第1話 果たして百合で文芸というアウェイで勝負できるのか

文字数 542文字

おねえちゃん!

どうしよう!

よくわからない小説コンテストがツイッターから流れてきたよ。

雛。

落ち着いて。

とりあえずこのアツアツの唐揚げ用油でも飲んで一服しなさい。

おねえちゃん!!

そんなの飲んだら死んじゃうよおおお!!!

冗談はさておいて、傾向と対策を練る必要があるわね。
おねえちゃん頭いいのかバカなのか、キャラがブレてるよおおおお。
私は数学以外は成績良いという設定を今決めたから。

とりあえず、過去の受賞作を読む必要があるよね。

でもそれにはプレミアム会員にならないとダメなのかなあ。

月額いくらなの?
550円だよ!
ファ〇ク!

おねえちゃん!

そんな汚い言葉使ったらだめだよ!

いや確かに高いけど……。

応募要項にいいことが書いてあるわ。

短編は5000字から19999文字でいいみたい。

中・長編部門(20,000字以上~120,000字以下)

とも書いてあるね。

これだけ自由度が高い公募だと多少は戦えるかなあ。

ここの作者は10万字の長編を書こうとするとメンタル病むので、これはいいわね。

でもまず百合は書けるのかな?

そこが心配だよ。

……。
……。
だてにアイカツとプリパラとラブライブとレヴュースタアライトと、ごちうさ原作とバンドリを視聴してたわけでわないわ!
ラインナップが微妙にニワカだよおおお!!!!
つづく。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

カルビ

コムタン

ユッケ

斎藤増紀先生

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色