第一九.五話 父の願い【織田信秀】

エピソード文字数 2,335文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月上旬 尾張国(おわりのくに) 古渡(ふるわたり)城 織田信秀

 試し戦とはいえ非凡な才を見せてワシを破った、愛娘の吉を呼びにやらせた。
 ほどなくして、吉と平手中務(なかつかさ)(政秀)が那古野から参った報せがある。
 さっそく、謁見の間で会談するとしよう。
「試し戦での勝利見事であった。(きつ)の力は強いな。ワシ以上かもしれぬ」
「ではっ!?」
 期待に胸を膨らませた娘の笑顔。家中の反発が多少あるのは仕方あるまい。が、吉の実力には申し分がない。家督はともかく元服に関してなら、文句のつけようがないはずだ。

「うむ。約束どおり、ワシを手伝うのだ。三郎信長の名乗りを許す」
「三郎……信長……」
「ワシの名の三郎を譲る。して、弾正忠(だんじょうのじょう)家の(とおり)()の『信』に、ヌシが引き合いに出した気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)神功皇后(じんぐうこうごう))から『長』を取った」
「気に入り申した。ありがたき幸せなのじゃ」
 全く嬉しそうな顔をするものだな。
 戦や(まつりごと)と聞けば、逃げ出す女子が殆どだというのに。逆に吉は嬉々としておる。女性だということを抜きに、真剣に将来を考えねばなるまい。

女子(おなご)の元服は、例がないゆえ(さわ)りがあるやもしれぬ。だが、ワシを継ぐのは名の通り三郎、ヌシである。戦は厳しいぞ、覚悟せい」
「はっ!」
「しかし、ヌシはへのこ(男性器)を母の(たい)に忘れた男だ、と思うておった。だが違うようだな。ヌシはやはり女子だ。戦や(まつりごと)以外は」
「……」

「女子が別に悪いことではないぞ。髪飾りが似合ってるではないか」
「こ、これは、侍女の奈津に勧められたゆえ……」
 ククク。顔を赤くしてるわ。
 女子の部分は本当に初心(ウブ)なところがあって()い奴よ。
「権六(柴田勝家)に見せるための髪飾りか?」
「否。権六に見せるためではない」

「では、左近に見せるためか?」
「見せはしたのじゃ」
「何ゆえ左近に見せた?」
「ワシが好いてる男に見せると良いと聞いたゆえ、見せたのじゃ」
 戦や(まつりごと)に非凡な才を見せるが、色恋沙汰は全くの小児(ガキ)ではないか。
 ――忘れがちではあるが、正真正銘の小児ではあるな。娘が不思議な男――滝川左近に心を寄せていることなど、誰が見てもすぐに分かるわ。

「して、左近はヌシのことを好いてるのか?」
「左近はワシを好いてるのじゃ」
「何ゆえ、彼奴(きゃつ)が好いてると分かるのだ?」
「髪飾りを見せたら素敵だと言った。ワシのことを好いているか、と問うたら好きだと答えたのじゃ!」
 それでは、左近に『否』の答えはできるまい。笑えてきてしまうぞ。

「ワハハ。左様であったか。それはそれは重畳(ちょうじょう)であるな」
「何ゆえ父上は笑うのじゃ?」
「左近に好きだと言われ、ヌシはいかに思う?」
「……嬉し」
「ヌシは戦や(まつりごと)以外ではワシの娘の『吉』である。ヌシが戦や(まつりごと)をせぬで済むならば、男子の『三郎信長』という名は不要。その時分が来たら捨てるがよい」
「……」

「ワシも尽力するが、命運が尽きるかもしれぬ。だが、いつかは必ず女子に我が娘の『吉』に戻るのだ。父の願いぞ」
「父上! 長生きするのじゃ。長生きせねば女子のワシを見れぬではないか」
「無論だ。下がってよい」

 吉が出ていったので、平手政秀に声をかける。
中務(なかつかさ)、吉を(ちゃく)(嫡子)にするといかがになるか?」
「大殿健在のうちは安泰かと」
「その後は、周囲(まわり)と揉めるか」
「間違いないでしょうな」

「督(家督)を譲るはいかがか? 無論、力を付けさせてからだが」
「嫡よりは安泰でしょうな」
「ワシを親馬鹿と(なぶ)るか?」
「わしも同心ゆえ。わはは」

 ここまで言えば、細かい指示はしなくても元服の儀などの諸事は問題ないだろう。吉の寄騎に付けた中務に任せておけばよい。きっと滞りなく手続きを進めてくれるはずだ。
 問題は勘十郎(かんじゅうろう)信行(のぶゆき)に近い筋。まず林佐渡守(さどのかみ)秀貞(ひでさだ)美作守(みまさかのかみ)通具(みちとも)兄弟。通具は、勘十郎の家老でもあるし、当然ながら異論はあるだろうな。

 吉を嫌っているであろう奥(土田(どた)御前(ごぜん))も気になるところ。
 また、三河(みかわ)安城(あんじょう)(愛知県安城市)の安祥城(あんじょうじょう)を任せている三郎五郎(さぶろうごろう)信広(のぶひろ)も、ワシが吉を優遇するのが気に入らぬはずだ。

 吉の元服は家中の火種にもなり得る。早く実力を付けてくれれば良いのだが。
 あわせて滝川左近の処遇についても、慎重にせねばならぬだろう。実力はある男のようだが、今のままではこれまた家中の問題になるだろう。
 とはいえ左近を吉の婿にする、あるいは左近に吉が嫁入りする、というのも難儀だ。良い解決法を見つけたい。

 今しばらくは、左近と吉との様子を注視しよう。
「しかし、吉に好かれる男は哀れよ。夫婦になれぬ、好かぬことを許されぬ」
「全くもって」
「左近であるな」
「ええ。滝川左近ですな」

「哀れといえど、吉と同心すると苦労はするが、彼奴は面白き人生を送るかもしれぬな」
「左様で」
「ワハハ。愉快である。中務、今宵は吉の祝いじゃ。付き合え」
「大殿が誘わねばわし独りで祝うところでした。わはは」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み