2 館長の残したもの

文字数 1,452文字

 扉は開いていたが、中には誰もいない。
 ユティは、中へ入ると、一人で書棚の方へ行ってしまい、リダンは追いかけようとして、机の所まで来ると、そこに置き手紙を見つけた。
 手紙は、こんなふうだった。
 
「リダン君へ
 とりいそぎ、書きとどめておく。
 今日、君を追い返したのはすまないと思っている。しかし、我々の消滅のことで頭が一杯で、どうしても一人になりたかったのだ。
 さて、私はこれまでのことを、どうやら説明できそうだよ。その鍵になったのは、トムリィ女史の残したメモだ。最初、私はこれを無視していた。
 しかし、君がラーベスが消えたことを知らせに来た時、ふとこのメモが頭に浮かんでね。急にその意味がはっきりしてきたんだ。
 このメモにある、トムリィ女史の発見はすばらしい。ところで、きのう私たちを集めて、女史が説明を始めた時、(そこで、彼女は消えてしまったが)ちょっと元気がないのに気づいたかい? 彼女は、これから私が話すことを言おうとしたんだと思う。それで、つらかったんだ。それほど、この発見は残酷なんだ。」
 
 手紙は、さらに続く。
 
「全体を通じて、最初に謎に関わったのは誰か? それは、原旅行者のレムルだ。彼は、旅から帰って四日後に消えた。
 二番目は? そう、ここにあるとおり、ラーベスだ。彼は、帰って三日後に消えている。レムルより、消えるまでが、四日から三日へ、一日減っていることに注意するんだ。
 さて、三番目は私だ。ラーベスは、あの手紙の相談を、まず私のところへ持ち込んだから。そして、今日が二日目だ。
 四番目は、トムリィ女史だ。手紙が古体字で書かれていたため、彼女の協力をお願いしたわけだ。
 その結果、彼女は解読の一日後、次の日に消えた。
 もうわかっただろう。
 謎に関わった者に残される日数は、減ることに対して平等なのだ。ただ、ラーベスと私が消える前に、手紙の解読を始めてしまったため、四番目のトムリィ女史の方が早く消えてしまったのは、気の毒に思う。
 さあ、ラーベスが消えた今、私はまだこの手紙を書いていられる。が、今日中に消えるのは間違いない。
 しかし、ここで手紙を書くのをやめることはできない。そうだ。この後、どうなるかを知らせなければ。
 結論を言うと、危険な五番目は、旅行者になるはずだ。手紙の解読は、あれ以上にはならないからね。ラーベスに次ぐ第二の旅行者、彼に許される時間は明らかだ。
 謎に関わった順番に、このルウィンラーナで消えるまでの日数は、四日、三日、二日と減り、トムリィ女史で一日まで減った。当然、五番目の者は、0日だ。つまり、帰ったその日限りということだ。
 リダン君。君は、旅に出るつもりだと言ったね。
 じゃあ、くり返そう。
 もし、君が旅から帰れば、その日のうちに消滅する。それでも行くかどうかは、君の選択に任せるよ。君が決めることだ。
 でも、ここに書いたことは、どうか忘れないでくれたまえ。
 お別れだ。これを、私の最後のあいさつとしよう。
              ルウィンラーナ図書館長 ロームジィ 」
 
 置き手紙には、こう書いてあった。
 リダンにとって、これは確かに大変だった。
 あの気のいい館長も、消えてしまったのだ。館長も、旅行へ行くかどうかは自分の意志だ、と言っていた。
「帰ったその日に消えるだって? 冗談じゃない!」
 リダンは、自分に立ちふさがる大きな謎の存在を感じていた。
 決心はついたのだろうか。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

リダン|大陸の旅人

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み