にはまだ報告していません!


 全てお兄様が主導でなさっています

 そのさあ、「お兄様」って言うのなんなの?


 あいつは詮充郎(せんじゅうろう)の孫だろ?おれ達の敵だ

 あ……
 おれは不安なんだよ、リン


 お前は今回、銀騎(しらき)の家に心を寄せすぎている


 身内として生まれてしまったからある程度は仕方ないと思ってたけど、今のお前を見てると嫌な想像をしてしまう

 私が、銀騎(しらき)側につくと……?
 (はるか)、それは──

(言い過ぎだ……)

 ハル様、星弥(せいや)を助けてくれたら私は銀騎(しらき)と訣別します


 ……皓矢(こうや)、も敵とみなすと、誓います

 その証は?
 それは……
 永、いいかげんにしろ!
 !!
 リンをあいつらに良いようにされて悔しいのはわかる!


 でもそれとリンを疑うのは違うだろ!

 ──
 リンまで信じられなくなったら、お前は終わるぞ……?

 何故、こんな責めるような言葉しか出ないのだろう。

 これは(はるか)の救援信号だってわかっている。

 それでも、(はるか)には前を向いて欲しい。俺達の導であって欲しい。

 ……
 ……
 ライ……、私は──
 んんんごめんっ!!
 !
 リン、ごめん!今のナシ!僕の浅はかなジェラシーでした!
 え、あ……
 よし、じゃあ、行くな?
 う……醜態をさらしたからね、仕方ないな


 あ、ジジイには会わないからね!?役目が終わったらすぐ帰るからね!

 はい、はい!
 行くぞ
 眠り姫を助けに、ね
 ……今更かっこつけんな
 えー、厳しいッ!

 いつも通り(はるか)がおちゃらければ元通りだ。蕾生(らいお)は笑いながら少し泣いた。

 

 (はるか)はいつもそうやって俺達を鼓舞し続けてくれる。だから、踏ん張れる。

 ──ありがとう

 鈴心(すずね)が背中に向けて言った言葉も、もちろん届いている。

 気にするなと改めて言う必要はない。

 俺達はずっと仲間なのだから。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

唯 蕾生(ただ らいお)


15歳。男子高校生

怪力なのが悩みの種

九百年前の武将、英治親の郎党・雷郷の転生した姿


周防 永(すおう はるか)


15歳。男子高校生

蕾生の幼馴染

九百年前の武将・英治親の転生した姿


御堂 鈴心(みどう すずね)


13歳。銀騎家に居候している少女

英治親の郎党・リンの転生した姿

永と蕾生には非協力

銀騎 星弥(しらき せいや)


16歳。高校一年生

銀騎詮充郎の孫で、銀騎皓矢の妹

鈴心を実の妹のように可愛がっている

永と蕾生に協力して鈴心を仲間に入れようとする


銀騎 皓矢(しらき こうや)


28歳。銀騎研究所副所長

詮充郎の孫

銀騎 詮充郎(しらき せんじゅうろう)


74歳。銀騎研究所所長

およそ30年前、長らく未確認生物と思われていたツチノコを発見、その生態を研究し、新種生物として登録することに成功した


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色