第7話 捜査依頼②

文字数 1,398文字

 ——もし僕だったら、

 正思(しょうじ)はニヤニヤしながら続けた。

「君が死んじゃったら、君のスマホは形見としてずっと持っていたいなあ。どんな写真撮ってたのかなあとか、どんなコと付き合ってたのかなあとか知りたいし」

 父親の言葉に正語(しょうご)は鼻で笑った。

「でも智和さんは、息子が亡くなってもスマホには無関心だったみたいだね。地元の中学生が智和さんにスマホを届けにきて、初めて失くなっていたことに気づいたんだって」

 しかもそのスマホ——と、正思は瞳を輝かせた。

「ご丁寧にハンカチに載せられて、神社の賽銭箱の上に置かれてたんだよ!」

 どう? 興味持ったでしょ?

 そう父親の心の声が聞こえてきそうだ。

 正語は椅子にふんぞり返り、腕を組んだ。





 そもそも正語(しょうご)は、鷲宮一輝(わしみやかずき)という男をよく知らない。

 母親同士が姉妹の従兄弟だが、関わりは薄かった。

 正語が子供の時に一輝は何度か母親と共にこの家にやってきた。
 それだけの付き合いだし、印象も良くない。
 
 一輝は痩せて背が高く、無口な男だった。

 肌は紙のように白く、無機質な灰色の目が不気味だった。

 『あいつ、ガイジンか?』

 と正語は母親の光子(みつこ)にきいたことがあった。

 『一輝くんのご先祖様は、外国から来た宣教師をこっそり(かくま)っていたのよ。どうやらその頃に、その宣教師とこっそり子供をもうけた女の人がいたみたいなの』

 子供だった正語には、光子の言葉がよく理解できなかったが、聞き返す間もなく光子は怖い話を始めた。

 『あの家に生まれた灰色の目の人には不思議な力があってね、亡くなった人とお話が出来るのよ』

 衝撃だった。

 あいつはゾンビと話せるのかと(ひる)んだ。
 それ以来、正語は一輝から努めて距離を置くようになった。

 夏休みになると光子は子供たちを連れて、妹の家に泊まりに行こうとしたが、正語は頑として行かなかった。

 兄たちから、
 『お城みたいに広い家だった』
 『庭にテニスコートがあった』
 と聞かされても、全く行く気がしなかった。

 小学生の時はサッカー、中学でバスケに夢中になった正語は、ゾンビとつながりのある一族の家に行くより、仲間といた方が楽しかった。

 中学生になり反抗期に入った次兄は母親との親戚詣を止めたが、オカルト好きの長兄は成人しても鷲宮の家に行った。

 『霊視をしてもらいに、政財界の大物や著名人が通っているようだ』

 と長兄の正聞(まさき)は鷲宮家に関する情報を弟たちに報告した。

 『あの家がとんでもない大金持ちなのは、その霊能力のおかげみたいだぞ』

 正聞は興奮気味に語ったが、次兄の正見(まさみ)は冷ややかだった。『そんなのインチキに決まってるだろ』と小馬鹿にした。
 
 兄たちの話を聞きながら正語は、やはりあまり関わりたくない家だと思った。
 霊魂の有無以前に、そんなことで大金を得る家に純粋に胡散臭さいものを感じた。

 一輝にはもの凄く可愛い弟がいると、兄たちから聞いたことはあるが、右から左に聞き流した。
   


 その鷲宮一輝が去年亡くなった。
 温室の中で熱中症で亡くなったという話は、正語も聞いていた。
 確かに30代の男の死因としては珍しい。

「もし、亡くなった時にスマホを持っていたら、助けを呼べたって、ことか?」

 正語(しょうご)が言うと、正思(しょうじ)は嬉しそうに膝を打った。

「ああ、やっぱ、そうくるよね! でもね、その心配はないんだよ。
 スマホを持っていようがいまいが、一輝くんは助けを呼ぶ事は、出来なかったんだ!」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み